土浦花火大会
今年もやって来ました!秋田の大曲と並ぶ日本を代表する「土浦全国花火競技大会」。

その素晴らしさは日本三大花火のひとつにあげられる程です。

全国の花火師たちがその技術を競う日本でも最高峰の技術を堪能できる人気の高い花火大会です。

関東で開催される花火大会でもあるので、毎年多くの人が訪れます。

今回は、土浦全国花火競技大会の日程とおすすめスポットや穴場情報をご紹介します。

スポンサードリンク

土浦花火大会2017年の日程は?

第86回を迎える土浦全国花火競技大会の今年の日程は下記のようになっています。
●開催日時:2017年10月7日(土)18:00~20:30
※小雨決行(荒天時は10/8、9、14、15日のいずれかに延期)

●開催場所:桜川畔(学園大橋付近)

●打ち上げ数:約20,000発

●交通:JR土浦駅西口から徒歩30分、常磐道桜土浦ICまたは土浦北ICから車で20分 ※JR土浦駅から有料シャトルバス運行

●駐車場:5000台※無料・有料、臨時あり

●お問い合わせ先:029-826-1111 土浦全国花火競技大会実行委員会

●公式HP:http://www.tsuchiura-hanabi.jp/

土浦全国花火競技大会は、大正14年から続く伝統ある花火大会で、行ってみたい花火大会行ってよかった花火大会どちらも上位にあげられるほど、人気が高く、満足度も高い花火大会です。

19:00を過ぎると打ち上げられる大会提供のワイドスターマインは、複数の場所から同時に打上げられ、その迫力は圧巻の一言です。

また、次々にたくさんの種類の花火が打ち上がるとともに、技術の高い見たこともないような花火も夜空を彩るので、満足度と興奮度は国内屈指の花火大会とも言えます。

最も優秀な花火師さんには、国内で秋田の大曲と土浦でしか授与されない内閣総理大臣賞が授与されます。

とにかく行けるチャンスがあれば行ってその素晴らしさを体感して欲しい!おすすめの花火大会です。

土浦の花火の楽しみ方

土浦の花火は、「土浦全国花火競技大会」という名前の通り、日本を代表する花火師さん達が、その技を競う競技大会です。

ですので、打ち上がる花火を自分も審査員になったつもりで鑑賞するのも面白みがあります。

花火の豆知識や基本的な解説について公式ホームページでも紹介されていますので、事前にチェックして、当日花火を見ると、いつもとは違った楽しみ方ができますよ!

大会当日雨の場合はどうなるの?

花火大会当日の大会開催の可否については、前日午前9時公式ホームページにて発表されますので、天候等不安な場合にはチェックしておきましょう。

また、多少の雨であれば雨天決行ですので開催されますが荒天時には順延されます。

花火大会会場までのアクセスは?

車の場合

  • 東京方面より/常磐自動車道桜土浦ICより通常10分
  • 福島方面より/常磐自動車道土浦北ICより通常10分

電車の場合

  • JR土浦駅より通常徒歩30分
  • つくばエクスプレスつくば駅から会場まで約7km(徒歩約80分程度)
  • ※つくばエクスプレスつくば駅から花火大会会場付近へは定期路線バスが運行していますが、例年会場までの道路は交通規制もあり、定期路線バスの到着が大幅に遅れることが予想されます。
    徒歩の場合およそ1時間30分程度かかるため、事前に余裕を持って到着、行動するようにしましょう。

また、大会当日「土浦駅西口」から会場付近まで運行するバス東口からバス専用レーンで会場まで運行するバスがあります(※有料)。

ご利用は大変混雑しますので、事前に時間チャックや運行内容を確認の上、余裕を持って行動しましょう。

>>>シャトルバス運行内容詳細はコチラ

スポンサードリンク

大会当日に交通規制は行われるの?

大会当日は、会場周辺など交通規制が実施されます。

土浦の花火は、人気の花火大会でもありますので、大会当日は大変な人出が予想されます。昨年は約70万人を超す人が訪れていますので、大会当日の交通規制は事前にチェックしておきましょう。
特に車で行く場合には、混雑回避のためにも要チェックです!

車で行く場合には駐車場はあるの?

花火観覧者用の駐車場は、無料・有料・臨時を合わせて約5,000台分が用意されています。

ただし、大会当日の土浦市内は早い時間から大変込み合います。また、大会終了後混雑は必然で、毎年夜遅くまで渋滞が続きますので、公共交通機関のご利用をおすすめします。

大会当日の混雑具合は?

人気の花火大会はどこもそうですが、大会前は、みなさん混雑を避けるため早めに現地入りするなどして、時間をずらしたりできるので、混雑を回避できますが、大会終了後がみなさん一斉に同じ方向や場所に移動するので、混雑回避が難しくなります

スポンサードリンク
土浦の花火も日本でも人気の高い花火大会ですので、混雑は必至です。少しでも混雑を避けたい場合には、大会終了後すぐに動くのではなく、人の流れを見ながら、落ち着いた頃合いに動き出すことで多少の混雑回避にはなります
大会終了後の「時間差」を活かした行動が大切ですので、慌てて行動すると危険ですので、余裕を持ってスケジュールを組むことをおすすめします。

また電車の場合、JR土浦駅は大会終了後は、駅構内の入場規制を行うことがあります。その場合は、特急券を購入されていても優先的に乗車できないので、注意が必要です。

駅周辺で待ちの時間が長くなりますので、簡易の椅子など持って行っておくと休憩しながら待てるので楽ですよ。

帰りの混雑時は、みなさんイライラ度が増すので、みなさん同じ気持ちなのを理解して、相手を思いやる行動を心掛け、せっかくの素晴らしい花火の余韻が台無しにならないよう気を付けましょう。

大会当日の服装のおすすめは?

土浦の花火は10月に開催されるため、夏の花火大会と違い、ある程度の涼しさがあります。特に夜間になると気温が下がります。大会終了後は混雑のため、長時間かかることもあるので、上着は必ず持参しましょう。

また、夜間の帰り道などは足下も暗いですし、混雑で足を踏まれたりすることもよくあります。歩きやすいスニーカーなどで行く方がストレスがないでしょう。

大会当日に持っていっておくと便利なものは?

  • 雨具
  • 花火大会では雨対策は必須です。

  • 防寒着
  • 夜の気温低下時や、雨天時などに備えておきましょう。

  • 懐中電灯
  • 夜間は足下注意です!

  • 虫除け
  • 虫除けも必須です。

  • ウエットティッシュ
  • トイレや食事の際に必須です。

  • ゴミ袋
  • シートにもなるし、雨天時にも雨除けや何かと使えて便利です。

  • 簡易の椅子
  • 地べたに長時間は疲れるものです。帰りの長時間の待ち体制時にも活躍。

また、大会当日は地元ラジオ「茨城放送(IBS AMラジオ1458KHz)」で特別放送も行われています。

交通情報駐車場空き情報などはもちろんですし、花火大会の実況中継も行われて、花火の解説もあるので、花火をより楽しんで見れますので要チェックです!

土浦花火大会おすすめスポットや穴場は?

上高津貝塚ふるさと歴史の広場

例年、臨時駐車場として100台分が用意されています。約5haの広さがあり、広大な芝生広場から花火を鑑賞する事ができます。
花火大会が始まるまで、広場で遊ぶ事もできるので家族連れにもおすすめです。

霞ケ浦総合公園(風車周辺)

こちらも大会当日600台の臨時駐車場として利用されます。
打ち上げ場所から距離がありますが、花火は見れます。終了後の交通渋滞も比較的緩やかですのでおすすめです。

アジュール土浦ウエディングハウス

周辺にコンビニや公園のトイレが近くにあるので、見物するのに何かと便利な場所です。周りに視界を遮るものがなく花火が綺麗に見えて、会場周辺より落ち着いて鑑賞できるのでおすすめです。

桜川沿いの土手

桜川に沿った土手沿いは花火がよく見える穴場スポットです。打ち上げ場所に近い場所は迫力ある花火が堪能できます。

まとめ

土浦の花火は一度行くとその素晴らしさに、花火の感動を味わえます。

秋は空気も澄んで、夏とは違うキレイな花火が楽しめます。

混雑は覚悟して、事前にしっかり準備することでスムーズに花火を楽しめるようにしましょう!