大垣花火大会2017年の日程や時間&駐車場は?場所取り時間やおすすめスポットは?

岐阜県大垣市で開催される「大垣花火大会」

大垣の花火の目玉といえば、直径500メートルもの大輪の華が夏の夜空を彩る「二尺玉」。

その迫力は、頭上に打ち上がる迫力もさることながら、打ち上がった後の光のシャワーが降り注ぐ様子は、大歓声があがるほどの圧巻。

二尺玉のほかにも、大垣の花火はミュージックスターマインなど充実したプログラムも見どころです。

大垣花火大会

今回は、大垣花火大会2017年の日程や時間&駐車場情報についてや、場所取り時間やおすすめスポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

大垣花火大会2017年の日程や時間は?

今年で第61回を迎える大垣花火大会。今年2017年の日程は下記のとおりとなっています。

大垣花火大会2017年の日程詳細

開催日時 2017年7月29日(土)19:30~21:00
※荒天、増水時は翌日に延期
開催場所 揖斐川河川敷 岐阜県大垣市東町
打ち上げ数 約3,000発
交通 【電車】JR東海道線、養老鉄道、樽見鉄道「大垣駅」より名阪近鉄バス岐阜聖徳学園大学行き「万石」下車徒歩約10分
【車】名神高速道路「大垣IC」から車約15分
駐車場 なし
お問い合わせ先 0584-81-3330(岐阜新聞・岐阜放送西濃支社)
公式HP http://www.gifu-np.co.jp/jigyo/hanabi16/2016hanabi04.shtml

大垣花火大会とは?

大垣花火大会は、毎年7月の最終土曜日に開催され、岐阜新聞・岐阜放送が昭和32年から行っている花火大会です。

なお、岐阜新聞主催による花火大会としては、長良川で開催される全国花火大会に次ぐ伝統を誇っています。

大垣花火大会といえば、「二尺玉」の打ち上げが有名で、20:0020:30打ち上がる2発の二尺玉はお見逃しなく!

上空500mまで一気に上昇し、体の芯まで響き渡る音とともに直径500mの光の大輪が華ひらく様は、目の前で見ると夜空一面を覆いつくすほどで、その迫力は圧巻。

約3,000発という打ち上げ数ではありますが、充実したプログラム内容や迫力ある花火で、見ごたえの花火大会となっています。

大垣花火大会 駐車場は?

大垣花火大会では、花火大会当日に臨時の駐車場などは用意されませんので公共の交通機関の利用がおすすめです。

なお、車で会場へ向かう場合は、駅周辺の有料駐車場などを利用することになりますが、花火大会当日、打ち上げ会場近くの有料駐車場などは、すぐに満車となってしまいますので、早めの確保がおすすめとなります。

駐車場は、「大垣駅」周辺が数が多いです。大垣駅周辺の市営駐車場を下記にご紹介します。

スポンサードリンク
  • 東外側駐車場
    【住所】東外側町2‐21
    【TEL】78-5346
    【形式】立体自走式
    【収容台数】200台
    【営業時間】終日(24時間)
    【料金】普通駐車 30分毎に100円
  • 丸の内駐車場
    【住所】丸の内2‐23
    【TEL】81-4134
    【形式】立体自走式
    【収容台数】251台
    【営業時間】7:00~22:00
    【料金】普通駐車 30分毎に100円
  • 清水駐車場
    【住所】清水町71
    【TEL】78-5695
    【形式】立体自走式
    【収容台数】230台
    【営業時間終日(24時間)
    【料金】普通駐車 30分毎に100円
  • 駅南駐車場
    【住所】高屋町1-149
    【TEL】81-4134
    【形式】平面自走式
    【収容台数】18台
    【営業時間終日(24時間)
    【料金】普通駐車 30分毎に150円(最初の20分は無料)
    ※駅南駐車場、駅北駐車場については無人ですので、お問い合わせは丸の内駐車場(81-4134)へお尋ねください。
  • 駅北駐車場
    【住所】林町5-23-7
    【TEL】81-4134
    【形式】平面自走式
    【収容台数】13台
    【営業時間終日(24時間)
    【料金】普通駐車 30分毎に150円(最初の20分は無料)
    ※駅南駐車場、駅北駐車場については無人ですので、お問い合わせは丸の内駐車場(81-4134)へお尋ねください。
また、花火当日は、打ち上げ会場周辺で17時から交通規制も実施されますので事前にしっかりチェックしておきましょう!

大垣花火大会 交通規制情報

大垣花火大会交通規制図

大垣花火大会が開催される日は、近くで長良川中日花火大会も開催されるため、周辺は大変な交通渋滞が発生します。

駐車場の確保の難しさや交通渋滞を考えると、車ではなく公共の交通機関を利用しての来場が一番かもしれません。

大垣花火大会の最寄り駅は?

●JR東海道線、養老鉄道、樽見鉄道「大垣駅」より名阪近鉄バス岐阜聖徳学園大学行き「万石」下車徒歩約10分

●樽見鉄道「東大垣駅」より徒歩約15分

大垣花火大会の場所取り時間やおすすめスポットは?

大垣花火大会は、やはり目の前で迫力ある花火を見るのが醍醐味!!とあって、揖斐川河川敷での鑑賞が一番のおすすめでしょう。

なお、同日には長良川中日花火大会も開催されるので、人出の多さを比較しても、意外と大垣の花火大会は穴場な気がします。

東海ではココでしか見られない大玉の花火は近くで味わいたいですしね!

打ち上げ会場周辺は、さすがにたくさんの人で賑やかですが、ちょっと離れるだけでも揖斐川河川敷は結構な広さがあるので、場所取りポイントはたくさんありますよ。

場所取り時間も、打ち上げ場所近くの特等席あたりはすぐに確保されてしまいますが、河川敷などは夕方18時すぎ頃でも、充分場所取り可能です。

花火は遠くから見る派の人には下記の観覧スポットもご参考に!

ソフトピアジャパンセンター

この複合ビルの13階には無料の展望ロビーが夜の21:30まで開放されています。

ここからは、大垣市を一望できて花火もきれいですよ。

イオンタウン大垣

毎年、大垣花火大会の時には、「EAST棟屋上駐車場北側」が花火観覧用に開放され、飲食ブースなども並んだりして、家族連れに人気です。

まとめ

大垣の花火は大輪の花火の華がきれいに川面に映る様子も素敵です。

できれば近くで、目の前に広がる大輪の花火を楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ