出雲大社010

縁結びの神様としても有名な「出雲大社」

年間をとして全国はもちろん、いまや世界からもたくさんの人が訪れる、日本でも有数の人気のスポットとなっています。

出雲大社へのアクセスは、飛行機、電車、高速バスなど様々ありますが、出雲に到着してからの観光も考えて車でのアクセスもおすすめです。

先日、車にて出雲大社へアクセスしてみたので、車でのアクセス法や駐車場情報などご紹介します。

スポンサードリンク

出雲大社へのアクセス方法 車の場合は?

縁結びの神様として知られるオオクニヌシノオオカミを祀る出雲大社。

オオクニヌシノオオカミは、「ムスビの大神」として、生きとし生けるものすべてが幸福になるための「縁」を結んでくれる神様として、男女の縁、子宝の縁、仕事やお金の縁など、様々な縁を結んでくれる神様なのです。

近年は、全国でも有数のパワースポットとしても人気が高く、ご縁を求めて多くの人が訪れています。

出雲大社の詳細情報

●住所:島根県出雲市大社町杵築東195

●営業時間:参拝可能時間 6:00~20:00

●御守所:6:00~20:00
※16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。

●定休日:年中無休

●駐車場:あり(385台)

●料金等:【宝物殿】大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料
【彰古館】大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円

●交通:【車】山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ車で20分。
山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ車で約30分

【電車】一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分
JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「出雲大社」バス停下車徒歩約1分

●お問い合わせ先:0853-53-3100

●公式HP:http://www.izumooyashiro.or.jp/

人生で一度は行ってみたい出雲大社。

先日、ようやくご縁が巡り、出雲大社を訪れる機会がありました。

出雲大社がある島根県は、これまで訪れたことがなく、「さて、どうやって行こうかな?」とまずは、アクセス方法からいろいろと調べてみたのでご紹介します。

ちなみに、今回は関西方面から行く場合のアクセス方法となりますのでご参考に!

スポンサードリンク

出雲大社に飛行機で行く場合の時間や料金は?

飛行機で出雲大社を目指す場合、ANA利用の最寄り空港は「米子鬼太郎空港」で、JAL利用の最寄り空港は「出雲縁結び空港」となりますが、「米子鬼太郎空港」へは羽田からの便しかないので必然的にJAL利用となります。

JALの大阪(伊丹・関西)から出雲縁結び空港への料金や時間は下記をご参照ください。

●出発地:大阪(伊丹・関西)
●到着地:出雲
●所要時間:1時間
●料金:【普通運賃】21,500円(片道)
【往復割引】19,400円
【特便割引】14,400円
※特便割引とは、搭乗日2カ月前9時30分からご搭乗日の3日前までの予約購入での適用割引サービスです。予約の変更は不可。ご予約便に限り有効。

そして、空港から出雲大社へのアクセスは、調べた結果、港から出ている連絡バス(料金700円)で「JR出雲市駅」へ行き、駅からバス(料金510円)で出雲大社へ向かうのが一番スムーズっぽい。

空港から出雲大社への所要時間は、およそ1時間15分程度

出雲大社に新幹線で行く場合の時間や料金は?

新大阪から出雲大社へは、岡山まで新幹線を利用して、岡山からはJRを利用して「JR出雲市駅」を目指し、そこからは私鉄を利用して出雲大社を目指します。

スポンサードリンク
●新大阪⇒岡山 (自由席)5,500円、(指定席)6,230円 所要時間50分
●岡山⇒JR出雲市駅 (特急)6,900円 所要時間3時間13分
<一畑電車北松江線に乗り換え>
●電鉄出雲市駅⇒川跡駅 (料金)490円 所要時間約20分
<一畑電車大社線に乗り換え>
●川跡駅⇒出雲大社前駅
●出雲大社前駅⇒出雲大社 徒歩約16分

東京からだと、他にも寝台特急(サンライズ瀬戸・出雲)を使ったアクセスもあるようですが、これは上りの東京行きのみ停車で、下りは深夜のため乗車扱いがありません

寝台特急で出雲を目指すって雰囲気があって素敵なんですが、これは残念。

出雲大社に車で行く場合の時間や料金は?

車で大阪から出雲大社を目指す場合、「中国自動車道経由」、「山陽自動車道経由」、「山陽自動車道&松江自動車道経由」の3種類のルートが一般的ですが、一番早くて便利なのが阪神高速経由で中国自動車道を利用するルートがおすすめです。

中国自動車道経由 
●料金:【通常】8,410円【ETC料金】6,100円【深夜料金】5,790円
●所要時間:約4時間30分

主な主要経由ルートは下記のような感じです。

吹田
吹田SA
豊中
中国池田
落合JCT
米子JCT
米子西
東出雲
松江玉造
出雲

車の場合は、途中の休憩時間も考慮しつつ時間の計算が必要です。

出雲大社の駐車場の料金や混雑状況は?

出雲大社のいいところは、駐車場が充実しているところかもしれません。

私も車で出雲大社に向かって心配だったのが駐車場でした。

なにせ、出雲大社は広大な境内ですので、ぶらぶらと歩いてまわるなら、駐車時間は余裕をみておいたほうがいいですし、やはり人気の高いスポットなので、駐車場の確保に悪戦苦闘するのでは!?と、心配でした。

ですが、行ってみてびっくり!出雲大社周辺には充実した駐車スポットが点在していたので、スムーズに駐車して出雲大社巡りをすることができました

また、うれしいことに、用意されている駐車場のほとんどが「無料!!」なんです。

なんて太っ腹な出雲さん!!懐の深さをこんなところでも感じさせてくれました^^

その時の観光マップに駐車場の記載もありますので、駐車場の場所などご参考に!

出雲大社のおすすめ駐車場は?

車を利用する人の多くが、出雲ICから北上し、神門通りを通って出雲大社を目指すため、「出雲大社駐車場」「神門通り広場駐車場」を利用する人が多いようです。

出雲大社周辺図

私も、迷わずに出雲大社から一番近い「出雲大社駐車場」を利用したんですが、広々としていて、観光バスなどの利用もたくさんありましたが、普通自動車の駐車スペースは余裕がありました。

出雲大社への参拝だけであれば、一番最寄りの「出雲大社駐車場」や「みせん広場駐車場」などがおすすめです。

出雲大社の参拝のほかにも神門通りの散策もするのであれば、「神門通り広場駐車場」や「ご縁広場」などを利用してゆっくりとぶらぶらと、散策を楽しんでみるのもいいかもしれません。

「ご縁広場駐車場」から出雲大社までは徒歩で約15~20分程度ですが、「宇迦橋」「宇迦橋の大鳥居」などを順番にめぐることができるのでおすすめですよ。

宇迦橋の大鳥居から見上げる出雲大社は圧巻です^^

まとめ

出雲大社へのアクセスは、自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが一番ですが、駐車場も充実しているため、車でのアクセスでもストレスなく楽しめました。

また、出雲大社の観光の他にも、ちょっと足を延ばして、玉造温泉や境港などの観光なども計画できたりしてフットワーク軽くまわれるので、車での観光もおすすめですよ!

関連記事