EXPOCITY
今秋、関西の新たな名所として注目を集めている巨大複合施設「EXPOCITY」が万博公園のエキスポランド跡地にオープン予定です!

広大な敷地面積の中には、関西ではお馴染みの「海遊館」が初プロデュースする「NIFREL」や関西初出店が多数予定されている「ららぽーとEXPOCITY」などを中心に8つのメインスポットが大集結します。

そんな大注目のEXPOCITYのオープン情報をはじめ見どころなどを詳しくご紹介します!

スポンサードリンク

エキスポシティのオープン日は?

下記にEXPOCITYの概要をご紹介します。

●オープン日:2015年11月19日(木)
●住所:吹田市千里万博公園2-1
●営業時間:10:00~21:00 ※各施設や店舗により異なる
●お休み:不定休
●駐車場:約4100台 有料※詳細不明
●交通:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩2分
●公式HP:http://www.expocity-mf.com/

西日本最大級の大型複合施設がようやくそのベールを脱ぎます。施設内では、ららぽーとやニフレルなど、すでにオープン前から注目されるスポットが目白押しで、期待度は高まる一方ですね^^

他にも、子供から大人まで楽しめる内容もあるので、下記に大まかな施設内容をご紹介します。
  • NIFREL
    海遊館が初プロデュースする「水族館、動物園、美術館」が融合した新感覚の施設
  • ポケモンEXPOジム
    ポケモンが国内で初めてプロデュースする体験型「エデュテイメント」施設。
  • OSAKA WHEEL(オオサカ ホイール)
    高さ120m超の日本一の高さを誇る観覧車がEXPOCITYに登場。ゴンドラからは大阪の街並みと夜景を一望。
    また、内装を特別豪華にしたVIPゴンドラなど、従来の観覧車とは一線を画した趣向を凝らした装備で、乗客に驚きと感動を提供。
    ※2016年春営業開始予定
    ※オフィシャルショップ&レストランは、2015年11月19日に先行して営業開始。
  • OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカイングリッシュビレッジ)
    日本にいながら留学気分を味わえる!日本初の体験型英語教育施設
    「“楽しむこと”で英語を身につける」がテーマのこの施設。アメリカの特徴的な都市や地域などを再現しつつ、気軽に英語に触れられる仕掛けが満載です。
  • オービィ大阪
    大自然の神秘を全身に感じることができる自然体感型エンターテインメント施設「Orbi」が、さらに進化してEXPOCITYに登場。
    ※2016 年初頭営業開始予定
  • 109シネマズ大阪エキスポシティ
    日本最大、ビル6 階建てに匹敵する高さ18メートル超の巨大スクリーンや最新鋭レーザープロジェクターを完備した日本初の「IMAX(r) WITH LASER」シアターに加え、観客の五感を刺激する体感ライド型「4DX」シアターを完備。
    109 シネマズオリジナルのリクライニング機能と専用テーブルのついた「エグゼクティブ・シート」も、もちろん設置されています。
  • ENTERTAINMENT FIELD(エンターテイメントフィールド)
    「ひつじのショーン ファミリーファーム」や「チームラボお絵かきタウン」など体験型アミューズメントパーク施設。
  • ららぽーとEXPOCITY
    関西初出店の店舗がなんと47店舗も!有名グローバルブランドをはじめ、国内外からも、魅力的なショップが大集結!
    ファッションをはじめ雑貨やスポーツ、キッズ、フード・グルメなど盛りだくさん。

エキスポシティ ニフレル情報のご紹介!

エキスポシティのなかでも注目度が高い施設のひとつ「NIFREL(ニフレル)」公式HPもオープンされていますので是非チェックしてみてくださいね!

「感性”にふれる”」がコンセプトのミュージアム!で、生き物の美しさや不思議さを直感的に楽しめる新感覚の施設となる予定です。

館内は、「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのテーマゾーンで展示され、それぞれに趣向を凝らした展示や体験が用意され、子供をはじめ大人も楽しめる施設として注目されています。

「すがた」にふれる

終わりなく光のドットが続く空間のなかに不思議な姿が浮かび上がる。一見無機質だけれど美しい造形美と姿かたちが不思議な生き物の個性が調和し、じっとそしてずっと吸い込まれていく、まさに「すがた」にふれるゾーン。

スポンサードリンク

ニフレル01

「いろ」にふれる

水のゆらぎを感じる蓋のない水槽が13台。美しい透明の水の中に浮かぶあかやあお、きいろといった色鮮やかな魚たち。普段の日常ではない自然の中に浮かぶ「いろ」は、新たな発見と自然の幻想さを体感できるゾーン。

ニフレル02

「WONDER MOMENTS」「アート」にふれる

「WONDER MOMENTS」と名付けられた空間で「自然現象の美しい瞬間」をテーマにした映像と音楽光のインスタレーション。これまでにない新感覚の光のアートが体験できるゾーン。

ニフレル03

「みずべ」にふれる

木立を連想させる空間を抜けると雰囲気がガラリと変わり広く開放的な空間が広がる。水辺の環境に適応してきたイリエワニやマルメタピオカガエルなど大きな生き物たちの暮らしを目のあたりに体感できるゾーン。

ニフレル04

「うごき」にふれる

1本の小川を区切りに、向こう側が生き物たち、こちら側が生き物たちと来館者エリアとして、ワオキツネザルやオニオオハシなど生き物が暮らす世界に来館者が入り込むという、今までにない臨場感と感動を味わえるゾーン。

ニフレル05

オープン前から注目度の高い施設だけあって、今までにない水族館のような動物園のような展示の工夫などは美術館に来たような・・・。そんな今までにない感覚を感じる、まさに「ミュージアム」がピッタリの施設かもしれません。

大人も楽しめるのはもちろんですが、是非子供と一緒に行って、色んな「感性にふれる」体験をしたいものですね^^

エキスポシティ ららぽーと情報のご紹介!

関西初出店の店舗が目白押しのららぽーと。

なかでも、日本のモール&関西初登場の「A&F」や姉妹ブランド「Hollister」も大阪エリア初出店。他にも「RHC」など有名グローバルブランドがズラリ。

海外セレブも愛用者が多い「COLMAR」はダウンジャケットが特に人気で、今回の出店が国内初のオンリーショップになります。

他にも生活雑貨やインテリア雑貨まで高感度なアイテムが揃う「CRASH GATE」なども出店予定です。

スポンサードリンク

また、子育て世代が車で来やすい好立地を生かして、「ベビー・キッズ・ジュニアゾーン」も強化されており、マタニティからジュニアまで、どの子育て世代にも嬉しいショップが多く用意されています。

そして忘れてならない!フード・グルメエリアも、太陽の塔を一望できる客席1000席超のフードコートや、「大起水産 回転寿司」が実施するお寿司教室や、「スイーツパラダイスファクトリー」が実施するケーキ教室など体験型レストランが登場したり、大阪万博ゆかりの飲食店「万博食堂」など、ココでしか楽しめないレストランが大集結しています。

まとめ

関西の新名所として、大きく羽ばたいて欲しいエキスポシティ!

いろんな体験が楽しめる施設内容が多いのが特徴ですね。開業すぐは大変な混雑が予想されますので、公共の交通機関のご利用をおすすめします。