スタッドレスとチェーンの違いやメリットは?どっちがおすすめ?

スタッドレスとチェーンどっち
雪の日の運転は非常に怖いものです。

特に雪に慣れていない地域では、雪が降ると大変です。

雪の日の運転と言えば気になるのが車の足元でもある「タイヤ」で、今は「タイヤチェーン」の他にも「スタッドレスタイヤ」などもあって、どれがいいの?と、悩む方もいらっしゃいます。

そこで今回は、いざ!という時に困らない雪の日に備えておきたい!スタッドレスタイヤとタイヤチェーンの違いについて「どっちがいいの?」という疑問についてもお答えします。

スポンサードリンク

スタッドレスとチェーンの違いは?

そもそも「スタッドレスタイヤ」と「タイヤチェーン」は雪の日に使用することは分かるけれど、どう違うのか?について分からない人もいますので、それぞれの違いについてご紹介します。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」「レス=ない」タイヤという意味です。

「スタッド=鋲(びょう)ってタイヤにはどれも付いていないんじゃない?」と思われる方もいるかもしれませんね。

実は以前は雪の日などに「スパイクタイヤ」と呼ばれるタイヤに鋲のついたタイヤが主流で使用されていたのです。

しかし「スパイクタイヤ」は、その性質上、道路への影響が問題視され(路面を削りながら走ることによる粉塵など)、使用されなくなり、現在では、スパイクタイヤの問題点を克服した鋲がない「スタッドレスタイヤ」が誕生し、現在でも使用されているのです。

スタッドレスタイヤは普通のタイヤとどう違うの?

スタッドレスタイヤは、積雪路や凍結路を走行できるように開発されたタイヤで、普通のタイヤとは違ういくつかの特徴があります。
  • ゴムの質
    スタッドレスタイヤのゴムは、0℃以下という低温でも硬くなりにくい特殊配合のゴムで作られており、冬道などでもゴムのしなやかさを保つことができる性質を持っています。
    これにより、凍った路面でも密着面を柔軟に対応できることでブレーキ性能を保てるよう工夫されています。
  • 深い溝
    スタッドレスタイヤは、普通のタイヤと比べてタイヤの溝が深く作られています。これにより、積雪路で深い溝が雪を噛みしめるように進んでくれるおかげでグリップ力を得られるよう工夫されています。
  • 排水性能
    冬道での「滑り」の原因は、路面の氷上にできた水膜で、水膜ができてしまうと滑りやすくなってしまいます。スタッドレスタイヤは、この水膜を取り除くためのタイヤの排水性能が高められるよう工夫されています。

タイヤチェーンとは?

タイヤに装着して使用する滑り止め器具で、タイヤに装着することで凹凸ができ、大きな摩擦が生まれ、それによって氷雪路面でグリップを得ることが出来て滑りにくくなります。

スタッドレスとチェーンの違い

上記のように、スタッドレスタイヤはタイヤの構造や性能が普通のタイヤとは違い、積雪路や凍結路を走行できるように特化させています。

スポンサードリンク
また、タイヤチェーンは、タイヤに装備し積雪路や凍結路を走行できるようにするもので、両方ともに雪の日などに使用しますが、似ているようで使用方法や装着方法も根本的に違ってきます。

スタッドレスとタイヤチェーンのメリットやデメリットは?

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンどちらもそれぞれにメリットやデメリットがあります。それを比較して検討するのもおすすめです。

スタッドレスタイヤのメリットは?

  • 積雪道路でも走行可能
  • 凍結道路(アイスバーン)でも走行可能
  • 高速道路でも通常走行が可能
  • 雪道でも乗り心地が良い

スタッドレスタイヤのデメリットは?

  • チェーンと比べると価格が高価
  • ノーマルタイヤと履き替える手間がある
  • 使用しない時(夏場など)に保管場所が必要になる

スタッドレスタイヤは、冬のシーズン前に付け替えてしまえば、積雪・凍結道路どちらも走行可能なため、手間がかからず安心感があります。

また、チェーンに比べ雪が降っていない道路も走行が可能なため、冬のシーズン中はスタッドレスを装着したまま過ごすことができるのも大きな魅力です。

スタッドレスタイヤを1年中使用してもいいの?

スタッドレスタイヤは、積雪路や凍結路での走行を考えて作られているため、通常のタイヤと性能が異なります。

特に注意が必要なのが、「雨の日」で、スタッドレスタイヤには「吸水性能」という機能があり、雨の日には水分を多く含んでしまい、スタッドレスタイヤと路面の間に水膜を作りやすくなり、結果的に滑りやすくなってしまうのです。

また、スタッドレスタイヤの特徴でもある柔軟性のあるタイヤは、水圧に負けて変形してしまい、水膜を切る力が弱まってしまうため、雨の日には通常のタイヤよりも滑りやすくなってしまうのです。

スタッドレスタイヤを1年中使用することも可能ですが、上記のようなことからも、冬のシーズンが終わったら通常タイヤに切り替えるほうが、より安全でもあります。

特に近年では、日本でも異常気象の影響で夏場に「ゲリラ豪雨」などの発生も多くなっています。

雨の日に弱いスタッドレスタイヤにとっては、とても危険な状況にもなりやすいため、付け替えるほうがおすすめです。

タイヤチェーンのメリットは?

スタッドレスタイヤのデメリットは?

  • スタッドレスタイヤと比較して安価で購入できる
  • 収納スペースの場所をとらない
  • 雪道での走行パワーはタイヤチェーンの方が上回る

タイヤチェーンのデメリットは?

  • 静寂性に欠ける
  • 雪道以外での走行に適さない
  • 装着時の面倒がある

上記のように、タイヤチェーンは装着によって補うことができるため、非常用としても大変役に立ちます。また、雪道ではスタッドレスタイヤよりも走行パワーがあるため、雪の多い地域ではスタッドレスタイヤにチェーンを装着して走行する方が多いのも事実です。

また、チェーンの装着は難しそうですが、現在ではチェーンの種類も増え、装着が安易にできるようなチェーンも販売されていたりして、デメリット部分を補う良さも出てきています。

スタッドレスとタイヤチェーンはどっちがおすすめ?

現在では、スタッドレスタイヤの技術性能の向上などからも、これから購入するのであれば「スタッドレスタイヤ」のほうがおすすめと言われています。

特に、事故が多発しやすいアイスバーンなどにも対応できるスタッドレスタイヤの安心感は、積雪地域に住む方にとっては選ぶ価値があると思います。

また、チェーンに比べると値段は高くはなりますが、性能の面から考えるとそれだけの価値はありますし、値段も年々下がってきていますので、以前と比べると購入しやすくもなってきています。

まとめ

スタッドレスタイヤとタイヤチェーン、使用頻度によっても選ぶポイントは変わりますが、安全性能の観点からも、選ぶ方も増えています。

スポンサードリンク

特に、近年スタッドレスタイヤの性能は著しく向上していますので、安全性能を重視するのであれば、しっかりと選びたいものですね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ