金沢まつり花火大会2016年の日程は?駐車場は?おすすめスポットは?

金沢まつり花火
今年もやってきました横浜市でも人気の高い「金沢まつり花火大会」。

この花火大会が人気なのは、八景島など人気エリアでありながら、広範囲のエリアで花火を見ることができるところかもしれませんね。

見る場所によって、それぞれの良さがあり素敵な花火です。

今回は金沢まつり花火大会の日程や駐車場情報やおすすめスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

金沢まつり花火大会2015年の日程は?

金沢まつり花火大会の今年2015年の日程は下記のようになっています。

●開催日時:2016年8月27日(土)19:00~20:00
※荒天の場合は中止

●開催場所:海の公園沖

●交通:
JR新杉田駅または京浜急行金沢八景駅からシーサイドラインに乗り 海の公園南口駅または海の公園柴口駅下車すぐ
京浜急行金沢文庫駅から徒歩20分

●お問い合わせ先:045-788-7801 金沢まつり実行委員会事務局
※当日の問い合わせは0180-99-4871

●公式HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/
※当日の開催決定確認は、テレホンサービス【0180-994871】(一部の携帯、PHSからはかけられません)または上記、公式HPにてご確認ください。

金沢まつり花火大会は、海水浴場「海の公園」で行われる花火大会で見晴らしが良い場所なので、会場周辺の八景島や野島などいろんなエリアで花火を観覧できるのでオススメなんです。

混雑が苦手な人も少し離れた場所で落ち着いて見ることもできるのでいいですね。

花火も、今年は昨年より打ち上げ数も多いようですし、期待してしまいますね^^やっぱり人気は特大のスターマインでしょう。

8月後半の横浜の夜空を色鮮やかに、そしてド派手に彩ってくれるので見逃さないようにしましょう。


スポンサードリンク

金沢まつり花火大会駐車場は?

金沢まつり花火大会当日は会場周辺で交通規制が行われます。規制時間は、18:30~21:00となっています。

>>>詳しい交通規制情報はコチラ

金沢まつり花火大会当日は、臨時駐車場が下記の通り用意されています。
  • まつかぜ公園(海の公園中央口前)
  • 鳶崎公園、柴仲町公園(柴漁港前)
  • 乙舳公園、乙舳スポーツ広場(金沢漁港横)

また、海の公園駐車場は通常、時間制料金となっていますが、花火大会当日は普通車1回1000円の定額制にて駐車可能です。駐車場入口で料金を前払いし、特別駐車券を受け取り、駐車中は、特別駐車券を車のフロントガラスに掲示が必要です。

当日の駐車場の利用開始時間は、午前6時(臨時駐車場は午前8時)からとなります。

特別駐車券の有効期限は、当日の午後11時までです。全車午後11時までに出庫となります。

当日はプリペイドカード等の割引券が使用できません。

尚、花火終了後は、野島(横須賀)方面の道路が混雑します。国道357方面を利用するとスムーズです。

毎年ですが、この臨時駐車場はお昼頃にはほとんどが埋まります。午後3時頃からピークで混み出すので、混雑をさけるのであれば、お昼までには現地入りしておくといいかもしれません。

金沢まつり花火大会おすすめスポットは?

野島公園

人気の高いスポットですが、海の公園よりは混雑が少なくてオススメです。花火も充分迫力がありますし、八景島のライトアップと一緒に花火が見れてカップルなんかにおすすめです。

八景島シーパラダイス

八景島の中央「丘の広場」や、西浜桟橋付近は絶景でおすすめです!

金沢自然動物公園

打ち上げ場所から離れてゆっくりと花火を見たい人におすすめです。

閉園時間が20:30(入園19:30まで)ですので、花火が打ち上がっている間は十分楽しめます。夜景も楽しみながらの花火ですのでキレイですよ。

まとめ

スポンサードリンク

絶景な花火ビューポイント多数で人気の花火大会ですので、しっかりと準備をして花火を楽しんできてください。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ