五月人形誰が買う?

赤ちゃんが初めて迎える節句を「初節句」といい、お祝いをします。

女の子なら3月3日の桃の節句、男の子なら5月5日の端午の節句ですね。

節句には五月人形を飾り、お祝いしますが、

「初節句の人形はどちらの実家が贈るものなの?」と疑問に思う方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、五月人形は誰が買うもの?母方父方のお祝いの仕方&購入時期などについてご紹介します。

スポンサードリンク

五月人形は誰が買うもの?母方父方のお祝いの仕方&購入時期は?

初節句とは?

初節句とは、赤ちゃんが生まれていちばん最初に迎える「節句」のことです。

女の子は、3月3日の桃の節句男の子は5月5日の端午の節句が初節句の日となり、子どもの成長や幸せを願いお祝いします。

なお、初節句が誕生後3か月以内にくる場合は、母子の負担を考えて、実際のお祝いを翌年に延ばしてもかまいません。

初節句の五月人形は誰が買うものなの?

本来、節句飾りは、男児、女児に限らず、妻の実家から贈られるのがしきたりで、岩田帯にはじまりお宮参りの晴れ着、お食い初めの漆器、七五三の晴れ着など、すべて妻側の実家が負担するものでした。

これは、昔は結婚すると女性は男性側の家庭(親御さんと同居)に入る場合がほとんどで、結婚(嫁入り)すると、嫁側の両親は、娘はもちろん孫に会いたくてもなかなか会いに行くのは困難なのが一般的でした。

そのため、祝いごとの度にお祝いの品を持ってたずねていくのが、娘や孫に会えるよいきっかけとなっていたのです。

こういったことから、節句飾りは妻の実家から贈られるのがしきたりとして残っていったのです。

しかし現在では、時代とともにこのしきたりも薄れつつあり、節句飾りなどすべて妻側が用意するとなると負担が多く偏ってしまうこともあったり、妻側・夫側双方が平等にお祝いをするという理由などから、最近は双方の実家で折半して贈ることが多くなっています。

スポンサードリンク

また、現代では昔とは住環境も変化し、節句人形を飾るスペースに限りがある場合もあったりするため、住宅事情や趣味に合わせて子どもの両親が節句人形を選び購入し、費用の足しに、と両親が現金を贈ることも増えています。

昔ながらのしきたりもありますが、それにこだわる必要はなく、それぞれで相談し、負担の偏りがないよう配慮しながら、子どもの初節句をみんなでお祝いする形が、現在では一般的となっているようです。

初節句の五月人形はいつ頃までに贈るの?

甥の初節句 お祝い金の相場は?渡す時期&のし袋の書き方など初節句のマナーをご紹介!
男の子の初節句は、5月5日の「端午の節句」に五月人形やこいのぼりを飾ってお祝いをします。

五月人形のよろいかぶとや武者人形、金太郎、こいのぼりなどの飾り付けは、5月5日1か月から2週間前までにすませます。

このことから、飾り付けに間に合うよう、五月人形を贈る場合には、5月5日の初節句の1か月前までには届くように手配するようにしましょう。

初節句に現金を贈る場合はどうする?

子どもの両親などと話し合い、初節句にお祝いとして現金を贈ることも増えています。

初節句のお祝い金の水引は、紅白蝶結びのものを用いて、表書きの上段には、「御祝」、「初節句(供)御祝」、男の子の場合であれば「御初幟祝(おんはつのぼりいわい)」と書き入れ、下段には贈る人の氏名を書き入れます。

金額の相場や詳しいマナーについては下記の記事もご参考に!

スポンサードリンク
関連男の子の初節句 祖父母が贈るお祝い金の相場は?渡す時期やのしの書き方などをご紹介!

関連甥の初節句 お祝い金の相場は?渡す時期&のし袋の書き方など初節句のマナーをご紹介!

まとめ

五月人形などの節句人形の贈り方も時代とともに、妻側の実家というよりは、みんなで喜びを分かち合える方法を選ぶといったスタイルが多くなっています。

昔ながらのしきたりも大事なときもありますが、それぞれのご家庭のスタイルで、まずは子どもの成長をみんなで喜べることをいちばんに考えるのが大切かもしれませんね。

これからの健やかな成長を願い、みんなで笑顔でお祝いしてあげたいものですね。