山全体が桜色に染まる壮大な眺めを楽しめる春の「吉野山」。

吉野山の桜の本数は3万本ともいわれ、その光景は「千本桜」や「一目千本」などと親しまれています。

また、吉野山の桜の魅力は下千本~奥千本へとゆっくりと開花していきますので、見ごろが長く楽しめるのも人気のひとつです。

吉野山の桜

今回は、吉野山の桜2017年の見頃&駐車場情報や混雑具合や混雑回避方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

吉野山の桜2017年の見頃は?

吉野山の桜は、シロヤマザクラを中心に約200種類3万本もの桜が咲き誇り、新緑の若葉とともに山全体をコントラストで彩る豪華絢爛な光景が一面に広がっています。

吉野山は「下千本」「中千本」「上千本」「奥千本」と大きく4つのエリアに分かれており、下千本~奥千本へと桜の開花時期や見ごろ時期が異なるため、他の桜の名所よりも長い期間満開の桜を楽しむことができるんです。

また、日本全国にある桜の名所は、「花見」のために植栽されたり、管理されたりしていますが、吉野山の桜は「花見」のためではなく、信仰の桜として大切に保護されているので、どこか神秘的な桜を見るために毎年たくさんの人が吉野山に訪れます。

また、吉野山では桜の開花に合わせてライトアップも行われますので、日中の神秘的な桜からガラッと妖艶な雰囲気に変わる桜も見どころです♪

見頃:2017年4月上旬~下旬予定
(開花情報は2017年3月頃から順次発表予定)

時間:24時間開放

ライトアップ:18:00~22:00

料金:無料

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山

お問い合わせ:TEL 0746 321-007(吉野山観光協会)

公式HP:http://www.yoshinoyama-sakura.jp/index.php

例年では、3月29日頃から開花し始め10日前後かけて、下千本~奥千本へ順次開花していきます。

因みに、昨年の桜の見頃時期は下記の通りでした。

  • 下千本 4月4日~4月8日頃
  • 中千本 4月5日~4月10日頃
  • 上千本 4月7日~4月11日頃
  • 奥千本 4月12日~4月15日頃

今年も開花が昨年と同じ時期と予想されていますので、上記の見頃を参考に出かけられるといいかもしれませんね^^

特に、中千本の「一目千本」が満開の時期は、目の前が桜で埋め尽くされる一番の見頃となります。

>>>吉野山の桜の開花状況はコチラからご確認ください!

吉野山の桜アクセス方法は?

電車で向かう場合
●「京都」→近鉄特急(橿原神宮前)で「橿原神宮前駅」→さくらライナー(吉野行)「近鉄吉野駅」下車

●「京都」→近鉄京都線急行(天理行)「大和西大寺」→近鉄特急(橿原神宮前行)「橿原神宮前」」→さくらライナー(吉野行)「近鉄吉野駅」下車

スポンサードリンク
下千本に向かう場合
近鉄吉野線「近鉄吉野駅」からケーブルカーで約3分。
>>>吉野山のケーブルの時刻表や運賃、乗場案内はコチラから!
中千本に向かう場合
近鉄吉野線「近鉄吉野駅」から奈良交通バス約20分。「中千本公園」下車
車で向かう場合
●南阪奈道路「葛城IC」下車。直結の大和高田バイパスを明日香方面へ 「小房」で下車。「小房交差点」を右折し、国道169号線を吉野方面へ約17km

●西名阪郡山インターチェンジ下車国道24号線を進み169号線を経由して吉野方面へ


スポンサードリンク

吉野山の桜の駐車場情報は?

下千本駐車場
駐車台数 400台(大型バストラックも駐車可能)
料金 1日1500円(観桜期のみ)
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山24-1
設備:無料休憩所、公衆無線LANスポット(無料)、公衆トイレ(バリアフリー有り)、女性専用トイレ、公衆電話、ジュース自動販売機などがあります。
郊外駐車場
営業時間:07:00~18:00(入場は15:00まで)
駐車料金:1500円

※「吉野山観光駐車場」と「中千本公園」までシャトルバス有り

シャトルバス情報
運賃:無料
運行時間: 08:00(駐車場発)~17:30(吉野山発)
※観桜期の特定日のみ運行予定(4月の土日を運行予定)
吉野山観光駐車場
駐車台数:約400台
※大型バスも駐車可能
※観桜期間中は完全予約制
駐車料金:1500円(観桜期のみ)

※観桜期間中は、上記シャトルバス運行日以外でも、バス専用になることがあります。

如意輪寺駐車場
駐車料金:約200台
駐車料金:1500円(観桜期のみ)
(観桜期の大型バスの駐車は※要お問合わせ TEL:0746-32-3008)

観桜期のみオープンの駐車場もあります。

吉野山 駐車場&交通規制

車で吉野山に向かった場合、 観桜期は大変混雑しますので、下千本駐車場を狙っているのであれば早め行くのが鉄則です。

また、観桜期はシャトルバスが運行する「郊外駐車場」「中千本公園」を利用するのもおすすめです。

尚、観桜期は下千本駐車場からの約2km間が歩行者天国になる時間帯ありますので事前に確認して下さいね。

吉野山の桜の混雑具合や混雑回避方法は?

例年吉野山には、年間80~100万人もの人が訪れますが、観桜期には、その半数近い40万人ほどの人が桜の見頃に合わせて訪れますので、混雑は必至です。

特に車で訪れる場合は、国道169号線が毎年大混雑しますし、駐車場が満車になった場合は国道からの進入が規制されることもあります。

ですので、車で行く場合、混雑を回避するには早朝に吉野山に到着しておくことが一番の混雑回避方法です。

ただし、平日と週末では混雑時間も混雑具合もかなり変わってきます。

目安としては、平日は8時頃週末は7時前に吉野山に到着するようにしておくと比較的混雑を回避できるのでおすすめです。

上記でご紹介した駐車場も、午前中には満車になってしまうことも多いので、公共交通機関を利用しての向かうのも混雑回避にはおすすめです。

電車やバスの中は満車状態ですが、道路がバス専用になるので渋滞なしに吉野山につくことができます。

ただし、パーク&バスライド実施日などは事前にご確認ください。

また、数駅離れた駅の駐車場に停めて訪れるパーク&ライド方式で向かう方が、行きも帰りも渋滞に巻き込まれずにスムーズにできるかもしれません。

尚、吉野山の観桜期間にはお花見プランもあります。

こちらのお花見プランは、混雑時は待ち時間2時間程度のロープウェイに待たずに乗れる優先チケットがついていますので、吉野山までスムーズにアクセスできるのでおすすめです。

春の吉野山お花見プラン 日帰りコース
旅行代金:8,500円(税込)/大人1名
※事務手数料200円(税込)が別途必要となります
最少催行人数:15名様
※予約多数の場合は組数を増やします
※昼食付き
※吉野山ロープウェイ往復・吉野ケーブルバス片道ファーストチケット付き、名物のお弁当付き、蔵王堂特別拝観券付き、ミネラルウオーター1本付き、吉野・旅ともツアーズガイド付きです。
予約方法:http://www.yokb315.co.jp/tabitomo_haru/index.php
※人気のプランですのでお早めにご予約を!!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、吉野山の桜2017年の見頃&駐車場情報や混雑具合や混雑回避方法などについてご紹介しました。

1300年前から、神聖な場所として信仰を集めてきた吉野山。一目でこれほど多くの桜を一望できるのはここだけですので、是非一度見ていただきたいおすすめのお花見スポットです♪