葛飾納涼花火大会2016年の日程は?混雑攻略のアクセス術やおすすめ場所取りスポットは?

葛飾花火大会

寅さんの故郷で行われる「葛飾納涼花火大会」

葛飾納涼花火と言えば、日本最古の花火である「和火」が見れるのも見どころのひとつ。

毎年、趣向を凝らした芸術性の高い花火演出は、古きよき伝統を引継ぎながらも新しい技術も取り入れる、まさに下町ならではの趣深い花火を堪能できます。

また、江戸川河川敷から打ち上げられる花火は、観客席との距離が近いので臨場感もたっぷりで見ごたえ充分な花火が楽しめます。

今回は、葛飾納涼花火大会の日程&混雑攻略のアクセス術やおすすめ場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会の日程の詳細は?

今年で50回を迎える「葛飾納涼花火大会」

50回という記念の開催でもあり、今年は打ち上げ数を増やし、時間も10分延長して記念の回を盛り上げてくれます。

今年2016年の詳しい日程は下記のとおりとなっています。

最新情報(2016年7月26日現在)
本日(7月26日)の天気はくもり模様ですが、「第50回葛飾納涼花火大会」は、予定通り実施されます。

突然の雨に降られるかもしれませんので、雨具(カッパ等)を持っていくのがよいかもしれませんね。また、少しは肌寒くなるかもしれませんので上着の用意も忘れずに!!

※ただし、不測の事態が発生した場合は中止することがあります。

第50回葛飾納涼花火大会の日程の詳細は?

●開催日時:2016年7月26日(火) 19:20~20:30
※荒天の場合は、7/27(水)に延期。7/27も荒天の場合は中止。

●開催場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

●打ち上げ数:15000発

●交通:
【電車】

京成電鉄「柴又」駅下車、徒歩約10分
北総鉄道「新柴又」駅下車、徒歩約15分
JR「金町」駅下車、徒歩約20分
京成電鉄「金町」駅下車、徒歩約20分

●駐車場:なし

●お問い合わせ先:03-6758-2222(葛飾区コールセンター)

●公式HP:http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/index.html

>>>【関連記事】2015年の葛飾花火大会の情報はコチラ!

葛飾納涼花火大会のプログラムは?

前半
葛飾花火の名物「和火」が葛飾の空を艶やかに彩ります。
中盤
葛飾区にゆかりのあるキャラクターや作品などを表現した花火などが登場します。
終盤
花火と音楽が融合する芸術的な花火ステージが見ごたえたっぷりに盛り上げます。

日本最古の花火「和火」とは?

「和火」とは、硝酸カリウム・硫黄・木炭の三種類からなる日本の伝統的な花火の総称です。

花火に使用する火薬を外国から輸入できなかった江戸時代に国内で手に入る材料のみで作られていた花火のことです。

当時の花火は、火薬が硝石・硫黄・木炭で作られているため、火の色は赤橙色のみのシンプルなものでした。

そのため、当時の浮世絵も花火の色は赤橙色で描かれています。

明治以降、西洋から入ってきた化学薬品によってできたカラフルな色の花火「洋火」に対し、「和火」は日本に火薬が伝来し、初めて観賞用の花火を見たと言われる徳川家康公の時代から約300年江戸の夜空を照らし続けてきた伝統ある花火なのです。

「和火」の特徴は、薄暗いオレンジ色の火の粉を出すところ。

カラフルで華やかさが主流の現在の花火大会では目立つことはありませんが、渋みのある赤橙色の火の粉が映し出す夜空は、シンプルななかにも凛とした美しさを今も放っています

葛飾納涼花火大会ではこの「和火」が見られますので、是非、日本最古と言われる花火を堪能してみてくださいね。

>>>【関連記事】2015年の葛飾花火大会の情報はコチラ!


スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会 混雑攻略のアクセス術は?

電車での交通アクセス&最寄り駅は?

◆京成線:柴又駅下車徒歩約10分

◆JR線:金町駅下車徒歩約20分

◆北総線:新柴又駅下車徒歩約15分

葛飾納涼花火大会会場に最も近い駅は「柴又駅」になりますが、京成金町線は大変混み合うため、もし利用するのであれば、早めに現地入りするのが混雑攻略のポイントです。

夕方16時頃には、柴又駅から会場に向かう柴又街道は花火会場へ向かう人の流れが目立ってきます。

この時間帯であれば、そこまでの混雑ではないので夕方16時頃には柴又駅到着を目指すようにしましょう。

また、混雑を避けるのであれば、北総線「新柴又駅」のほうが比較的混雑は少ないためおすすめでもあります。

JR「金町駅」や「京成金町駅」も比較的混雑は少ないため、混雑回避ならこちらの駅の利用も候補に入れておきましょう!

帰りの混雑攻略のアクセス術は?

帰りも会場から最も近い「柴又駅」に人が集中します。

駅についても待ちの行列ですので、北総線「新柴又駅」もしくはJR「金町駅」や「京成金町駅」まで歩くほうが結果的に早く帰れるポイントにもなったりします。

終電時間や乗り換え時間などもしっかりチェックして段取りよく帰れるよう混雑回避ポイントは事前にしっかり考えておきましょう。

京成線「柴又駅」:京成金町行き→24:07、京成高砂行き→24:15
JR「金町駅」:松戸行き→1:13、北千住行き→24:21

葛飾納涼花火大会 混雑攻略のおすすめ場所取りスポットは?

柴又球技場サッカー場

打ち上げ場所から少し下流側に進んだ場所は、比較的人の流れも落ち着いているので、ゆっくりシートを敷いて見れます。

新葛飾橋

打ち上げ場所から少し上流側に進んだ場所にある橋ですが、キレイな花火を鑑賞できます。

JR「金町駅」や「京成金町駅」から近いので会場周辺の混雑や、帰りの混雑を避けるのであれば、このへんで花火を鑑賞するのもいいかもしれません。

松戸市側の江戸川河川敷

打ち上げ場所の反対側の河川敷は、場所取りも必要なくのんびりと花火を鑑賞できます。

柴又街道

柴又帝釈天沿いの街道には、下町情緒溢れるお店が軒を並べます。このへんで飲み食いを楽しみながら花火を鑑賞するのもおすすめです。

>>>【関連記事】2015年の葛飾花火大会の情報はコチラ!

まとめ

葛飾の花火は、江戸川沿いですので比較的ゆっくりと座って花火が見れるのがいいんですよね。

スポンサードリンク

寅さんの町柴又をぶらぶらそぞろ歩きながら、日本最古の花火を見るのも粋ですね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ