みなとこうべ花火大会2016年日程は?有料席は?穴場やおすすめ場所取りスポットは?

みなとこうべ花火大会

みなとこうべ花火大会は、神戸の夜景をバックに花火を楽しめる人気の花火大会です。
打ち上げ数は約1万発で神戸の海と一体化した演出は毎年多くの観客を魅了しています。
今回はみなとこうべ花火大会の日程をはじめ、有料席や穴場&おすすめ場所取りスポットをご紹介します。
スポンサードリンク

みなとこうべ花火大会2016年日程は?

みなとこうべ花火大会の今年の日程は下記の通りです。
●開催日:2016年8月6日(土)19:30~20:30
※小雨決行(荒天時は中止)
●打ち上げ場所:神戸港 新港第1特堤~メリケンパーク沖の台船上
●アクセス:R三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分
●駐車場:なし
●公式サイト:「みなとこうべ海上花火大会公式サイト」
●有料席:イス自由席(1席3100円) 当日券あり(1席3600円)※なくなり次第終了
●問い合わせ先:078-333-3330 神戸市総合コールセンター

みなとこうべ花火大会の有料席は?アクセス方法は?

みなとこうべ花火大会では、有料席が用意されています。
「花火サポーター協賛席」というものなんですが、打ち上げ場所に近い新港第2突堤新港第4突堤(当日券のみ)の2ヶ所です。
去年は、前売り販売されたのは、新港第2突堤のみでした。
前売り発売日は現時点ではまだ発表されていません。
去年は6月24日~前売り開始されていましたが、今年の情報も分かり次第、随時更新していきます。

新港第2突堤【前売券:3,100円(当日券:3,600円)】

場所:神戸市中央区新港町2

※トイレ、軽食・飲料の売店が用意されています。
※ペット同伴不可
※3歳未満は無料(イスなし)
※雨天の場合は、雨ガッパを用意。(傘は不可)
※中止の場合は、買い求め店で指定の期間内にて払い戻しあり。

当日券は、「花火サポーター席入口」「神戸海洋博物館」「神戸ポートタワー」にて取り扱います。
前売券取扱店:JTB神戸三ノ宮支店、近畿日本ツーリスト三ノ宮営業所、ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマート、チケットぴあ、神戸海洋博物館、神戸ポートタワー

去年は、ファミリーマート、チケットぴあでは「発券手数料」が必要でしたので、もしゲットするのであれば、手数料無料のところがお得です!

スポンサードリンク

新港第4突堤【当日券のみ】

場所:ポートターミナル 西側2階・3階デッキ
スポンサードリンク

※当日券のみで、2階、3階ともに3,600円です。
※定員になり次第終了です。

当日券は、「ポートターミナル3階」にて、当日の午後1時から開設。

花火サポーター協賛席へのアクセス方法は?

三宮方面からの場合

●JR「三ノ宮」駅、阪神「神戸三宮」駅、阪急「神戸三宮」駅、地下鉄「三宮」駅から南へ徒歩約20分

元町方面からの場合

●JR・阪神各線「元町」駅から南へ徒歩約20分
●地下鉄「旧居留地・大丸前」駅から南へ徒歩約15分

尚、当日は大変な混雑のため、毎年交通規制がされます。この交通規制により、入場制限やルートが固定される場合もあります。
「みなとこうべ海上花火大会公式サイト」にて、「アクセスマップ」が7月中旬以降に掲載されますので、そちらをご確認のうえ、ご来場されることをおすすめします。

みなとこうべ花火大会のおすすめスポットは?

毎年、メリケンパークを中心にハーバーランド周辺および新港第1突堤あたりは大変な混雑です。
そんな人混みを避けたおすすめスポットをご紹介します。

ポートアイランド北公園

ポートライナー「中公園」駅から徒歩約6分。
この場所は、公式サイトでも紹介されている会場なんですが、結構穴場でおすすめなんです。トイレもありますし、飲食ブースもあり楽しく花火が楽しめます。でも、場所取りは必須ですので、早めの参戦をおすすめします!

ポーアイしおさい公園

ポートライナー「中公園駅」より西へ徒歩約7分。
場所も広いし例年通りですと屋台も出ますので、ゆっくりと花火を楽しめます。
しかも20:30からはシャトル船やシャトルバスもありますので、帰りはシャトル船に乗って神戸の海と夜景を楽しみながら帰れたりします^^
ちなみにシャトル船のおりばは、「かもめりあ(中突堤中央ターミナル)で、シャトルバスのおりばは、「神戸市役所前」です。

兵庫ふ頭

地下鉄「中央市場前」下車 徒歩約17分 ※シャトルバスあり
ここは毎年、障害者のための観賞場所「ハートフルゾーン」が設置される場所です。
以外にみなさん、最寄り駅から離れているからなのか、比較的混雑が少なくておすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
みなとこうべ花火大会は海風を感じながら、神戸の夜景も楽しめる花火大会です。
毎年、人出は増えてきていますので、早めの場所取りは必須になってきていますので、早めの準備で花火大会を攻略しましょう!
おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ