千鳥ケ淵の桜2016年の見頃は?夜桜やボートで楽しむ花見情報!

千鳥ヶ淵の桜
うららかな春の日。

都内で桜を楽しむ名所として外せない「千鳥ケ淵の桜」

北の丸公園や千鳥ケ淵公園などを含めて約1000本のソメイヨシノやオオシマザクラなどが楽しめる見ごたえのある名所でもあります。

桜の花びら舞う季節には、ボートデートを楽しむ人の姿も多く、薄紅色の景色に包まれ春の日差しを目一杯感じたくなるおすすめスポットです。

今回は、千鳥ケ淵の桜情報やライトアップ情報などをご紹介します。

スポンサードリンク

千鳥ケ淵の桜2016年の見頃は?

千鳥ヶ淵の桜と言えば、千鳥ケ淵緑道の桜のトンネルなどが有名ですね。

桜の季節には緑道を散歩したり、ボートに乗ってお堀から桜を楽しむ人など、都内でも有数の桜の名所としても有名なため、たくさんの人が訪れる花見スポットです。

また、桜の開花時期には「千代田のさくら祭り」も開催され、ボート場の夜間特別営業や夜桜ライトアップなどが行われ、昼夜を問わず桜を楽しむことができます。

特に夜のライトアップされた景色は絶景で、お堀に映り込む桜を見ながらボートでゆらり水上散歩するのは、この時期にしかできない粋な桜の楽しみ方でもあります。

千鳥ケ淵の桜の見頃は?

●見頃:3月中旬~4月上旬
●種類:ソメイヨシノ、オオシマザクラなど
●規模:約1,000本

2016年の桜開花状況は?

今年2016年の桜は、全国的に平年並みか遅めの開花となるところが多いようです。

一番予想が早い九州地方で3月24日前後で、多くの地域では25日を過ぎてからの開花となり、見頃は4月上旬頃が多そうです。

これは、昨年2015年の11月から1月半ばにかけて気温が高い状態が続き、記録的な暖冬傾向となったことが影響しています。このため、桜の花芽が休眠から目覚めにくかったと考えられます。

また、2月中旬からの気象状況は気温が高めで、3月も高温傾向となる見込みで、開花は平年並みか遅めとなるところが多い見込みです。

尚、暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど影響が大きくなるため、九州の日本海側を除く地域や、高知や和歌山など西日本の太平洋沿岸を中心に、開花が遅くなるとみられます。

東北北部は、暖冬の影響が他の地域よりは小さいため、平年よりやや早い開花となる見込みです。

【2016年3月19日現在情報】桜の開花がグッと早まって、福岡で3月19日に桜の開花宣言が出されました。全国的にも当初の予想より3~5日程度早まっています。東京も3月中旬から下旬が見ごろのようです。
東京都内を含む関東甲信地区の開花予想は下記のようになっています。
関東甲信地区 開花予想
  • 水戸:【開花日】3/26【満開日】4/2
  • 宇都宮:【開花日】3/27【満開日】4/3
  • 前橋:【開花日】3/27【満開日】4/3
  • 熊谷:【開花日】3/26【満開日】4/4
  • 東京:【開花日】3/19【満開日】3/29
  • 銚子:【開花日】3/31 【満開日】4/7
  • 横浜:【開花日】3/23【満開日】4/1
  • 長野:【開花日】4/8【満開日】4/14
  • 甲府:【開花日】3/22【満開日】3/31
  • 【2016年3月19日現在の予想】

東京都内の今年2016年の開花傾向は、平年よりも少し早く3月中旬に開花、3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎える予想です。

千鳥ケ淵公園の基本情報

●所在地:千代田区麹町1-2、一番町2
●営業時間:入園自由
●休日:無休
●駐車場:なし
●交通:【電車】東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅3番出口から徒歩約3分
●TEL:03-5211-4243【千代田区道路公園課】
●公式URL:http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1118/default.aspx

「千鳥ヶ淵緑道」は宴会および喫煙禁止区域ですのでご注意を!

スポンサードリンク

千鳥ケ淵の周辺の基本情報

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵は、皇居の北西側に位置する、深い緑の水をたたえるふたつのお堀です。

半蔵門から、半蔵濠、千鳥ヶ淵と並ぶこれらのお堀は、江戸城拡張の際、流れていた川を半蔵門と田安門の土橋で塞き止めて造られたもので、かつてはひとつのお堀だったといいます。

ボートの貸出しなども行っており、水上散歩を楽しむこともできます。

千鳥ヶ淵緑道

千鳥ヶ淵緑道は、千鳥ヶ淵沿いに約700mにわたって設けられた遊歩道です。

桜の時期には、桜のトンネルを楽しめる場所として人気の高いスポットです。千鳥ヶ淵緑道内に区営のボート場もあり、桜の季節にはお堀に浮かべたボートから桜を眺めることもできます。

千鳥ヶ淵公園

1919(大正8)年に開園した千鳥ヶ淵公園は、半蔵濠に面した南北約450m、東西約20mに広がる細長い公園です。

お堀の反対側に建つレトロな美しい建物は、駐日英国大使館です。

千代田のさくら祭り期間中には、千鳥ヶ淵緑道の遊歩道で花見を楽しみながら、千鳥ヶ淵公園へ行くのが流れとなっています。
千鳥ヶ淵公園でシートを敷いて花見はできる?

千鳥ヶ淵緑道などは、歩きながら桜を楽しむしかないですが、千鳥ヶ淵公園では、シートを敷いて桜を楽しむことができます。

花見シーズンには、場所取り可能な場所が指定してありますので、その範囲内であればシートを敷いてゆっくり座って桜を楽しめますよ。

千鳥ケ淵公園の夜桜情報!

桜の開花時期には、千鳥ヶ淵公園を管理する千代田区による「千代田のさくら祭り」が行われ、この開催期間中に夜間のライトアップも実施されます。

昼間の美しさとはまた違う夜の幻想的な夜桜ライトアップが楽しめます。

千鳥ケ淵の桜ライトアップ 2016年の開催期間

●日程:2016年3月下旬~4月上旬(さくら祭り期間中)
●時間:日没~22時(予定)

千鳥ケ淵の桜 混雑具合は?

千鳥ケ淵の桜と言えば、「千鳥ヶ淵緑道」を目指す人が多く、【東京メトロ九段下駅】は、ライトアップ時間帯等は入場規制がかかる場合もあるほどです。

「千鳥ヶ淵緑道」は、【東京メトロ半蔵門駅】からも徒歩5分なので、ライトアップ時期や時間帯には【東京メトロ半蔵門駅】駅を利用すると混雑軽減になります。

千鳥ケ淵公園の桜 ボートで楽しむ花見!

桜の時期には、千鳥ケ淵ボート場は大変な人気になります。

ボートに揺られながらゆっくりとお堀から桜を眺めることができます。また、千代田区の桜まつり期間中は、夜間営業も行われますので、夜のボートで幻想的な夜桜の世界を堪能できるとあって、一味違った花見をできるのも人気の秘密です。

千鳥ケ淵緑道ボート 夜間営業&基本情報

●所在地:千代田区九段南2丁目から三番町先
●営業時間:3月1日~11月30日までの11:00~17:30
※営業時間は時期よって異なる。
●定休日:月曜
※3月20日~4月15日は無休
●乗船料:【通常期】30分500円、60分1,000円
●お問合せ先:03-3234-1948 (千鳥ヶ淵ボート場)

【夜間営業】
●実施期間:さくらまつり期間中(3月下旬~4月上旬)
●営業時間:9:30~20:00 (乗船券の販売は19:30まで)
●乗船料:【観桜期】30分800円、60分1,600円

雨天・強風等の場合は営業を中止する場合があり。

千鳥ケ淵緑道ボート場は予約はできる?

千鳥ケ淵の桜の時期は、ボート待ちに3時間以上かかる場合もあるほど人気があります。

ボートは「事前予約不可」ですので、ボート場まで行って順番を待つしかありません。

桜の時期には営業時間が午前と夜間それぞれ延長されます。

特に夜間の乗船は人気が高いので、夜間に乗りたいのであれば早めに行って順番待ちする必要があります。

通常は、スムーズに順番が流れますが、風が強い場合などは、すぐにボートの運航がストップされますので、春一番など風が強い日などは注意が必要です。

まとめ

千鳥ヶ淵の桜は、混雑覚悟でも一見の価値がある見ごたえのある桜です。

スポンサードリンク

ボートに乗ってゆらり水上散歩を楽しむも良し!春限定のおすすめスポットです。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ