江戸川花火大会の日程は?最寄り駅は?場所取りは?

江戸川花火大会

今年で40回目を迎える江戸川区花火大会。
江戸川区花火大会の見どころは、何と言っても、オープニングの5秒間1,000発打ちによるド迫力の花火です!
本当に空が金色に輝くと言いますか、生で見ると鳥肌ものです。
江戸川区花火大会のよいところは、座って見れる花火大会でもあるところでしょうか?
花火を座って、ビールとおつまみをつまみながら楽しんでみませんか?
スポンサードリンク

江戸川花火大会の日程は?

江戸川区花火大会2017年の日程は下記の通りです。
●開催日時:2017年8月5日(土)19:15~20:30
※荒天の場合は翌日に順延。両日とも荒天の場合は中止
●開催場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
●アクセス:都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分、JR小岩駅または京成電鉄京成江戸川駅から徒歩25分、都営地下鉄瑞江駅から徒歩45分 
※当日は会場周辺で交通規制あり(17:00~22:00)
●駐車場:なし
●問い合わせ先:03-5662-0523 江戸川区花火大会実行委員会事務局(江戸川区産業振興課内)
●URL:http://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/index.html
江戸川区花火大会のプログラムも発表されていますのでご紹介します。
  • 19:15 満開!江戸川大輪花!
    オープニングは江戸川名物の5秒間に1000発花火が盛大に打ち上がります!
    色鮮やかな花火が一斉に花火大会の幕開けを盛り上げます。
  • 19:25 白銀の富士
    富士の山頂に太陽が燦然と輝く「ダイヤモンド富士」。自然が作り出す煌びやかな風景を表現した花火は必見です!
  • 19:35 キラキラ☆夏色アンサンブル
    パステルカラーのポップな花火が江戸川の夜空を色鮮やかに染め上げます!
  • 19:45 CRASH×CRASH!
    今宵夜空は決戦の場!縦横無尽にせめぎ合う花火たちの競演に注目です!
  • 19:55 Let IT Bee ダッシュ! ~自由気ままに駆け回れ~
    かわいらしいミツバチたちが、蜜を探して江戸川の夜空を縦横無尽に飛び回ります!!
  • 20:05 神秘の楽園~ムラサキの癒し~
    ムラサキが咲き誇る神秘の楽園。優しい光の花々が皆さんに癒しと安らぎをもたらします。
  • 20:15 イエローマジック!!
    黄色の次は・・まるで手品のように色を変化させる花火のショーが会場を盛り上げます!
  • 20:25 GOOD LUCK~希望の虹~
    フィナーレを飾るのは、カラフルな花火と金カムロシャワー!希望に溢れた無限の未来を照らし出します。

江戸川花火大会最寄り駅は?

江戸川区花火大会は人気の花火大会だけあって、毎年交通アクセスは混雑必須です。

■都営新宿線「篠崎駅」から徒歩15分
■JR総武線「小岩駅」から徒歩25分

上記、2つの駅は最も混雑する駅になります。

■京成線「京成江戸川駅」から徒歩25分
■都営新宿線「瑞江駅」から徒歩45分

上記2つの駅は、比較的混雑が少なくはなります。
行きは、午後3時過ぎぐらいから会場周辺の駅では待ち合わせなどや場所取りに向かう人たちで、混雑がはじまってきます。
帰りは、各駅に向かう人のために交通規制がかかりますので、20:30終了の花火大会ですが、数時間かけて帰る覚悟が必要です。


スポンサードリンク

江戸川花火大会場所取りは?

ビールを飲んでおつまみを食べながら、花火をゆっくり座って楽しみたい人向けの場所取りの攻略法をご紹介します。
場所によって、時間や花火の見え方も違いますので、お好みで選んでくださいませ。

①篠崎公園

ここは、人気の花火観覧スポットだけあって、場所取りは2~3日前から争奪戦が繰り広げられます。
最近では、木が大きく育ってきて、木が邪魔で見えずらくなってきていることも確かなんですが、芝生の上で座って見られるグループなんかに人気のスポットですね。
篠崎公園内の芝生広場が人気の場所なんですが、毎年花火大会前に芝刈りが実施されます。(※例年7月下旬頃実施されます)この芝刈りが終了するお昼前ぐらいから、場所取りの人が様子を伺ってウロウロししており、芝刈り終了とともに、場所取りするのです。
当日でも、午前中であれば場所に空きがありますが、木が邪魔な場所だったりするところしか残っていません。それでも良ければ当日の夕方でも十分狙える場所取りスポットです。

②篠崎公園から江戸川病院あたりまでの土手沿い

江戸川区花火大会のいいところは、土手沿いから充分花火を楽しめるところだと思います。
花火がよく見える場所は、当日の朝から場所取りがありますが、当日の夕方頃についても2~3名ぐらいであれば、ちょこんと座れる場所は余裕であります。
歩いていても疲れてきますので、ある程度のところで場所を決めてゆっくりと座る場所を確保しましょう。

③江戸川グラウンド ポニーランド前野球場周辺

打ち上げ会場から下流側にあるスポットで、江戸川大橋がかかるぶん、見えにくそうに感じますが、花火は橋の上に見えるので、しっかり花火鑑賞スポットできて、意外と穴場なおすすめスポットです。

④大洲防災公園

こちらは、打ち上げ会場真正面に位置する好立地!会場から若干離れますが、迫力ある花火を堪能できます。河川敷よりは人の多さは少なくなりますが、良い場所は早めの確保は必須です。

⑤行徳会場

東京メトロ東西線「妙典駅」から徒歩17分ところに位置する「行徳会場」。打ち上げ場所から離れますが、人の多さは若干少なめなので穴場かも。でもやはり人気の花火大会なので早めの場所取りで確保したほうがおすすめです。

江戸川区花火大会場所取りの注意点!

①オープニングを見逃すな!

江戸川区花火大会の見どころはオープニングの1,000発の花火です。コレを見逃したらもったいないですので、花火大会には余裕を持って到着しましょう。

②虫除け対策必須!

土手沿いで見る場合には、虫除け対策は必須です。とにかく蚊が多いので、万全の虫除け対策をしていきましょう。

③懐中電灯があると便利!

河川敷での花火大会ですので、夜は真っ暗になります。外灯もないので、懐中電灯やランタンなどがあると便利です。河川敷で食事をする場合にも使えますし、帰り道に、足元を照らして帰ると安全です。

④飲み物・食べ物は必ず持参する!

江戸川区花火大会では屋台が規制されているので、途中でお腹が空いたからといって屋台で購入がしにくい花火大会です。ですので、会場から近いコンビニやスーパーでは、夕方以降はレジ待ちで大変混雑します。事前に買っていくなどして持参してから来ることをおすすめします。

⑤屋台を楽しみたいなら「市川市側」!

でも、花火大会と言えば屋台を楽しみたい!という方もいるかもしれません。その場合は「市川市側」であれば屋台が連なっていますので、そちら側での花火をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
江戸川区花火大会は、人気の花火大会なんですが意外と座って見れるので、オープニングを見逃さないよう、花火開始前には準備を整えて参戦ください!
浴衣率が高い花火大会でもありますので、男性は懐中電灯や虫除けなど事前の準備をして、女性を上手にエスコートしてあげてくださいね^^
スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ