長岡花火大会2016年の有料席の申し込みは?おすすめは右岸左岸どっち?

長岡花火大会

長岡花火大会は信濃川河川敷で2日間にわたって行われる花火大会で、日本三大花火大会のひとつです。

2日間で2万発も打ち上げられる花火は、そのスケールや花火の種類も豊富で、やはり日本三大花火大会の名に相応しい、圧巻の花火大会だけあって、毎年県外からも数多くの人が訪れる人気の花火大会です。

そして、5月1日には、いよいよ毎年売り切れ必須の有料席の販売が開始されます。

毎年、人気席は争奪戦ですので、あと4日に迫った販売に向けて入念なチェックを行っておきましょう!

今回は、長岡花火大会の有料席申し込み方法や、狙うならココ!おすすめの席についてご紹介します。

スポンサードリンク

長岡花火大会の有料席の申し込み方法は?

まずは、長岡花火大会の2016年の開催概要をご紹介します。

●開催日:2016年8月1日(月)前夜祭
     2016年8月2日(火)大花火大会
     2016年8月3日(水)大花火大会
●打ち上げ時刻:両日とも 19:25~21:10(予定)
※悪天候の場合、順延は未定なので要問い合わせです。

●長岡まつり協議会事務局
TEL:0258-39-2221

有料席の申し込み方法

●受付期間:5月2日(月)~5月13日(金)
●申込方法:①インターネット(5月2日正午~5月13日17:00)

※長岡まつりチケットセンターHPにてhttp://www.nagaokahanabi.jp/※お申し込みには利用者登録が必要です。また、受付開始時間まで申込情報は送信できません。

②郵便はがきによる郵送:5月20日(水)当日消印有効
※ページ下部のはがきに必要事項を記入し、52円切手を貼って申込む。市販のはがきでも可ですので、私は印刷して切り取り市販のハガキに貼って出しています。
※宛先は、下記(応募ハガキ表面側)をご参照ください。

応募ハガキ表面側
http://nagaokamatsuri.com/pdf/ticket05011.pdf

その他、重複申し込みなどは、無効となってしまいますので注意が必要です。
詳しい、販売要領などは下記をご参照ください。

有料観覧席販売要領:http://nagaokamatsuri.com/pdf/ticket05012.pdf

有料席申込みに関する問い合わせは下記にお問い合わせください。

長岡まつりチケットセンター:http://www.nagaokahanabi.jp/

スポンサードリンク

長岡花火大会の有料席で狙う席はココ!

長岡花火大会は今年は前夜祭も含めると、土曜日から月曜日という好条件ですので、従来8万人分もの有料席を用意しているんですが、今年2015年は、それを大幅に拡充してなんと12万人分もの有料席が用意されているんです。
各有料席のエリア内での場所の指定はできませんのでご注意ください。

各有料席の概要

左岸側

  • 左岸マス席(1マス:15,000円)
  • (180×180cm、6名まで)
    ※応募制限:4マスまで
    ※「堤防内」のみブルーシート付
    打ち上げ場所に近く人気の席です。

  • 左岸イス席(1人:3,000円)
  • ※応募制限:5席まで

右岸側

  • 右岸マス席(1マス:18,000円)
  • (180×180cm、6名まで)
    ※応募制限:4マスまで
    ※板敷き席になってグレードアップ
    2014年から新しく新設された席なのですが、左岸同様迫力のある花火を楽しめます。

  • 右岸ベンチシート席(1人:3,000円)
  • ※応募制限:5席まで

  • フェニックス席(1席:2,000円)
  • ※枚数制限なし
    その名の通り、復興祈願花火「フェニックス」を大パノラマで楽しめる席。

  • カメラマン席(1マス:5,000円)
  • (300×150cm、2名まで。三脚使用者専用)
    ※応募制限:1マスまで
    右岸指定席の最後尾に位置し、堤防の急斜面を利用した、花火全体を見渡せる場所です。

  • 身体障害者席(1マス:4,000円)
  • ※駐車場1台含む、1組4名まで(※要身体障害者手帳)
    ※飲酒・喫煙はできません。
    ※身体障害者席は市民限定販売
    さいわいプラザ屋上を利用した席です。

  • 右岸3日限定席(1人:3,000円)
  • 3日のみ右岸マス席の後方に設置される指定席です。
    右岸マス席と同様の迫力ある花火が楽しめます。

会場の席の様子が写真付きで確認できますので、こちらも参考にしてください。
http://www.nagaokahanabi.jp/kanran.html
会場の平面図もありますので参考にされてください。
http://nagaokamatsuri.com/kanran.html

おすすめの狙う席は?

やはり、予算が許すのであれば、去年から新設された「右岸マス席」です!
左岸マス席も同じような迫力なんですが、席数でいくと「右岸マス席」が余裕がある分、左岸マス席でハズレて他に流れるよりも、真っ先に狙って、確保したい席です。

第二候補は、同じく右岸側の「右岸ベンチシート」です。
堤防の傾斜を利用しており、後方でも十分に見れますし、迫力は会場内であればどの席でも感じれます。花火全体をストレスなく見れるポジションなのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

スポンサードリンク

もうすぐ有料席は販売開始ですので、この機会を見逃さず是非ゲットして、日本三大花火大会を体感しましょう!

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ