多汗症の原因は?食事も大切!入浴法も効果がある!

多汗症対策

暖かい季節になると気になるのが、

とくに異常に汗をかいてしまう人や、汗っかきの人は、周りの人の視線も気になるし、深刻な困った問題です。

もしかしたら、多汗症なのかな?と、悩んではいるが病院に行くべきなのかも躊躇してしまうこともあります。

まずは、多汗症の原因を知って、自分でできる多汗症の効果的な対策を行ってみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

多汗症の原因は?

多汗症の原因は、主に次のようなものがあります。

緊張・ストレス・不安などの精神的要因
ストレスや緊張、不安を感じると交感神経が優位になって汗をかきやすくなります。そのため、交感神経が敏感なほど多汗症にかかりやすいとされています。
疾患が原因
バセドー病・褐色細胞腫糖尿病・末端肥大症・急性リウマチ・生殖器障害・糖尿病・結核などが原因で多汗症の症状がでることがあります。
この場合は、手のひらだけ汗をかくなどの局所性多汗症になることは少なく、多くの場合が、全身に汗をかく全身性多汗症になります
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れ、多汗症になります。特に女性は月経や妊娠、更年期があるのでこの影響を受けやすいとされています。
生活習慣の乱れ
毎日の食生活といった体の機能を左右する生活習慣の乱れは多汗症の原因になります。

自分がどんな時に汗をかくのかを考えてみてください。原因によっては、病院への受診も必要だということを知っておくことも大事です

多汗症対策として食事も大切!

多汗症には交感神経の活動が密接に関わっているため、この交感神経を活発にする食事などは控えたほうが多汗症には効果があるとされています。

イソフラボンを含んだ食べ物が有効
豆腐納豆といったイソフラボンを含む食べ物は、交感神経を抑制するのに有効です。
女性ホルモン食品が有効
ザクロ、大葉、もやし、アボカドなどは、女性ホルモン食品として有効で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをして、自律神経系を整える役割をしてくれます。
DHEA(ディーエイチイーエー)成分の食べ物も効果あり
DHEAは、デヒドロエピアンドロステロンという人の体内に存在するホルモンの略称。DHEAはエストロゲンなどのホルモンに変換されるので有効です。
食べ物としては、納豆、黒豆、山芋などです。
刺激の強いものは避ける
辛いもの、酸っぱいもの、甘すぎるものなど濃い味のものは避ける
その他、多汗症にNGな飲み物など
コーヒーやタバコはNGです。
カフェインやニコチンは交感神経を刺激する中枢神経興奮剤という物質が多く含まれているので、発汗が促されます。
スポンサードリンク

多汗症対策の入浴法をご紹介!

入浴の仕方を工夫するだけで、多汗症を緩和することができます。
入浴は汗腺機能を正常に保って、リラックス効果があり、気温の変化にも対応できる体作りができるので、入浴は手軽な多汗症対策になります。

高温手足浴
これは、長くお湯に浸かっていられない人向けの入浴方法です。
まず、43~44℃の熟めのお湯を、湯船の1/3~半分くらいため、両手のひじから先と、両足のひざから下を湯船に入れます。しばらくすると大量の汗が出るので、そのまま10~15分続けます。
手や足には眠っている汗腺が多いため、それらを目覚めさせることで汗腺機能が高まります
半身浴
少しぬるめの38~40℃のお湯に20~30分間ゆっくりと浸かります。半身浴は、肩まで浸かるのではなく、おへそからこぶし1個分上ぐらいまでのお湯に浸かるのが理想的とされています。
ゆっくりじっくりと汗をかくことによって、汗腺の機能も改善されます。
入浴剤を入れると効果アップ!
入浴剤を入れないさら湯のお風呂ではなく、入浴剤を入れたお風呂のほうが効果がアップします。
最近の入浴剤には、リラックス効果の高いものもたくさんあります。リラックスすることは、副交感神経を優位にする効果がありますので入浴剤入りのお風呂は効果がアップします。

上記の方法でも効果を実感できない場合などは、こちらの商品もおすすめです。

>>>汗を止めるおすすめの商品その① ベタベタ・ニオイが気になるなら!【アセッパー】

>>>汗を止めるおすすめの商品その② 多汗症・汗のお悩み解決サプリメント!【あせしらず】

まとめ

 

まずは、自分の汗のかきかたの観察や、日頃の生活の見直し、そして毎日の入浴方法を変えるだけでも、汗のかきかたが変わるかもしれません。

スポンサードリンク

それでも改善されない場合などは、その他の疾患が原因の場合もあるので、専門医に相談するようにしましょう。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ