茨城県の境町で行われる「利根川大花火大会」

スターマインや音楽に合わせて打ちあがる花火など必見のプログラムが盛りだくさんで、打ち上げ場所の距離が近いので、迫力ある花火を体感できちゃうのも嬉しいところ。

県内最大級の打ち上げ数も自慢の花火大会なので、迫力ある華麗な花火を間近で見るならおすすめの花火大会でもあります。

利根川大花火大会

今回は、利根川花火大会2018年の日程や駐車場&有料席情報をはじめおすすめの穴場スポット情報などご紹介します。

スポンサーリンク

利根川花火大会2018年の日程は?

今年で第33回目を数える利根川大花火大会。今年2018年の日程は下記のとおりとなっています。

利根川花火大会2018年の日程詳細

開催日時 2018年7月14日(土)19:30~21:00
※雨天順延
開催場所 さかいリバーサイドパーク「利根川河川敷」
打ち上げ数 約22,800発
交通 【電車】東武スカイツリーラインほか東武動物公園駅より朝日バス境車庫行きで約40分「境町」下車
【車】圏央道境古河ICより約5分、JR古河駅より約30分
駐車場 あり(有料、無料)
お問い合わせ先 0280-81-1319
境町役場内境町観光協会
公式HP http://sakaimachi.co.jp/

利根川大花火大会とは?

利根川花火大会は茨城県の小さな町、猿島郡境町で行われる花火大会ですが、その打ち上げ数は、茨城県内最大級を誇り、約22,800発もの花火が打ちあがる様子は圧巻の一言。

これだけの打ち上げ数のわりには、人出も少なめなので、打ち上げ場所付近での観覧もできちゃうのも嬉しいところ。頭上で大きく打ちあがる花火を体感できるのも魅力です。

また、茨城が誇る花火師である㈱山﨑煙火製造所、野村花火工業 ㈱と、2016年の土浦全国花火競技大会で内閣総理大臣賞を獲得した㈱紅屋青木煙火店を加えた3社による夢の花火共演も見どころで、こんな間近で有名な花火師さんたちの花火を堪能できる花火大会は見逃せません!

昨年は、約27万人もの人が訪れ、スターマインや音楽に合わせた打ち上げ花火など約2万発以上の打ち上げ内容にふさわしい盛りだくさんの演目が観客を魅了します。

を堪能するのもおすすめですよ!

第33回利根川大花火大会の内容

●セレモニー:18:00~
●花火大会:19:30~21:00

【境側】㈱山﨑煙火製造所 音楽花火、スターマインほか
【関宿側】野村花火工業㈱、㈱紅屋青木煙火店 尺玉打ち上げ花火、スターマインほか

利根川花火大会 駐車場&交通規制は?

利根川花火大会では、有料駐車場をはじめ、ある程度の無料駐車場スペースも用意されているのがうれしいところ。

駐車場情報は下記のとおりとなっています。
利根川大花火大会【有料駐車場】
●台数:約1500台
●金額:1台あたり当日1000円
●時間:入場は10~17時まで、退場は境大橋側で退出は20時以降
●場所:境リバーサイドパーク河川敷内
利根川大花火大会【無料駐車場】
●台数:各会場により異なる
●金額:無料
●時間:13:00~22:00
●場所:茨城県立境特別支援学校駐車場(約1000台)
文化村駐車場(約1000台)
※各駐車場からは、花火会場付近まで無料シャトルバスが運行されます。

利根川大花火大会の交通規制情報

花火大会当日は会場周辺で交通規制が実施されます。交通規制の時間帯は18:00~22:00ごろまでで、さかいリバーサイドパーク周辺の国道354号線などを中心に車両通行止めなどが実施されます。

車でアクセスされる方などは、交通規制前や解除後などは混雑が予想されますので余裕をもった行動を心がけましょう。

利根川花火大会 有料席情報&穴場スポットもご紹介!

利根川大花火大会をじっくりと鑑賞したい場合は、有料の桟敷席がおすすめです。

スポンサーリンク

有料席の内容は下記のとおりとなっています。

利根川大花火大会有料席の内容
●販売開始:2018/6/13 10:00~
※売り切れ次第終了となります。
●有料席の内容
【プレミアムマス席(最大6名)】5,000円(1セットの価格30,000円)
【マス席(最大6名)】3,500円(1セットの価格21,000円)
【プレミアム丸テーブル(4名)】5,000円(1セットの価格20,000円)
【テーブル席(4名)】3,000円(1セットの価格12,000円)
【アリーナワイド席(4名)】4,000円(1セットの価格16,000円)
【パノラマカメラ席(1人)】6,000円
【ライブ席(1人)】1,000円

>>>販売ページはコチラ

※各有料席の場所は下記の図をご参照ください。(※クリックで拡大できます。)
利根川花火有料席図

有料席のなかでも人気があるのが、プレミアム丸テーブルやテーブル席、アリーナワイド席などです。テーブルなどがあるとみんなで飲み食いしながら花火を楽しめますしね^^アリーナワイド席も有料席の後方にはなりますが、花火の全体をワイドに見れるのでおすすめです。

打ち上げ数も多く、年々来場者も増えているので、できれば有料席など確保してゆっくり花火をみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

今年は数量限定の椅子やテーブル、ハンモック等がプレゼントとしてお持ち帰りできる各VIP席が販売されます!

このVIP席のいいところが、すべてのVIP席には、エリア内のVIP専用トイレが使用できる特典があったり、コンシェルジュによる国定フード買い物代行サービス付きのスーパーVIPテーブル席(4名席)をなんかもあるようです!コンシュルジュって贅沢ですね~^^数量限定となりますので興味のある方はお早めに!

VIP席・販売席種
・スーパーVIPテーブル席
※チケット1枚で4名様までご入場いただけます。
※エリア内でコンシェルジュが17時~20時までドリンクや食べ物などの買い物を代行いたします。
※スーパーVIPテーブル席は、全員が揃っていなくても入場可能です。(リストバンドは入場代表者に4名様分を配布いたします。)
※(軽量式)ラウンジチェア4脚・アルミ式テーブル1台・ランタン1つをプレゼント

・VIPリバーサイドスペシャルハンモック席
※1名席となります。
※(軽量式)ハンモックセット一式をプレゼント

・VIPラウンジチェアー席
※1名席となります。
※(軽量式)ラウンジチェアードリンクホルダー付き1脚をプレゼント

◆販売開始日:6月13日10:00~
※先着順となります。
>>>販売ページはコチラ

利根川大花火大会の穴場スポットは?

利根川大花火大会は、最近ゆったりと見れる穴場な花火大会として徐々に来場者数も増えていている花火大会でもあります。

じっくりと見たいのであれば有料桟敷席での観覧がおすすめですが、有料席を逃してしまった場合のスポットとして下記の場所もご参考に!

利根川河川敷

利根川大花火大会は、利根川河川敷で開催されるため、利根川沿いであれば比較的広範囲の場所で見れます。

混雑が苦手なら会場から少し離れた河川敷に腰かけて見るのもおすすめです。

虫よけ対策などは万全に!

関宿にこにこ水辺公園

関宿側から見るの場合のおすすめスポットです。広々しているのでゆっくりと花火を見ることができますよ!

まとめ

関東エリアでも最大級の打ち上げ数を誇る利根川大花火大会。

でも花火の質は、とってもいいので近年徐々に人気の高まっている花火大会でもあります。

あと数年したら、関東エリアでも人気の花火大会になってしまうかもしれませんね。ゆっくりと迫力ある花火を見るなら、意外と穴場な利根川大花火大会おすすめです。