板橋花火大会の有料席情報は?おすすめの穴場スポットや場所取り攻略法をご紹介!

いたばし花火大会 有料席

いたばし花火大会は、毎年埼玉県の戸井田橋花火大会と同時に開催され、東京側と埼玉側を合わせて94万人もの来場や訪れる都内でも人気の花火大会ですので、毎年混雑は必至^^;

でも、そんな混雑必至の花火大会でも事前に計画を立てて準備すれば、ゆっくり座って夜空に花咲く大輪を楽しむことができるかもしれません。

今回は、いたばし花火大会の有料席情報や、おすすめの穴場スポット&場所取り攻略法をご紹介します。

>>>【関連記事】いたばし花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の有料席やおすすめの穴場スポット情報はコチラ!

スポンサードリンク

板橋花火大会の有料席情報は?

いたばし花火大会は、都内で最大級の打上花火「尺五寸玉」や関東最長を誇る巨大ナイアガラ、子供に人気の妖怪ウォッチ花火など、様々な趣向を凝らした花火を打ち上げる花火大会としてとても人気があります。

そんな「いたばし花火大会」&「戸田橋花火大会」は、早くからの場所取りなどに悩まされずに、間近でゆっくり大迫力の花火を楽しむことができる有料観覧席での観覧がおすすめです。

いたばし花火大会の有料指定席はどんなの?

いたばし花火大会の有料席は、花火の打上場所にとても近く、空を覆い尽くす尺玉の広がりなどはまさに圧巻の大迫力!

また、長さ100mの「専用ナイアガラの滝」まで設置されるなど、大会随一のプレミアムゾーンとなっています。

  • スタンド席
    河川敷内の土手が階段状になって続いています。 段に腰かけて、足は前の段に下ろすように座ります。 後ろの段を背もたれにすると左右の通路がなくなります。

    「ボックス席」
    2名横並び×上下2列となっており、4名様が四角くお座りいただけます。
    2組(計8名)まで購入できますので、スタンド席内にあるグループ席として利用できるので、ご家族や友達などで観覧するのにとっても便利です。

  • 芝生斜面グループ席
    芝生斜面グループ席には専用の組立イスが用意されます。
    気持ちのいい芝生に腰を下ろして、このイスをテーブルとして飲食することもできます。
  • グループ席
    シートが敷いてあるグループ席では、車座になって宴会する方や、寝転んで花火を見上げるなど楽しみ方はそれぞれです。仲間やご家族同士でワイワイ花火を楽しみたい方にはおすすめです。
  • ※花火大会終了後、会場内の混雑がある程度収まるまで陸上競技場では退場規制を行います。約15分程度を予定しています。

有料席の料金&座席の仕様は?

陸上競技場 テーブル付き席
◆席仕様:ひじ掛け付き椅子丸テーブル付き
◆料金:28,000円
◆購入上限:4枚1組・1組まで
陸上競技場 イス席
◆席仕様:パイプ椅子
◆料金:3,600円
◆購入上限:1枚ずつ・8枚まで
陸上競技場 グループ席
◆席仕様:シート敷
◆料金:28,800円
◆購入上限:8枚1組・1組まで
S席
◆席仕様:スタンド席
◆料金:3,100円
◆購入上限:1枚ずつ・8枚まで
グループS席
◆席仕様:シート敷
◆料金:24,800円
◆購入上限:8枚1組・1組まで
A席
◆席仕様:スタンド席
◆料金:2,600円
◆購入上限:1枚ずつ・8枚まで
グループA席
◆席仕様:シート敷
◆料金:20,800円
◆購入上限:8枚1組・1組まで
芝生斜面 グループ席
◆席仕様:芝生斜面席
◆料金:20,800円
◆購入上限:8枚1組・1組まで
ボックス席
◆席仕様:スタンド席
◆料金:10,400円
◆購入上限:4枚1組・2組まで
B席
◆席仕様:スタンド席
◆料金:2,100円
◆購入上限:1枚ずつ・8枚まで
※全席 プログラム付(芝生斜面席には専用段ボールイス付き)です。
※全席禁煙(喫煙スペースあり)です。
※購入制限:1回の購入につき、1券種のみ8枚まで、陸上競技場テーブル付き席は4枚までです。
※価格はすべて税込みです。
※有料指定席の販売は売り切れ次第終了させていただきます。
※未就学児が大人のひざ上で観覧の場合は定員に数えません。
※チケットご購入の際、お席は選べませんのでご了承ください。
※発券後の交換、払い戻しはできません。あらかじめご了承ください。
※荒天により翌日に順延になった場合、チケットは順延日まで有効。
※開催中止時はで、チケットを購入した店舗でのみ払い戻し。
※天候などの事情により打ち上げプログラムを一部変更する場合があります。
※購入方法に応じた手数料が別途必要になる場合があります。
(板橋区観光協会窓口では不要)
※詳しくはチケットぴあ利用料一覧をご覧ください。
http://t.pia.jp/guide/charge.html


スポンサードリンク

いたばし花火大会の有料席の申込み方法は?

●発売日:2017年6月24日(土)10:00~

●Pコード:635-476
※有料指定席を購入の際は、この6桁の番号が必要となります。

●お問合せ:03-5812-4353 (平日のみ・10:00~17:00)いたばし花火大会チケット事務局

直接購入する場合
◆セブンイレブン(24時間受付)
◆サークルKサンクス(5時30分~26時)
◆チケットぴあ各店舗(各店舗営業時間)
◆板橋区観光協会窓口
※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・09:00~17:00)
電話で購入する場合
◆電話:0570-02-9547(24時間)
「いたばし花火大会」専用受付電話番号
※予約後、3日以内にチケット引き換えのない場合はキャンセルとなります。
※引き換えは全国のセブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあの店にて。
※ご予約の際にはPコード(635-476)が必要となります。
インターネットで購入する場合
◆チケットぴあ(24時間)
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1717796

※PC・携帯・スマートフォン共通

>>>【関連記事】いたばし花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の有料席やおすすめの穴場スポット情報はコチラ!

板橋花火大会のおすすめの穴場スポットや場所取り攻略法は?

いたばし花火大会と戸田橋花火大会は、有料席が充実しているので趣向を凝らした様々な花火を見るには有料席がおすすめです。

しかし、荒川河川敷で行われる花火大会ですので、まわりに高い建物が少ないので、離れた場所からでも観覧しやすいのが魅力でもあり、おすすめの場所取りスポットがありますので下記にご紹介します。

板橋側のおすすめ場所取りスポットは?

硬式野球場・軟式野球場

有料席エリアの斜め前方(下流側)にある2つの野球場をいたばし花火大会の無料観覧エリアとして開放されます。

ほぼ真上に花火が上がりますので迫力は十分に味わうことができます。

ただし、人気のスポットですのでよい場所を確保するには早めに到着しておくことをおすすめします。

芝生広場

陸上競技場の隣にある芝生広場は、会場からも近く迫力のある花火を見ることができます。

こちらも人気のスポットですのでよい場所を確保するには早めに到着しておくことをおすすめします。

野草広場

会場から少し離れるので、無料観覧スポットの中では比較的混雑が少ない穴場的スポットです。

しかし、周囲に高い建物がないので花火はしっかりと見ることができます。

「高島平駅」からのアクセスもよいので、お子様連れの家族におすすめのスポットです。

戸田橋川のおすすめ場所取りスポットは?

戸井田橋花火大会会場の河川敷

有料席の前方の河川敷が一般観覧席として解放されますので、迫力のある花火を真正面から見ることができます。

トイレも完備されているので、安心して花火を楽しむことができます。

ただし、人気のスポットですのでよい場所を確保するには早めに到着しておくことをおすすめします。

戸田駅前広場

戸田駅の駅前広場も人気のスポットですが、お祭りの楽しみのひとつである出店がたくさんあり、トイレも完備されているので、花火の迫力には欠けますが十分楽しめます。

また、花火大会終了後は、混雑に巻き込まれる前に帰ることができるのも嬉しいですね^^

戸田競艇場南側河川敷

打上会場からも近く迫力のある花火を堪能できるスポットです。
花火大会当日は無料開放されているので、狙ってみるのも良いかもしれません。

>>>【関連記事】いたばし花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の日程や混雑攻略アクセス術の情報はコチラ!
>>>【関連記事】戸田橋花火大会の有料席やおすすめの穴場スポット情報はコチラ!

まとめ

いたばし花火大会と戸田橋花火大会は、荒川河川敷で行われるため比較的どこからでも花火を見ることができます。

夕方ごろでも場所取りが可能なところもありますが、よい場所を取るには早めに現地に到着しておくのがおすすめです。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ