東京タワーイルミネーション2016 時間や期間&混雑具合は?

東京のシンボル「東京タワー」

東京タワーに冬の訪れを告げるライトアップイルミネーション。今年は、大展望台では「FUTURE TOKYO TOWER」をコンセプトに、未来の東京・未来の東京タワーをテーマに、未来の東京タワーを体感できる内容になっています。

街のイルミネーションの中に暖かく光る東京タワーのイルミネーションは、冬の東京の鉄板!毎年見逃せない風景ですよね^^

東京タワーイルミ2016

今回は、東京タワーイルミネーション2016年の時間や期間&混雑具合についてご紹介します。

スポンサードリンク

東京タワーイルミネーション2016 時間や期間は?

冬の街を華やかに彩る季節が今年もやってきます。

商業施設や遊園地、街中も一斉にイルミネーションで輝き、冬の訪れとともに、素敵な風景を運んでくれます。

なかでも、東京のシンボル「東京タワー」のイルミネーションは、タワーの輝きと街並みのイルミネーションとのコラボする景色が絶品です!

東京タワーイルミネーション2016年の時間や期間の詳細

◆期間:2016年11月3日(木・祝)~2017年2月28日(火)
◆点灯時間:【大展望台】17:30~22:30
【東京タワーライトアップ】日没~24:00
※季節により変動あり
◆住所:港区芝公園4-2-8
◆交通:【電車】都営大江戸線赤羽橋駅より徒歩約5分、東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩約7分
【車】首都高速芝公園ICより約2km
◆営業時間:大展望台・特別展望台 9:00~23:00(最終入場22:30)
◆料金:大展望台:(大人 高校生以上)900円、(子供 小中学生)500円、(幼児 4歳以上)400円、3歳以下無料
◆駐車場:200台(1時間600円 以降300円/30分)

点灯初日となる11月3日(木・祝)18時より、点灯式が開催され、冬の訪れを告げるタワーの様子を間近で体感できますよ!

例年ですと点灯式には、イベントが開催され、ゲストと一緒にカウントダウンとともに点灯!といった感じで、その瞬間は、思わず「わあ~!!」と、声が出てしまう綺麗さがあります。

点灯式の際は、ちょうど東京タワーを見上げるような感じになるので、迫力もありますよ!

間近で見た後は、夜景とライトアップされたタワーのコラボを少し離れた場所から眺めながら冬の訪れを感じるのもいいですね!

イルミネーションスポットとしてもお馴染みの、六本木ヒルズやその周辺から見ると、街並みのイルミとタワーのコラボが見事ですよ!

東京タワーのイルミネーションと言えば、タワー自体のライトアップ(外観)もですが、東京タワーの展望台でもこの時期ならではのイベントやライトアップが用意されています。

スポンサードリンク

大展望台では、「FUTURE TOKYO TOWER」をコンセプトに、未来の東京・未来の東京タワーをテーマに、近未来都市・東京を舞台としたショーやナイトアトラクションが楽しめる内容になっています。

詳細については、下記をご参照ください。

TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2016-2017の日程詳細

◆期間:2016年11月中旬~2017年4月下旬
◆場所:大展望台2F
◆点灯時間:17:30~22:30
※季節により変動あり

東京タワーイルミネーション2016 混雑具合は?

東京タワーのイルミネーションは、毎年、週末クリスマス時期年末年始に混雑します。

上記の時期に、タワーに直接行く場合には、駐車場は夕方頃から混雑し、特にクリスマス時期は満車状態になることが多くありますので、混雑時期に車で向かうのは避けるのがおすすめです。

また、タワーの混雑時間は、夕方から20時頃までで一旦落ち着くので、混雑を避けるのであれば、21時以降などの遅い時間帯にお出かけすると、比較的ゆっくりとイルミネーションを楽しめます。

また、平日は週末に比べると混雑は少なめですし、雨の日なども人出が減って混雑を避けることができます。

雨の日でも、イルミネーションの美しさは変わりませんし、タワー内から夜景などを楽しむ場合は、雨ならではの幻想的な雰囲気も楽しめるので穴場としてもおすすめです^^

イルミネーションは、どうしても日没後の時間帯に楽しむため、短い時間に人が集中しやすく、人が動きやすい週末やイベント時期のクリスマス・年末年始などは、混雑必至となります。

東京タワーの場合は、タワーのライトアップを楽しむこともできますので、混雑を避けて少し離れた場所から夜景とタワーのコラボを楽しむのも素敵ですよ!

自分だけのお気に入りのタワーのベストスポットを見つけに、街並みのイルミネーションを楽しみながら散策してみるのもおすすめです。

まとめ

冬のライトアップされた東京タワーは、「フォトジェニック(写真写りが良い)」なことからも、その姿をカメラに納めようと、毎年多くの人が訪れる人気のスポットでもあります。

混雑を避けるのであれば、平日や遅めの時間帯を狙って、自分のお気に入りのタワーを写真に納めるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

雪と東京タワーとライトアップという、この時期ならではのコラボも楽しみです。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ