越谷花火大会2016年の日程は?おすすめ穴場や場所取りスポットは?

越谷花火大会2016

越谷の夏の夜空を鮮やかに彩る越谷花火大会。

オープニングの連続スターマインをはじめ、スピーディで一気に打ち上げる花火が見どころです。

川の中州で打ち上げられる花火ですが、周辺は民家も多いため、あえて高さを抑えた打ち上げで臨場感満点な花火を味わえますよ。

今回は、越谷花火大会2016年の日程や混雑攻略のアクセス術、おすすめ穴場や場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

越谷花火大会2016年の日程は?

今年2016年の日程は下記のとおりとなっています。

平成28年度 越谷花火大会の日程の詳細

●日時:2016年7月30日(土) 19:00~20:50
※小雨決行、荒天時は中止

●場所:越谷市中央市民会館葛西用水中土手

●打上数:5000発

●昨年の人出:250,000人

●交通:
<電車>

東武鉄道「越谷駅」東口下車、徒歩約6分
<車>
東京外環自動車道「草加IC」より約6㎞
※花火大会当日は交通規制あり

●駐車場:なし

●お問合せ:048-971-9002(越谷市観光協会)

●公式HP:http://www.koshigaya-sightseeing.jp/

越谷の花火は、駅からのアクセスも良く、毎年多くの来場者が訪れる人気の花火大会でもあります。

越谷花火大会の混雑攻略のアクセス術は?

花火大会と言えば、混雑はつきもの・・。

混雑対策のためにも事前にアクセス法などしっかりチェックしておきましょう。

電車での混雑攻略のアクセス法

【行き】
最寄り駅の「越谷駅」東口から、一本道の市役所前通りは非常に混雑しますので、迂回しながら進むのが混雑回避のポイントです!

夕方17時過ぎには混雑はピークになりますので、できれば早めに駅に到着して会場を目指しましょう。

【帰り】
花火大会終了後は、最寄り駅である「越谷駅」は混雑が集中しますので、時間をずらして帰るか、多少あるきますが「北越谷駅」または「新越谷駅」を目指すのが得策。混雑回避には最寄り駅ではなく会場から離れた駅を狙うのも鉄則ですよ。

越谷駅の終電は?
23:52 浅草行 24:20 東武動物園前行

越谷花火大会の交通規制は?

越谷花火大会の当日は、会場周辺は交通規制が行われます。

13:00~21:30 藤棚通り
17:00~21:30 足越線越ケ谷交差点から産業支援センター、市役所別館北側T字路~しらこばと橋

越谷花火大会 交通規制図

スポンサードリンク
※2015年の交通規制図を参考にしています。

越谷花火大会の駐車場は?

越谷花火大会では、臨時駐車場などは用意されません。車で行かれる方は、近隣の有料駐車場に停めましょう。

越谷市越谷駅東口駐車場
◆所在地:越谷市弥生町16番3号
◆時間:24時間
◆駐車台数:403台
◆料金:
100円/30分(入庫後30分無料)(08:00~20:00)
100円/60分(入庫後1時間無料)(20:00~08:00)
◆最大料金:
1000円(08:00~20:00)
500円(20:00~08:00)
※ただし、最大料金の繰り越しあり

越谷駅周辺には、他にもコインパーキングなどがありますが花火大会当日は非常に混雑しますので、出来るだけ公共交通機関で行かれることをおすすめします。

越谷花火大会のおすすめ穴場や場所取りスポットは?

越谷花火大会は、元荒川の河川敷で行われ、打上会場に近い場所は、非常に混雑しますが、少し離れてしまえば、河川敷に座ってゆっくり楽しむことができる花火大会です。

間近の場所を確保したいのであれば、早めの確保が必要になりますが、開始1時間前でも座って見る場所を見つけやすいです。

ですが、最寄駅からもアクセスがよく、毎年25万人もの方が訪れる大会ですので、少し離れますが、おすすめの穴場スポットをご紹介します。

イオンレイクタウン屋上駐車場

打上会場からは、少し離れていますので花火の迫力には欠け、噴上げ花火など一部の花火が見えませんが、打上花火はしっかりと見ることが出来ます。

また、暑い昼間から場所取りをしなくても良く、涼しい店内でショッピングや食事を楽しんでから花火見物ができますので、小さいお子様を連れている家族には、ピッタリかもしれません。

東越谷第一公園

打上会場から離れていますので、一部の花火や迫力には欠けますが、打上花火をきれいに楽しむことが出来ます。

ただし、電柱や木が邪魔になる場合もありますので場所取りする際は、注意しましょう!

また。住宅地の中の公園ですので、大騒ぎしないようにしましょう!!

東越谷第二公園

会場からは離れますので、混雑が少ない穴場スポットです。

公園の周りは木がありますので、場所取りスポットを間違えると見えないことも…
周りは住宅地の中にありますので、騒がないようにマナーを守りましょう。

しらこばと橋付近

しらこばと橋周辺は、河川敷になっていますので、花火がよく見えるスポットです。

河川敷に沿っての道沿いは、最近人が多くなってきていますので、早めに場所を確保することをおすすめします。

まとめ

越谷の花火は、高い場所で大きく炸裂する花火ではなく、低い場所で連続で打ち上がるのがポイント。

スポンサードリンク

高さが低いぶん、迫ってくるような花火を楽しんでくださいね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ