隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!

屋形船
隅田川花火大会を見る際の特等席と言えば・・・。
屋形船ではないでしょうか。

屋形船から花火を眺めるなんて、
すごく風情がありませんか?

いつも羨ましく見つめていたあの屋形船を、
今年は、友人や知人みんなで貸し切って満喫したい!
いろんな屋形船に電話で問い合わせしてみてお得情報も発見^^
今回は、屋形船に関する情報をお伝えします!

>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会2016年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!
>>>【関連記事】隅田川花火大会のカップルにおすすめの厳選!穴場スポット!

スポンサードリンク

隅田川花火大会と言えば屋形船

屋形船は「乗合船」と「貸切船」があり、

「乗合船」は少人数から予約可能で、数組のお客様と相乗りにて運行されるもの。
「貸切船」はその名の通り、貸し切りにての運行です。
特に、花火大会時は「乗合船」が予約が多く、混雑するそうで、早めの予約を行ったほうがいいでしょう。
「貸切船」は会社関連や常連のお客が毎年継続して予約を取るので、
こちらも、とにかく早めの予約が必要です。

隅田川花火大会を屋形船で見たい!気になるお値段は?

花火大会などのイベント時は、通常時より値段は高くなります
屋形船の多くは、船の上で花火を見ながら飲食を楽しむのが前提の場合が

多いので、

食事代+飲み物代(飲み放題もあり)+乗船代(貸切料含む)

といった値段が一般的です。
屋形船を運営されているところは、複数あるんですが、平均して、
1人当り:25,000~35,000円程度は掛かります。

食事も飲み物もなしでとにかく花火だけ見たい!!
という方にも、「屋形船からの観賞(乗合船)」コースもあるようで、
1人:17,280円(税込み)が一番の最安値屋形船コースでした^^

因みに、自分たちで持ち込んでの飲食は可能なのかを問い合わせると、

☆持ち込み可能かどうかは船の種類にもよる。
☆電話予約の際に聞いてほしい。
とのことでした。

さすが屋形船。
結構なお値段しますね。

でも、「食事と飲み物と優雅に花火を楽しめる」ことを考えるとそんなに高い値段でもないのかなと思います

花火大会時の周辺ホテルもやはり、その時期はお値段が上がりますしね。

悩むところです。

私は、屋形船を毎年はきっと無理なので、
一生のうちに1度くらいはチャレンジしたいです^^


スポンサードリンク

隅田川花火大会を屋形船で見たい!予約方法は?

とにかく、早めの予約が必須ですので、直接電話するのが早いし確実です。
私も問合せしてみましたが、特に花火大会に関しての予約は、
電話予約のみのところばかりでした

なので、とにかく電話予約です!

屋形船東京都協同組合にて、いろんな屋形船のコース内容や
花火大会時のイベント情報も確認できるので是非参考にしてください。

>>屋形船東京都協同組合(別ウィンドウで開きます)

人気度が高い屋形船も調べてみました。

①船清(ふなせい)
電話:03-5479-2731
URL:http://www.funasei.com/
☆テレビやドラマでもよく使われる屋形船。
船内も綺麗で、掘りごたつ式なので足も疲れない。
そして食事が豪華で美味しい。値段は高め。

②濱田屋(はまだや)
電話:03-3881-2314
URL:http://www.hamadamaru.com/
☆料理の種類も豊富で、美味しい。
船によっては椅子テーブルもある。

③三浦屋(みうらや)
電話:0120-027-810 03-3866-4041
URL:http://www.funayado-miuraya.co.jp/event/hanabi.html
☆浅草橋駅からすぐなので便利。

④あみ春(あみはる)
電話:03-3866-5878
URL:http://www.amiharu.jp/index.html
☆浅草橋駅からすぐなので便利。

⑤晴海屋(はるみや)
電話:03-3644-1344
URL:http://www.harumiya.co.jp/
☆全船スカイデッキ付きなので眺めが最高。

予約の際に、伝えることとして、

①隅田川花火大会での利用を伝える
②人数
上記、2点を伝えた時点で、予約可能かどうか教えてくれます。

②の人数についても、人数によっては空きがある船もあるので、電話でとにかく聞きまくることが大事です。

そして、予約時に確認しておきたいこととして、

①コース内容の確認(花火大会などのイベント時は大抵コースが用意されています)
HPなどで詳細がある場合はきちんと確認する。

②料金の支払い方法
船会社によっては、予約金などを用意する必要もあるので確認する。

③人数が変更になった場合の対応方法
キャンセル料なども含め、人数に増減が出た場合の対応など確認する。

④雨天の場合や花火大会中止の場合の対応方法
船会社によっては、返金などの対応もあるようなので確認しておく。
天候によっては当日も状況が変わるので、当日にも運行確認したほうがいいです。

その他、乗船場所や乗船場所での駐車場の有無などは、予約の際に
説明があったり、ホームページを案内されるので確認しておいたほうがいいですね。

屋形船は、1人でも集合時間に遅れると、出・帰港に影響するので、遅刻は厳禁です。

どの屋形船も、花火大会の時は人気なので、予約受付開始時期はなく
電話にて予約確認や問合せなど、随時できます
とにかく早めに電話あるのみです☆

>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会2016年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!
>>>【関連記事】隅田川花火大会のカップルにおすすめの厳選!穴場スポット!

屋形船に問い合わせて聞いたお得な情報!

基本的に屋形船は、花火大会時は稼ぎ時なので、とにかくより多くの人が乗船できるように、(※定員オーバーは無理ですが)(>_<) 予約は随時受け付けるそうです。
そして、キャンセルなどによって随時予約の変動があるので、
一度で諦めず、随時電話で問い合わせしてみると、タイミングによっては、キャンセルでの空きがあって、
予約可能になる場合もあるそうですよ。

スポンサードリンク

>>>隅田川花火大会のチケットを買うならこちら!

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ