謹賀新年&賀正&恭賀新年の意味は?賀詞の意味や選び方もご紹介!

謹賀新年666

元旦から1月7日までに届けるあいさつ状でもある「年賀状」

年賀状といえば、「賀正」「謹賀新年」「恭賀新年」などの賀詞が定番ですが、それぞれの意味について知っていますか?

また、「賀正」や「謹賀新年」などの賀詞の使い方には決まりがあるので、知らずに使っていると相手によってはマナー違反!となってしまうこともあるので注意が必要です。

今回は、年賀状によく使われる「謹賀新年&賀正&恭賀新年」などの意味についてや、賀詞の使い方や選び方などについてご紹介します。

スポンサードリンク

謹賀新年&賀正&恭賀新年の意味は?賀詞の意味や選び方もご紹介!

年賀状の冒頭に記す「あけましておめでとうございます」といった言葉は、「賀詞(がし)」といわれるもので、賀詞とは、祝いのことばや祝詞のことをいいます。

年賀状によく使われる賀詞として、「あけましておめでとうございます」などの文章での賀詞のほかにも、「賀正」や「謹賀新年」などがありますが、賀詞には、一文字のもの、二文字のもの、四文字のものなど種類があります。

一文字の賀詞
★寿:めでたい
★福:幸せ
★賀:祝い
★春:新年、年の初め
★禧:喜び
二文字の賀詞
★賀正(がしょう):正月を祝う
★年賀(ねんが):新年を祝う
★迎春(げいしゅん):新年(新春)を迎える
★新春(しんしゅん):新年、正月、新春
★頌春(しょうしゅん):新年をほめたたえる
★慶春(けいしゅん):新年(新春)を喜んで祝うこと
★賀春(がしゅん):新春を祝う
★寿春(じゅしゅん):新年(新春)を祝うこと
★初春(しょしゅん):新しい年、年の初め
★芳春(ほうしゅん):春が香る
★喜春(きしゅん):喜びの新年(新春)
★寿春(じゅしゅん):新春を祝うこと
★慶福(けいふく):めでたいこと、幸い、慶び
四文字の賀詞
★謹賀新年(きんがしんねん):謹んで新年をお祝い申し上げます
★謹賀新春(きんがしんしゅん):謹んで新しい年をお祝い申し上げます
★恭賀新年(きょうがしんねん):恭しく新年をお祝い申し上げます
★恭賀新春(きょうがしんしゅん):恭しく新しい年をお祝い申し上げます
★敬頌新禧(けいしょうしんき):恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます
★慶賀光春(けいがこうしゅん):輝かしい新年のお喜びを申し上げます
★慶祥麗春(けいしょうれいしゅん):うるわしい新春の到来を大いにお慶び申し上げます
文章の賀詞
★あけましておめでとうございます
★新年おめでとうございます
★新春のお慶びを申し上げます
★新年の御祝詞を申し上げます
★謹んで新年のお祝いを申し上げます
★謹んで初春のお慶びを申し上げます
★謹んで年頭のご祝詞を申し上げます
★新春を寿ぎご挨拶申し上げます

年賀状 賀詞の選び方のマナーは?

年賀状の賀詞は四文字のものが正式

年賀状の賀詞には「賀正」や「迎春」など二文字のものもありますが、二文字の賀詞は、目下の人に向けたことばなので注意が必要です。

スポンサードリンク

年上の方など目上の方に対しては、賀詞は「謹賀新年」、「恭賀新年」などの四文字の賀詞を用いるようにします。

親しい相手には二文字の賀詞もOK!

友人など親しい人へ送る年賀状であれば二文字の賀詞でもOKです。

なお、相手が目下や仲の良い友人であれば「寿」や「福」「賀」「春」などの一文字の賀詞や英語表記の「A HAPPY NEW YEAR」などでもよいでしょう。

相手を選ばず使える賀詞は?

上記のように四文字の賀詞である「謹賀新年」「恭賀新年」などは相手が誰であれ、失礼にはあたらない言葉になります。

「あけましておめでとうございます」や「謹んで新年のお祝いを申し上げます」、「謹んで年頭のご祝詞を申し上げます」などの文章の賀詞も相手を選ばず使える賀詞になります。

抑えておきたい!年賀状の基本的なマナー

年賀状は松の内までに届ける

年賀状は、季節の挨拶状のひとつです。

季節の挨拶状は送る時期も限られていますので、その時期内に届くように送るのがマナーでもあります。

そのため年賀状は、元旦から松の内(1月7日)までに届けるようにするようにしましょう。

できれば12月25日までに投かんし、元旦には相手に届くようにするのがベストです。

句読点はつけない

年賀状には句読点の「、」「。」をつけないのが慣例で、特に目上の方には控えるようにします。

元旦と元日の違い

年賀状に使われる言葉として「元旦」「元日」があり、「平成○○年元旦」と書くのが正しいのか?「平成○○年元日」と書くのが正しいのか?と戸惑う方も多いものです。

これは、「元旦」と「元日」のそれぞれの意味からくるもので、「元旦」の「旦」という言葉には「夜明け、日の出」という意味があり、これにより「元旦」は、「一月一日の朝」という意味になります。

逆に、「元日」は、「一月一日終日」を意味しているため、一月一日中に届くのであれば「元日」を用いるのが適しており、「一月一日の朝」に届かない場合に「元旦」を用いるのは最適ではないということからきています。

「元旦」も厳密には「一月一日の朝」という意味にはなりますが、「一刻でも早く新年のごあいさつを相手に伝えたい」という思いから使われているという意味合いもあることから、一般的には、「元旦」、「元日」どちらを用いても問題はありません。

スポンサードリンク

なお、年賀状が遅れてしまい一月一日に到着しない場合などには、「新春吉日」、「一月吉日」などを用いて、あえて「元旦」「元日」は使わないといったこともあります。

まとめ

年賀状で何気なく使う機会が多い賀詞ですが、それぞれに意味があり、使い方があります。

特に、相手との関係性によっては、失礼のないよう言葉を選ぶことも大切です。

せっかく素敵な文章を連ねても、賀詞の使い方が間違っていては台無しです。

年賀状を書く際には、覚えておきたい基本的なマナーかもしれませんね。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ