財布で金運アップの方法は?素材は?何色がいいの?

財布金運アップ
旦那の財布が、擦れてボロボロに。

「汚い財布や汚れた財布は金運が落ちる。」とよく言われます。

特に一家の家長でもある旦那さんの金運は、家族みんなに影響を与えるものかもしれません。

「でも、財布って春に買うのがいいってよく言うし・・・。」

お金が嫌いな人はいません。金運もないよりはあったほうがいいに決まってます。

財布を買い替えたりする際に、多くの人が様々な「縁起をかつぐ」的な意味で、色や形など財布選びの参考にします。

そこで今回は、財布選びのポイントを金運アップの縁起をかつぐ情報も含めてご紹介します。

スポンサードリンク

財布で金運アップの方法は?

なぜ財布ってそんなに金運アップにとって大切なんでしょう?

これは、「お金を大事に、大事にする人にはお金が寄って来る」「お金を物じゃなくて人扱いすることで金運があがる」といわれていることから、お金がいる場所=財布環境を整えることが、金運アップにつながると言われているからなんです。

お金たちが居心地が良いようにとは、具体的にはどんなことに気をつければいいんでしょう。

お札の向きを揃えてしまう

お札はキレイに肖像などの向きや紙幣の種類を揃えてしまうことが大切です。この「お顔の向きをそろえる」ことは大事で、お札の顔と顔を向かい合わせに入れてしまうと呼吸ができない。など、やはりお金を物ではなく人扱いすることで、大切に扱うようになるといった意味もあるようです。
確かにもし自分がお札だったら、向きもバラバラでくしゃくしゃに入れられたら、早く外に出て行きたくなります^^;

お札は顔を下向きに入れる?

よく、お札のお顔を下向きに入れてしまうとお金が出て行かない(お金が貯まる)と言われます。

この謂れは様々ありますが、お札の進行方向は上(肖像の頭の方)に進んで行くので、お札のお顔を下にしてお金を入れておくと、財布に入ってくる方向になる=貯まる。といったものがあります。

逆に、お札を下向きに入れると、頭に血が上って苦しくなり逃げていく。という謂れもあります。

これもおまじないのようなもので、どちらが正解かといった答えはありません。

でも、一番大切なのは、お金を大事に扱う姿勢で、向きは自分で決めた方向にきちんと揃えて入れることが大切です。

レシートは入れっぱなしにしない

財布をお金が居心地が良い状態に保つためには、お金以外の余計なものは入れないことも大切です。

お金を支払った後にもらうレシートをそのまま入れっぱなしにしていませんか?

家に帰ったら、財布からレシートを取り出してあげるだけでも心掛けるといいかもしれませんね。

長財布がおすすめ

お金の居心地が良い状態として、折財布よりも長財布が好ましく、小銭とお札を分けて入れられるものが理想的です。

また、男性に多い、財布をお尻のポケットに入れるのも、大事な人をお尻の下に敷いてしまうようなもので、すごく失礼なことなのでNGです。
上記のように、財布と言えども、「お金」が眠る大事な場所なので、一番は大事に扱うことが大切!ということだと思います。
それぞれ、謂れは様々ですが、要は「お金を大事にする」教訓というか教えのようなもので、財布をキレイに使ったり、整理したり、気を配ることで、愛着も湧くと同時に、財布のなかのお金の状態も常にチェックできる。そうすると自分のお金の事をきちんと管理できて、無駄遣いをしなくなる。結果お金が貯まる。といった好循環に繋がるのかもしれません。そこに、様々な諸説が付いて現在に至るのかもしれませんね。
また、金運アップの方法として、自分より高収入な人の財布をもらうというものもあります。これも、縁起をかつぐ意味合いもあるでしょうし、何よりもそんな方に頂いた財布ならば大事にしない人はいないでしょう^^
人間関係と同じで、「大事にする」ことによって、良い循環が生まれるのかもしれませんね。

財布で金運アップ!素材は何でもいいの?

財布を買い替えよう!となって気になるものに、財布の素材もあります。

財布の素材の中で、金運アップを目指すのであれば、一番良いとされているのが「本革」です。

スポンサードリンク
革と言っても種類はあります。財布で使われている代表的な革素材について風水的に関するおすすめポイントを下記にご紹介します。
  • 牛革
    豊かさを表し、貯蓄運アップ効果が期待される。
  • 羊革
    幸運をもたらし、人脈を築き、信頼や支援が受けられる効果が期待される。
  • 豚革
    循環を促し、お金回りを良くする効果が期待される。
  • ヘビ革
    人脈を拡大しビジネスチャンスを呼び込む効果が期待される。
  • ワニ革
    財運&人脈を呼び込む効果が期待される。

財布を購入する時期はいつがいいの?

よく、財布を購入するなら「春」が良い。と言われますが、季節外れに買うのはあまりよくないのでしょうか?

一般的に財布を購入するのに良い時期として、風水的には、春だけでなく秋も財布購入には向いています。

春に財布を買うおすすめの時期

●立春(2月4日頃)~「啓蟄」の前日(3月4日頃)まで
※「啓蟄」とは、二十四節気のひとつ。

秋に財布を買うおすすめの時期

●秋分(9月23日頃)~11月24日まで
秋は「空き」とも言われ、財布を購入するのには向かない!ともいわれますが、秋は、作物が実り、収穫の時期を迎える時期から「実りの財布」とも言われます。
また、風水では秋分(9月23日頃)~11月24日までが秋とされ、特に10・11月の秋は「金」の季節と言われ、金の気が充満する時期として、この時期に古い財布から新しい財布へと替えることで運気の上昇になるといわれています。

借金などがある人は9月に財布を買い替えるのがおすすめ

借金などで生活が苦しい場合などは、金運向上を目指して、「春財布」や、「金」の季節に財布を買い替えてしまいがちです。
ですが風水では、それは間違いで、借金で生活が苦しい状態=「火」の気が過剰な状態のため、春財布(「水」の気)や「金」の季節に新調した財布(「金」の気)では、文字通り「焼け石に水」のような状態になってしまうため、おすすめできないのだそうです。

借金などがある人は、9月(「土」の季節)に財布を買い替えるのがおすすめで、9月は、貯蓄運や家庭運アップさせたり、生活を安定させる効果が期待されるのです。

9月の「土」の気を使って「火」の気をコントロールすることで、今の状態を変化させることができるかもしれません。
ちなみに、今年2015年の9月は、年に5~6回しか訪れない「天赦日」9月29日(火)にやってきます。
天赦日とは、百の神が天へと昇って、天が万物の罪を許す日とされ、最上の大吉日とされています。また、9月29日(火)は「一粒万倍日」(※一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという吉日)も重なるため、風水的にも、暦の上でも最良の日と言えます。
現在、借金がある人はもちろん、「金運がないな。」と思う人も、この日に財布を使いはじめるといいかもしれませんね!

また、9月29日が最良の日だからと言って、その日に財布を買うのではなく、「財布を使い始める」日として適している日なのです。

財布は、買ってすぐ使い始めるよりも、買ってからしばらく置いた方が良いとも言われます。

理想的なのは、日が良い日、9月11日(大安と寅の日が重なる)、9月12・17・24日(一粒万倍日)などに財布を購入しておいて、最良の日とされる9月29日にその財布を使い始めるのがおすすめです。

財布で金運アップ!何色がいいの?

よく、黄色やゴールドの財布は金運アップに良いと言われますが、お金が入ってくるのも大きいけれど、出て行くのも大きいと言われます。

ですので、現在、安定した金運があり、多少のお金の動きがあっても何ともない人などは、黄色やゴールドの財布は向いていますが、金遣いが荒かったり、借金がある人などは向いていない色とも言われています。

財布を選ぶ時に、金運アップの縁起かつぎとして、色を気にする人も多いので、風水での各色と金運についてご紹介します。
  • 黄色:お金を引き寄せますが、逆に出て行く色でもある。
  • ゴールド:お金に対して強い色で、お金を呼び込む。
  • 茶色:お金を貯めることができる。
  • 黒色:お金を貯めることができる。
  • ピンク:不意に幸運が訪れる可能性を持ち合わせた色。
  • 白:浄化作用を持ち、悪い気を洗い流す。
  • 青:川の流れのようにお金が流れる。
  • 緑:出て行ったお金を呼び戻す。
  • 紫:金運よりも地位や名誉をあげる色。
  • 赤:自分の財を燃やす。
  • オレンジ:出費が増え、金運を燃やす。

まとめ

財布と言えども、いろんな謂れや、風水などによる金運との繋がりなどたくさんあります。

スポンサードリンク

全部を踏まえていくと大変ですので、まずはお金を大事に!そして、自分なりの「縁起のかつぎ方」で、自分の財布に愛着を持てるようにするのが一番なのかもしれませんね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ