上野恩賜公園の桜2016年の見頃は?花見の混雑具合や場所取りのコツをご紹介!

上野の桜
東京を代表する桜の名所「上野の桜」

桜のシーズンには多くの人で賑わい賑やかに桜を楽しめる人気スポットです。

夜になるとボンボリが灯され照らし出される桜は、また夜ならではの美しさを見せてくれるため、昼・夜ともに人の往来が絶えない花見スポットでもあります。

今回は、上野公園の桜情報や花見情報についてご紹介します。

スポンサードリンク

上野恩賜公園の桜2016年の見頃は?

都内でも有数の花見の名所となっている上野恩賜公園の桜。

広大な敷地内や不忍池の周りに立ち並ぶ桜並木は、江戸時代から愛される桜の名所として今もなお多くの人を魅了し続けています。

上野恩賜公園の桜情報&基本情報

●見頃:3月中旬~4月中旬
●住所:台東区上野公園5-20
●開園時間:入園自由(23時~翌5時立入禁止)
●休み:無休
●ライトアップ:あり
●ライトアップ期間:2016年3月中旬~4月中旬
※桜の開花状況により変動あり
●ライトアップ時間:17時30分~20時(※予定)
●入園料:無料
●交通:【電車】JR山手線ほか上野駅より徒歩約2分
    【車】首都高速上野ICよりすぐ
●駐車場:あり/100台(1時間400円、以降200円/30分)
●お問い合わせ先:03-3828-5644(上野恩賜公園管理所)
●公式HP:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/ueno/index_top.html

桜の開花時期に合わせて開催される「うえの桜まつり」は、イベントも盛りだくさんで、上野のお囃子保存会による大黒舞と寿獅子、草花市、青空骨董市など、江戸の昔を彷彿とさせる催し物が行われたり老若男女多くの人が楽しめ、朝から夜まで遊び尽くせる桜どころとしても人気が高いのが上野の桜です。

スポンサードリンク

うえの桜まつり

●期間:2016年3月19日(土)~4月10日(日)
※開花状況により延長の可能性あり

上野恩賜公園 花見の混雑具合は?

上野恩賜公園は、広大な敷地ですのでかなり広範囲で桜を見れます。

ですが、満開の時期はかなりの人混みとなります。人の数も多く、みなさん賑やかですので、宴会を楽しみたい人には楽しいスポットです。

歩きながら桜を見て周るのもいいですし、場所取りして本格的に宴会をするのも良し!身近に桜は無理だけどちょっと空いてる場所を見つけて座って寛ぐことも場所を選ばなければ可能です。

とにかく桜の季節は昼夜問わず人で賑わい、平日も結構な人ですが週末よりは若干空いてるぐらいです。

混雑回避方法は?

混雑を避けるのであれば、早朝の桜を楽しむのがおすすめです。園内は、朝5時から開園されます。

朝6時頃でしたら、あの喧騒が嘘のように静かにゆっくり桜を楽しめます。

上野恩賜公園 花見の場所取りのコツは?

上野恩賜公園は、都内でも有数の花見スポットで、見事な桜の名所でもあるので、花見を楽しむ人々に非常に人気の高いスポットです。

また、賑やかに宴会を楽しんだり大人数で花見を楽しむ人も多く訪れるため、本格的に花見を楽しみたい場合には、場所取り必須です。

場所取りは早朝から!

桜の満開時期に花見をするのであれば、早朝からの場所取りは必須となります。

23時~翌5時は立入禁止となりますので、始発で向かい早朝に場所取りするのがおすすめです。

前日からの場所取りは?

場所取りの方法として、前日の夜に花見の宴会終了の頃合いに来て、宴会中の人にその場所を譲り受けるという場所取り方法も最近では高確率で確保できる方法のようです。

ですが、この場合は早朝にもう一度その場所に誰かいないとシートをはがされたりしますので、やはり早朝には誰かいる必要があります。

場所を選ばないのであれば、当日でも十分場所を確保できますので、ルールを守って、みんなが気持ち良く桜を楽しめるように場所取りしましょう。

まとめ

上野の桜は夜も魅力的です。

昼夜問わず賑やかな桜を楽しめるので、活気にあふれた桜を楽しみたい人はおすすめです。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ