年賀状 上司や社長に出す場合の文例は?失礼のないマナーもご紹介!

新年を迎えるにあたって、お祝いや今年も一年よろしくお願いしますといった気持ちを表す年賀状を送る習慣がありますね。

特に日頃お世話になっている、会社の上司や社長に年賀状を送る方も少なくありません。

会社の上司や社長など、目上の方に送る年賀状は、失礼の無いように家族や友達に送るような内容とは少し区別する必要が出てきます。

年賀状 上司に送る

今回は、年賀状を上司や社長に出す場合の文例や失礼のないマナーなどをご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状 上司や社長に出す場合の文例は?失礼のないマナーもご紹介!

自分を雇ってくれている社長、日頃から面倒をみていただき、時には厳しく時には優しく指導してくれる上司に対し、新年のお祝いやご挨拶を兼ねて年賀状を送るときは、キチンとした年賀状を送りたいものですね。

上司や社長など目上の方に対して、年賀状を送るときはいくつか注意するポイントがありますので下記に詳しくご紹介していきますね。

元旦に届くように送る!
当たり前ですが、会社の社長に年賀状を送るときには、元旦到着が必須です。2日や3日に届くのは、大変なマナー違反になりますので気をつけましょう!

元旦に到着させるためには郵便局が指定する日(12月25日が一般的)までにポストや郵便局に年賀状を投函する必要があります。

12月は仕事やプライベートなど何かと忙しくあっという間時間が過ぎてしまいます。

また、忘年会も多くなかなか時間を取れず年賀状作りが進まないことも十分に考えられますので、年賀状はできるだけ早めに用意するのがおすすめです。

万が一、年賀状を出すのが遅くなってしまった場合は、その地域の集配拠点になっている郵便局まで持って行くと、元旦に届けてくれる場合もありますので、一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

年賀状の書き方
年賀状は、基本的な構成に従って作るとまとまりのある簡潔な文章になります。

年賀状の構成は…

①新年の挨拶
②昨年のお礼
③今年のお付き合いや支援のお願い
④相手に対する祈念(皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます)
⑤自分の氏名、住所
になります。

新年の挨拶などの文言については、パソコンや印刷を使ってもかまいませんが、それだけでは何となく温かみのない文章になってしまいます。

「昨年のお礼」「新年の抱負」「今年のお付き合いや支援のお願い」などは、自筆で余白に書くとグッと親しみのある年賀状になりますよ。

新年の挨拶に略語は使わない!
もちろん「あけおめ」などの略語ではないですよ。

新春になるとに街などでよく見かける、「迎春」「慶春」「賀正」「賀春」は、省略した挨拶、つまり「略語」になりますので、目上の方に出す年賀状の挨拶として使うのは避けるのがマナーです。

ですので、上司や社長など目上の方への年賀状の挨拶は、「謹賀新年」「謹んで新春のお慶びを申し上げます。」など畏まった文言を使うのが基本です。

また、「新年あけましておめでとうございます」という書き方はNGなので注意しましょう。
「新年」と「あけまして」は同じ意味の重複表現となります。
実は書き方以前に日本語として間違っていますので、社長に限らず、年賀状でこのような書き方はしないようにしましょう。

句読点はつけない
年賀状などでは「。」「、」などの句読点をつけないのが正式なマナーです。

句点「。」を使うところでは改行、読点「、」を使うところは一文字分空けるなど読みやすいように工夫しましょう。

縁起が悪い言葉は避ける
新年に届く年賀状は、縁起のいいものです。年賀状の中はすべて「おめでたい表現」にするのがマナーです。

◆衰える ◆去る ◆破れる ◆滅びる ◆病む ◆絶える ◆失う ◆枯れる ◆倒れる

など縁起の悪い言葉は避けるのがマナーです。

出す前の注意点
最近では、社内の中での年賀状のやり取りは任意だったり、虚礼廃止徹底など年賀状を送ることを禁止している企業も増えています。

上司や社長に送る年賀状を準備する前に、社内ルールを必ず先に確認しておくきましょう。


スポンサードリンク

年賀状 上司や社長に出す場合の文例は?失礼のないマナーもご紹介!

例文①
謹んで年頭の御祝詞を申し上げます
旧年中は公私にわたりご親身なご指導ご鞭撻をいただき誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます

平成○○年 元旦
〒123-4567
東京都千代田区千代田△-△
□□部 ○○○○
例文②
謹賀新年
昨年は大変お世話になり有難うございました
昨年の経験を生かし 今年はご期待に応えるべく精進する所存でおります。
年頭にあたり、本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともに、ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

平成○○年 元旦
〒123-4567
東京都千代田区千代田△-△
□□部 ○○○○
例文③
謹んで新年のお慶びを申し上げます
旧年中は大変お世話になり有難うございました
新しき年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
本年も宜しくお願い申し上げます

平成○○年 元旦
〒123-4567
東京都千代田区千代田△-△
□□部 ○○○○
例文④
慶賀新春
皆様おそろいで良き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は仕事に慣れる事で精一杯のまま終わってしまったような気がします。
今年は、目標を明確に見定めて積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております本年もご指導とご鞭撻の程 何卒宜しくお願い申し上げます

平成○○年 元旦
〒123-4567
東京都千代田区千代田△-△
□□部 ○○○○

上記の例文は、上司や社長に送る一般的な文例になりますが、これだけではどこか事務的な印象を与えてしまいます

自筆で年賀状の余白に一言メッセージを付け加えると、グッと親しみや感謝が伝わる年賀状になりますので、是非一言メッセージをつけて送るようにしましょう!

年賀状に一言添える文例は?

●旧年中は、ご指導いただきありがとうございました。本年は○○達成に向けて邁進いたしますので、引き続きご指導の程宜しくお願いします。

●いつも親身にご指導いただきありがとうございます。まだまだ未熟で何かと至らないことも多々ありますが本年もよろしくお願いいたします。

●旧年中はゴルフに連れて行ってくださりありがとうございました。今年は○○様のスコアに近づけるように頑張りますので、またご一緒させてください。

●本年は○○プロジェクトを成功させるべく邁進しますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

など、今年お世話になったことや、来年の抱負などを一言添えるとグッと親しみのある年賀状になります。

まとめ

日頃お世話になっている上司や社長への年賀状は、ビジネスマンとして失礼の無いように送るようにしましょう!

また、虚礼にならないように、印刷の文言だけでなく一言感謝の気持ちや来年に向けての抱負を添えることで、温かみのある年賀状になります。

スポンサードリンク

年末は何かと忙しいので、ギリギリにドタバタしないように早めに準備することをおすすめします^^

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ