年賀状の一言文例~ご無沙汰な目上の方や親戚へ失礼のない添え書きは?

年賀状
印刷された年賀状でも、手書きで一言でも添え書きされていると、グッと人間味が出て、心配りを感じる年賀状になるものです。

でも、遠い親戚やご無沙汰な方へのメッセージとなると筆も止まりがちになってしまいやすいですね。

そこで今回は、そんなご無沙汰な方への添え書きの参考になるような文例をご紹介していきます。

スポンサードリンク

年賀状の一言文例~ご無沙汰な方へ

年賀状は、季節の挨拶状のひとつで、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて新年をお祝する言葉をもって挨拶し、昨年の感謝と新しい年に変わらぬお付き合いを依願する気持ちを込めて送るものです。

毎年、年賀状を準備しながら、送る相手整理していると、「年賀状でしか挨拶できていないな」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、年賀状は季節の挨拶状のひとつですので、年賀状でしかご挨拶できていない方であっても、大切なご挨拶ですので、しっかりと気持ちが伝わる年賀状を送付できるよう努めたいものでもあります。

特に、ご無沙汰な方へ送る場合は、こちらも相手の近況がわかりづらいぶん、相手も同じようなことが言えるものです。

ご無沙汰だからこそ、ちょっとした近況などを添え書きすると相手も定例の挨拶文だけではない、人間味を感じることが出来る年賀状になり、グッと心に残る年賀状に変化します。

年賀状も「一期一会」のような気持ちで、一言メッセージなど添えると大切な気持ちを伝える挨拶状になるでしょう。

まずは、ご無沙汰な方へ送る年賀状の一言メッセージのポイントを下記にご紹介します。

相手を気遣う一文

・お元気でいらっしゃいますか
・~様はいかがお過ごしでしょうか
・すっかりご無沙汰しております 平素の疎遠をお詫び申し上げます
・お子様も凛々しくお育ちになられたことでしょう

自分の近況報告

・新たな家族が仲間入りしました
・昨年の○月に結婚して二人で迎える初めての新年となりました
・新住所に住まいを移し、心新たに新春を迎えました お近くにお越しの際には ぜひ遊びに来てください
・こちらは変わらず日々を過ごしております
・こちらはおかげ様で家族一同元気に過ごしております

相手(ご家族も含め)の体調や幸せを願う一文

・ますますのご活躍をお祈りしております
・皆様お元気で幸多き年となりますように
・寒さ厳しい折 お風邪など召しませぬよう お身体くれぐれもご自愛ください

ご無沙汰な方から、一行だけの短い文章が添え書きされていても素っ気なく感じてしまい、余計に距離を感じやすいものです。

スポンサードリンク

ご無沙汰している方への一言メッセージは、何を書いたらいいのか分からないぶん、短い文章になってしまいがちですが、ご無沙汰しているからこそ、数行に亘って添え書きすると温かみの増す年賀状になります。

また、「自分の近況報告」を入れることでグッと親しみの持てる相手も嬉しい年賀状になりますので、ご無沙汰している相手には出来るだけ添えるようにしましょう。

年賀状の一言文例~目上の方へ

基本的に、友人や会社の同僚など、気心の知れた仲以外の方には「目上の方」に書くようなスタンスで一言メッセージも添えるようにした方が、失礼がなく無難です。

旧年はご親身なご指導ご鞭撻をいただき本当にありがとうございました本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願い致します

・昨年は格別の御厚情を賜り心より感謝申し上げます
本年もどうぞ宜しくお願いします

・ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

・ご無沙汰している目上の方へ送る場合には、上記の章でご紹介した「自分の近況報告」も添えることで、グッと相手を身近に繋がりを感じる虚礼だけの年賀状にもなりにくいのでおすすめです。

年賀状の一言文例~親戚の方へ

親戚同士の交流があまりない場合には、接点も見つけにくいため、それこそ形式通りの文言になりがちです。

親戚の方への添え書きのポイントは、自分や家族の近況報告に加えて相手の家族を気遣う言葉を添えることです。また、親戚内で冠婚葬祭などがあった場合などは、その話題を盛り込むこともよいでしょう。

・娘の○○も小学生になりました
・旧年中は父の病状を気遣っていただきありがとうございました
・先日は息子の結婚式に来ていただきありがとうございました
・○○ちゃんもいよいよ中学生ですね
・○○も○歳を迎えていよいよやんちゃ盛りです
・○○ちゃんもさぞ大きくなられたでしょうね

一番多いのは、子供ネタかもしれません。

子供の成長は誰もが喜ばしく嬉しいものですので、みなさん親戚の添え書きには書かれる方が多いものです。

また、前後に「相手を気遣う一文」と「相手(ご家族も含め)の体調や幸せを願う一文」を書くようにしましょう。

まとめ

季節の挨拶状を書く習慣が少ないなかで、年賀状は唯一の季節の挨拶状かもしれません。

スポンサードリンク

ご無沙汰している方へは、年に一度のものかもしれませんが、それ故に心の通った「一期一会」の年賀状になるようにしたいものですね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ