流山花火大会2017年の日程は?混雑具合は?場所取りは?

流山花火
江戸川の河川敷で打ち上げられる流山花火大会。

今年も、対岸の三郷市と同日開催され、合計で1万発の花火が夏の夜空を彩ります。

流山花火大会の見どころは、何と言っても花火と音楽がシンクロした「流山スカイ・ミュージカル」やスターマイン、連発花火などです。

また流山花火大会では、屋台も充実していて「屋台村」もオープンします。花火を見ながら飲んで食べて楽しい夏の花火の一夜としてもおすすめの花火大会です。

今回は流山花火大会の日程や混雑具合、場所取り情報についてご紹介します。

スポンサードリンク

流山花火大会2017年の日程は?

流山花火大会の今年2017年の日程は下記のようになっています。
●開催日時:2017年8月19日(土)19:00~20:20
※小雨決行、荒天の場合翌日に延期予定、翌日も荒天時は中止
※開催の判断は、当日の8:00に行い、10:00頃までに公式HPにて案内あり。

●開催場所:流山1丁目~3丁目地先江戸川堤

●交通:流鉄流山線流山駅または平和台駅から徒歩5分
 ※つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅から流鉄流山線流山駅までシャトルバス運行予定

●お問い合わせ先:04-7168-1047 流山市流山本町・利根運河ツーリズム推進課

●公式HP:http://www.city.nagareyama.chiba.jp/tourism/9283/001859.html

流山の花火は、交通の便の良さもあってか都心からも訪れる人が多く、都心部の花火大会では味わえないゆったりと花火を鑑賞できるところが人気です。

有料席から花火の打ち上げも場所も近く、見上げる花火を楽しめるのもいいですね。江戸川の河川敷沿いですので、遮るものもなく見ごたえも充分です。

流山花火大会の混雑具合は?

流山花火大会は都心部の花火大会ほどの混雑はありませんが、去年の人出は流山側で約10.7万人ですので、やはりそれだけの人がその時間帯に集中するので人は多いです。

ですが人混みを抜けたい人などは、河川敷沿いを人が空いている場所まで移動すればのんびり河川敷に座って見れるので、そこまでの混雑も気になりません。

電車で来る場合は?

流山の花火は電車でのアクセスも良いので電車でも楽に花火大会に参加できます。最寄りの主要駅からのアクセスは下記のようになっています。

  • 流鉄流山駅または平和台駅から徒歩約5分
  • つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅から徒歩約25分
  • ※無料シャトルバスあり(運行時間:17時~21時50分)下車徒歩約5分

  • つくばエクスプレス(東武アーバンパークライン)流山おおたかの森駅西口から京成バス(市役所方面行き)→「流山市役所前」下車徒歩約5分

流山会場案内図

流山の花火大会は、早い時間から来る人はあまり多くなく、夕方頃から混み合い始めます。

以前は駐車場が用意されていましたが、現在では駐車場はなく公共の交通機関の利用を推奨しているぶん、電車の混雑は増えているようです。

スポンサードリンク

電車の混雑を避ける方法

帰りの切符は事前に用意しておく

花火終了後は何万人もの人が駅に向かいます。切符を買うだけでも長蛇の列に並ぶことになるので、混雑が予想される場合には事前に買って用意しておくのは混雑回避として有効です。ICカードのチャージも事前にチェックしておきましょう。

動く時間帯をずらす
花火大会の場合は、行きよりも帰りの混雑が大変だと言われています。行きは時間帯をずらすことが可能ですが、帰りは電車の場合、電車の時刻に合わせる形になるので、一斉に人の波が動くからです。
ですが、20~30分ずらして行動するだけでも混雑を回避できるので、早めに会場を出たりして、人の波が動く前に動き出しておきましょう。

車で来る場合は?

流山の花火大会は駐車場が用意されていません
公共の交通機関の利用を推奨しています。ですが、どうしても車でしか動けない方もいるものです。

花火大会会場周辺にはイトーヨーカドーなどの施設もありますが、無断で駐車するのはマナー違反です。ですが、コインパーキングは少ないので・・・JR武蔵野線の「新松戸」あたりのコインパーキングに駐車して、流鉄幸谷駅で電車を乗り継いでの現地入りをおすすめします。

また、同日開催される三郷市側の「みさとサマーカーニバル花火大会」の最寄り駅でもある武蔵野線三郷駅周辺のコインパーキングに駐車後、江戸川運動公園で花火を楽しむのもおすすめです。

流山花火大会の場所取りは?

流山の花火大会は、江戸川河川敷で花火があがるので、見晴らしも良く、場所取りをしなくても土手に座って花火を楽しめます。

また、例年通りですと、夕方17:00過ぎぐらいから人が多くなるので、その前には現地入りするのがよいかもしれません。

屋台も「屋台村」が登場しますので、早く来て屋台を見てまわるのも楽しいかもしれません。

花火打ち上げ前は、屋台が一番混雑するので、並ぶ時間も大変です。

花火打ち上げ前には、ある程度買い出しを済ませて、土手などに移動し、ゆっくり座って花火を見ながら食べるのがおすすめです。

土手も河川敷を歩けば人がまばらになっていて十分座れるスペースはありますので、慌てずのんびり花火を楽しんでください。

まとめ

流山の花火大会は、音楽と花火のシンクロが見どころなので有料席も人気です。

「屋台村」も是非楽しんでください。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ