赤ちゃんの散歩にも紫外線対策は必要?いつから?対策グッズの基本

赤ちゃん紫外線対策

ポカポカと陽気な季節になると、お散歩に行く機会も増えます。

赤ちゃんもお散歩大好きですよね。

いろいろ変わる景色や人の姿が楽しいのかもしれません。

でも、陽気な季節は、紫外線も多いことを忘れてはいけません。

今日は、赤ちゃんの紫外線対策についてお伝えします。

スポンサードリンク

赤ちゃんの散歩にも紫外線対策は必要?

 

赤ちゃんの紫外線対策は、生まれてすぐから必要です。

赤ちゃんの肌は、大人の半分の厚さしかないので、紫外線の影響を皮膚細胞にまで受けやすくなってしまいます

特に、赤ちゃんのお散歩などは、天気の良い日や、昼間の太陽の日差しが強い時間帯だったりと、紫外線の影響を受けることが多いものです。

紫外線は、すぐに影響が出るものではありませんが、蓄積されて後々、シミやソバカスまたは皮膚がんなどの原因にもなるものです。

赤ちゃんは、まだ肌が弱く敏感な分、お母さんがしっかりとケアしてあげましょう。

また、生後2ヶ月を過ぎると肌の水分量は低下します。

保湿ローションを塗ったり、保湿成分(セラミドなど)が配合された紫外線防止剤を使用するなど、併せて保湿ケアを行い、バリア機能を補っていくこともデリケートな赤ちゃんの肌には必要です。

そして、赤ちゃんは、髪の毛が生えそろっていなかったり少ない場合もあるので、頭皮にも紫外線があたりやすい特徴があります。

同じく、も紫外線を浴び続けると白内障などの病気になったりもします。

肌だけではなく、身体全体のケアが必要だということを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんの紫外線対策はいつからがいいの?

 

赤ちゃんの紫外線対策として、「日焼け止めクリーム」の使用があります。

でも、生まれてからどれぐらいで使用していいものなのか?悩んでしまう方もいるかもしれません。

世界的には6ヶ月未満の赤ちゃんには使用しないほうが良いとされています。

これは、赤ちゃんの肌がまだ未熟でアレルギーを起こす可能性があるからだと考えられているからです。

スポンサードリンク

ですので、6ヶ月未満の赤ちゃんには、他の方法での紫外線対策をおすすめします。

6ヶ月以降を過ぎてからは、日焼け止めの使用も含めた紫外線対策が有効ですが、お肌が敏感な赤ちゃんには、紫外線をしっかりケアしつつ、肌に負担が少ないものを選びたいものです。

産婦人科の先生や皮膚科の先生などに相談すると、おすすめの日焼け止めクリームを教えてくれます。

6ヶ月以降には日焼け止めクリームを使ってもいいとされていますが、赤ちゃんの個人差もあります。

また、生まれつき肌が弱い子もいます。日焼け止めクリームは控えたほうがいい赤ちゃんもいますので、念のため、先生などに相談されてから赤ちゃんに安心な日焼け止めを選ばれてくださいね。

赤ちゃんの紫外線対策グッズの基本

 

同じ紫外線量でも、子どものときに浴びるほど紫外線の悪い影響が大きいことがわかっています。

きちんとした知識で赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。

ベビーカーには日除けカバー
紫外線対策を施された素材のものなら安心です。
帽子をかぶる
つばが広く、深くかぶれるものがおすすめです。頭皮のケアにもなるので、お出かけ時には必須です。
上着を着せる
肌の露出がないだけでも、紫外線対策になります。
赤ちゃん用サングラス

海外では、目の色素も薄い場合が多いので活用されています。

赤ちゃん用はやわらかいバンド形式になっているので、痛がったりすることはあまりありません。

海やドライブなど遠出をする場合などに活用されるといいかもしれません。

極度に紫外線を気にしても外に出れなくなるので、基本的な紫外線対策だけでも心掛けてみましょう。

紫外線対策をするのと、しないとでは大きく違うので、しっかりケアしてあげましょうね。

まとめ

 

赤ちゃんは自分で動いたり言葉を伝えられないので、お母さんのケアが大事になります。

海外では、紫外線対策がすすんでいて、春から夏にかけての赤ちゃんの外出時は完全防備しているママを多く見かけます。

日本人の肌は、白人の肌に比べると皮膚がんになりにくいといわれていますが、数年で、地球の環境は大きく変化していますので、十分な対策を考えたいものです。

スポンサードリンク

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ