ストレッチ中の痛みは耐えるもの?筋肉痛になっても続けて大丈夫?

ストレッチ痛み

年を重ねるにつれて体の柔軟性は落ちやすいもの。

日ごろからストレッチなどを行って、しなやかな体を維持したいものですね。

最近では、開脚ブームなどもあり、ストレッチなどの運動を行う人が増えています。リラックス効果もあるので、自宅で手軽にできるエクササイズのひとつとしても人気があります。

ストレッチを行う際に、多少の痛みはガマンしてやるもの!と思っている人も少なくないものですが、本当にそうなのでしょうか?

ストレッチもやる前にしっかりと大事なポイントを抑えておくと、効果的に行えたり、なによりケガの予防にもなるものです。

今回は、ストレッチ中の痛みは耐えるもの?筋肉痛になっても続けて大丈夫?などストレッチを行う前に知っておきたいポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

ストレッチ中の痛みは耐えるもの?

ストレッチに対して「痛みを耐えてやってこそ効果が出る!」と思っている人いませんか?

実は、これは誤りです。

ストレッチを続けていいのは「イタ気持ちいい」程度までで、強い痛みを感じているのに続けてしまうと大事な筋肉やじん帯などを傷める原因になってしまうので注意が必要です。

また、ストレッチをがんばっているのに、なかなか可動域が広がらない場合は、ストレッチを行う際に力みすぎているのかもしれません。

力まかせのストレッチもケガの元!

例えば、ストレッチをやる際に、息を止めた状態では、筋肉に無意識に力が入ってしまいます。

これでは、せっかくストレッチを行っても、十分な効果が得られません。

ストレッチを行っているときは、自然呼吸を止めないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

フーッと深い息を吐かないと筋肉が伸びなかったり、息を止めてしまうというときは、負荷をかけすぎている可能性があります。

息を深く吐かなくてはストレッチできない場合は伸ばしすぎなども考えられます。ストレッチを行うときには、自然の呼吸を続けながら最初から最後までやることがポイントになります。

関連ストレッチを行う時間の目安は?効果的な時間帯やタイミング&回数ってあるの?

ストレッチで筋肉痛になっても続けて大丈夫?

運動不足の人がストレッチをはじめると、硬くなっていた筋肉が伸びることで、ストレッチ後に少し張ったり、翌日に筋肉痛が起こったりするときがあります。

軽い筋肉痛であればストレッチを続けても大丈夫ですが、痛みが強いときや、痛みを感じる部分が熱をもっているようなときは、症状が治まるまでストレッチは中止するようにします。

開脚すると痛みがあり、前より開かなくなっていたり、筋肉を押すと痛みがあったり、体を前に倒すと痛みを感じる、熱をもっているなどの症状がある場合は、肉離れを起こしている可能性があるため、早めに整形外科などを受診しましょう。

ストレッチを行う最適な時間と言われるのが、入浴後の筋肉が温まっている時間帯です。

スポンサードリンク

ストレッチの効果をよりアップさせる方法のひとつが、筋肉を温めてからストレッチをすると、温めることで痛みや張りが緩和され、ストレッチをしやすくなります。

入浴後のストレッチが無理な場合でも、屈伸をしたり、その場足踏みなどをしてある程度カラダを温めてから行うようにするだけでも有効です。

例えば、冬場などの寒い時期に体が冷えた状態でストレッチを行うよりも、少し体を動かして温まった状態でストレッチを行うことで、ストレッチの効果もアップするほか、ケガの予防にもつながります。

まとめ

ストレッチは、自然な呼吸でリラックスして行うのがより効果をアップさせるポイントです。

頑張りすぎて痛みをともなうストレッチは、オーバーワークになっている可能性が高いので注意しましょう。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ