バーベキュー初心者必見!準備するものや火おこし&後片付けまでご紹介

バーベキュー

アウトドアと言えばバーベキュー!

青空の下で食べるバーベキューは、気持ちがいいものですし、開放感いっぱいで美味しいものです。

これから、暖かい季節になると、みんなでバーベキューへ出掛ける人も増えるかもしれませんね。

そこで今回は、初心者さんでも困らない!バーベキューで準備するものをまとめてご紹介。

あと、初心者さんには難関と言われる火おこしの仕方や後片付けまで、コレさえ見れば初心者さんでもバーベキューを満喫できる情報をご紹介します。

スポンサードリンク

バーベキュー初心者必見!準備するもの!

バーベキューは準備するものが結構あります。

まずは、ベーシックなバーベキューで準備するものをご紹介します。

現地で慌てたり、困ることのないよう!事前準備はしっかりやっておきましょう!

バーベキュー準備リスト

  • コンロセット
  • ●網や鉄板がセットになっているものがおすすめです。

  • 木炭
  • ●ホームセンターなどに売っている安い木炭で十分です。
    量は、1人あたり=1kg、又は1時間あたり=1kgという目安です。

  • 着火剤
  • ●初心者には必須アイテムです。

  • チャッカマン・ガスボンベ
  • ●ライターだと手が疲れるし熱いので、ガスボンベは強力ですし調理にも使えるのでおすすめです。

  • クーラーボックス
  • ●食材や飲み物、氷などを冷やしておくのに使います。

  • トング
  • ●料理用と炭用で最低でも2本は用意しましょう。

  • テーブルセット(イス含む)
  • ●ブルーシートでもいいんですが、やはりゆっくり長時間疲れないのでおすすめです。

  • テント・トーチ
  • ●日差し除けや急の雨にも役立ちます。

  • ●使い捨てでも十分です。出来れば深い方が使い勝手がいいです。

  • コップ
  • 割りばし
  • 調理器具
  • ●包丁、まな板、ザル、ボウル、アルミホイル、サランラップ、キッチンペーパー等

  • 調味料類
  • ●油、塩こしょう、焼肉のタレ、醤油、ケチャップ、マヨネーズ、ポン酢、レモン汁等

  • ●近くに水場があれば必要ないかもしれませんが、ちょっとした手洗いや火の後始末にも使えます。
    空のペットボトルに水を入れて数本持って行っておくと便利。使わなかったら捨てられるので。

  • 軍手
  • ●炭を扱ったり、網や鉄板を扱う時に必要です。

  • うちわ
  • ●炭の火おこしに使います。

  • ゴミ袋
  • ●基本ゴミは持ち帰る!が原則ですのでゴミ袋は必須です。

  • ブルーシート
  • ●荷物を置いたり、寝転んで休憩したりと色々と使えるので持って行っておくと便利です。

  • 片づけ用品
  • ●スポンジ、タワシ、ワイヤーブラシ、洗剤、ふきん、新聞紙、タオル

バーベキュー準備リスト【あると便利】

  • ウェットティッシュ
  • ●近くに水場がない時に便利です。除菌タイプのものも手拭きなどに使います。

  • 虫よけスプレー
  • ●屋外なので虫よけ対策は必須です。

  • 懐中電灯
  • ●片付けが長引いた時などあると便利です。

  • 絆創膏などの救急グッズ
  • ●慣れない準備でケガもあります。持っていると安心です。

  • ガムテープ
  • ●風でシートやゴミ袋が飛ばないようにしたり色々と役立ちます。

  • トイレットペーパー
  • ●トイレにペーパーがないところもあるので何ロールかあれば安心です。

  • バケツ
  • ●最後の火消しに使ったり、飲み物を冷やしたりあると便利です。

  • タオル
  • ●とにかく汗もかくので必須です。
    捨ててもいいようなタオルも数枚持って行っておくと、片付けの時などに便利です。

バーベキュー食材リスト【定番リスト】

  • 牛肉
  • 豚肉
  • ソーセージ
  • たまねぎ
  • かぼちゃ
  • ナス
  • キャベツ
  • ピーマン
  • トウモロコシ
  • きのこ類
  • 魚介類
  • 焼きそば
  • 焼きおにぎり(冷凍)

●お肉は、男性300g、女性200g/1人当り

食材を準備するのにどれぐらいの量を準備すればいいかも悩むポイントです。
上記のお肉の量をひとつの目安として準備していけば充分でしょう。
野菜の量も、お肉を目安にして盛り付けた場合にバランスが取れる量程度持っていけば充分です。

バーベキュー食材リスト【焼けるまでのおつまみに】

  • 枝豆
  • ●冷凍のものを持って行けば、着いた頃には食べ頃になります。

    スポンサードリンク
  • 漬物
  • ●「浅漬けの素」と一緒に野菜をジップロックに入れておくと簡単おつまみが出来上がります。おすすめは「きゅうりの一本漬け」です。

  

※お肉が焼けるまでに間があいたりするものです。そんな時におつまみがあると好評です。

上記2つは、初心者さんでもお手軽簡単なものですので、是非お試しください!

ちょっとひと手間の準備で現地で楽チン技

野菜は切ってジップロックに入れて持って行く。

※初心者さんは、準備も時間が掛かるものです。もし現地に行く前に準備ができるようなら、野菜類は切って持って行くほうが後々楽チンです。

お肉もジップロックに入れて持って行くと便利。

※現地に着いたら焼くだけというぐらいにしておくと楽チンです。
余裕があれば、焼肉のタレに漬け込んでおくと、お肉も柔らかくなりますし、味も染み込んで安いお肉でも格段に美味しく食べれます。

バーベキューで使える便利技!

缶ビールをすぐに冷やす方法

●適当な大きさの器に氷を詰めて、その上で缶ビールを3分程回転させます。
●塩を加えた氷水につけます。氷水に塩を入れることで氷水の融点が下がり、通常の氷水よりも一気に温度が下がります。

事前に氷を作っておく

保冷材も便利なんですが、溶けると荷物になります。

氷は、食材の保存や飲料を冷やすのに必要です。

事前に自宅で氷を大量に作っておいてポリ袋に入れて持って来ておけば色々と使えます。

ペットボトルに水を入れて氷を作っておいてもOK!

とりあえず、上記一式を持って行けば、初心者でも十分にバーベキューを楽しめます。
慣れてきたり、もっと楽しみたい方は、自分のスタイルに合わせた道具を追加していけばよいでしょう。

バーベキュー初心者でも大丈夫!火おこしの仕方

初心者さんで一番の難関と言われるのが「火おこし」です。
今では、着火剤なども充実していますし、炭も着火しやすいものなど色々と出ていますので、昔ほど苦労することはありません。

初心者さんにおすすめの着火剤を使用しての火おこし方法

バーベキュー初心者必見!後片付けのルール

バーベキューの後片付けは時間の余裕が大事です。

それは、バーバキューで大活躍の炭火の消化に時間が掛かるためです。

スムーズに後片付けできるように、基本的なルールをご紹介します。

炭火の後始末をする。

一番時間が掛かる炭火の後始末をまずやりましょう。

帰り時間の2時間以上前には消火準備に入ることをおすすめします。

●時間がある場合は、「火消しつぼ」などに入れて完全に冷まします。

※この方法だと次回のバーベキューでも使えるのでエコです。

炭を土に埋めたりする人もいますが絶対にやめましょう!

●時間がない場合は、炭を1個づつ水を入れたバケツに!
炭火はなかなか消えません。

バケツに入れてから、最低30分以上は水に漬けた状態で、完全に消えるようにしましょう。

炭を消したいからとコンロなどに直接水をかけたりすると、すごい量の水蒸気があがり、危険ですし、迷惑になるのでやめましょう。

網や鉄板などをきれいにします。

新聞紙で油汚れを拭き取ります。

ワイヤーブラシで焦げを落とします。網や鉄板に付いた焦げは、網や鉄板が熱いうちにやっておくと取れやすいです。

食器や調理器具類を片付ける

基本、使い捨てならゴミ袋に入れて持って帰ります。

洗い場などがある場合は洗いますが、近くにない場合は家に帰ってから洗います。

海や川の水で流したり、洗ったりするのは絶対にやめましょう!

テントやテーブルを片付ける

みんなでやると早いので、手分けしてやりましょう。

ゴミ類を片付ける

「来た時よりも美しく」がバーベキューの基本です。
マナーを守って、環境にも優しいバーベキューを楽しんでください。

まとめ

いかがでしたか?

初心者の方は、はじめはバーベキューの準備が大変だと感じるかもしれませんが、数回やれば慣れたものになって、準備も片付けもスムーズにできるようになります。

スポンサードリンク

みんなで協力して、楽しいバーベキュータイムをお過ごしください。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ