花火の打ち上げ数が多い花火大会は?

日本の夏の風物詩といえば、花火大会ですね。

日本の花火は世界一ともいわれるほどで、「世界一華麗な芸術美」とも称されます。

夏の夜空に大きく花咲く尺玉や、怒涛のスケールとボリュームで夏の夜空を激しく彩る連発花火など、花火大会といえどもその見どころは様々です。

花火大会の人気の要素のひとつとして、「花火の打ち上げ数」があります。

短時間の間に、次々と打ち上げられる花火は、その打ち上げ数によっても迫力度が増していくので、打ち上げ数が多い花火大会は人気の高い花火大会になる傾向があります。

そこで今回は、花火の醍醐味のひとつでもある打ち上げ数の多い花火大会や日本一の打ち上げ数を誇る花火大会はドコ?などをランキング形式でご紹介します。

いったい、どこの花火大会が打ち上げ数日本一の花火大会になるのでしょうか!?

スポンサーリンク

花火の打ち上げ数が多い花火大会は?

打ち上げ数 第5位 「北海道真駒内花火大会」「ハウステンボス 九州一花火大会」

北海道真駒内花火大会の2018年の日程は?
北海道真駒内で開催される「北海道真駒内花火大会」は、およそ2万2千発の打ち上げ数を誇る道内最大級の花火大会です。

また、世界の音楽花火コンクールで活躍する「丸玉屋」と、全国花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞する「紅屋青木煙火店」が今年も北海道の夜空を華やかに演出してくれます。

「北海道真駒内花火大会」は、花火だけでなく、音楽や照明、炎などをシンクロさせるなど、趣向を凝らした演出は、ここでしか見ることができません

打ち上げ数 2万2千発

日程:2018年7月7日(土)

時間:19:50~20:50(雨天決行。荒天の場合は翌日に延期)

場所:真駒内セキスイハイムスタジアム

交通:<電車>地下鉄「真駒内駅」から徒歩約30分
※当日は、「真駒内駅」より片道210円でシャトルバスが運行致します。
お帰りの際も、会場から地下鉄真駒内駅までシャトルバスがございます。

お問合せ:011-841-8166 真駒内花火大会実行委員会(平日10:00~18:00)

公式HP:http://www.makomanai-hanabi.com/

ハウステンボス 九州一花火大会の2018年の日程は?
長崎県佐世保市で開催される「ハウステンボス 九州一花火大会」は、打ち上げ数2万2千発を誇る九州地方最大級の花火大会です。

「ハウステンボス 九州一花火大会」では、「世界花火師協議会」と銘打って、日本で活躍する花火師と、世界で活躍する花火師がその技術を競い、世界一の花火師を決める大会が行われます。

予選を勝ち抜いた花火師が、お互いのプライドをかけ世界一を目指して、レベルの高い花火を魅せてくれます。

「ハウステンボス 九州一花火大会」では、日本の花火だけでなく、世界の花火が夜空に華麗な花を咲かせるところも見どころですよ!

打ち上げ数 2万2千発

スポンサーリンク

日程:2018年9月22日(土)

時間:18:45~21:00

場所:ハウステンボス

交通:<電車>JR「ハウステンボス駅」下車

お問合せ:0570-064-110(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)

公式HP:http://www.huistenbosch.co.jp/event/fireworks/kyushu_autumn/

打ち上げ数 第3位 全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火

ふくろい遠州の花火の2018年の日程は?
静岡県袋井市で開催される「ふくろい遠州の花火」は、全国から選抜された名人級の花火師たちが、文部大臣科学大臣賞の名誉を目指して競い合う日本最高峰の芸術性の高い花火大会です。

「ふくろい遠州の花火」は、美術や芸術などを鑑賞するのと同じように、花火を芸術作品として魅せることを強く意識した大会でもあり、花火と音楽を融合させるなど、花火をひとつのショータイムとする全国でも数少ない取り組みが行われる花火大会でもあります。

スポンサーリンク

「ふくろい遠州の花火」は、プロの花火師が「見逃したくない美しい花火大会」と絶賛するほどのレベルの高い花火大会です。

打ち上げ数 約2万5千発

日程:2018年8月11日(土)

場所:静岡県袋井市 原野谷川親水公園(はらのやがわしんすいこうえん)

交通:静岡方面からのお越しは、JR愛野駅から徒歩20分
浜松方面からのお越しは、JR袋井駅から徒歩20分

お問合せ:0538-42-6151 (ふくろい遠州の花火実行委員会)

公式HP:http://www.fukuroi-hanabi.jp/index.html

打ち上げ数 第2位 うつのみや花火大会

うつのみや花火大会の2018年の日程は?

今年、この花火の打ち上げ数でトップ5に入ってきたのが「うつのみや花火大会」!!

今年は、打ち上げ数を30,000発にスケールアップして圧巻の花火を楽しめます。30,000発の花火なんてなかなか見れるものじゃないですからね~。

また、うつのみや花火大会では「花火の絵展覧会」で募集した子どもたちの作品が実際の花火として打ち上がったり、大切な人にサプライズで思いを伝える「ことだま花火」など、市民参加型の楽しいイベント花火も見逃せません!!

ボランティアの有志によって開催される本当に地元の人たちに愛される花火大会が着実に成長している感じで、花火を見ていても胸が熱くなるいい花火大会ですよ~。

打ち上げ数 約3万発

日程:2018年8月11日(土)

場所:栃木県宇都宮市 宇都宮市道場宿緑地

交通:【電車】JR東北本線ほか宇都宮駅東口より関東バスで約30分「柳田車庫」下車徒歩約16分
【車】北関東道宇都宮上三川ICより約12km

お問合せ:028-600-3980 (特定非営利活動法人うつのみや百年花火)

公式HP:http://www.utsunomiya-hanabi.jp/

花火の打ち上げ数日本一は?

諏訪湖祭湖上花火大会

花火の打ち上げ数日本一を誇るのは、長野県諏訪市で8月に開催される「諏訪湖祭湖上花火大会」です。

この諏訪湖祭湖上花火大会の打ち上げ数は、おおよそ4万発にもおよびます。

一般的に打ち上げ数1万発を超えると、大規模な花火大会の部類に入りますが、「諏訪湖祭湖上花火大会」は、1回の花火大会で大規模な花火大会の4回分もの花火を打ち上げているんです!

また、日本一の花火打ち上げ数を誇り、「全国の行ってよかった花火大会」にも毎年ランキングされる人気の花火大会です。

諏訪湖祭湖上花火大会には、毎年全国から50万人以上の人が諏訪湖祭湖上花火大会を楽しみに長野県にやってきます。

諏訪湖祭湖上花火大会の魅力は、打ち上げ数だけではありません!

全長約2㎞を誇る国内最大規模の巨大なナイアガラの壮大な姿は、まさに圧巻です!

水中スターマインは、描いた半円の花火が、湖面に映る姿で完全な花火の姿を魅せるなど、打ち上げ花火の中でも技術的難易度の高いものも楽しむことができます。

諏訪湖祭湖上花火大会の何といってもすごいのが、四方を山で囲まれている場所で打ち上げられるため、花火の音や振動が山に反響し、花火のパワーを体の芯まで感じることができる花火の迫力は、他では味わうことができません!

諏訪湖祭湖上花火大会の2018年の日程は?
日程:2018年8月15日(水)

時間:19:00~21:00頃(雨天決行)

場所:諏訪市湖畔前諏訪湖上

交通:<電車> JR「上諏訪駅」西口から徒歩8分
<車> 中央道「諏訪IC」下車、約15分(通常時)
※当日は会場周辺で交通規制あり(15:00~23:00予定)

駐車場:駐車場情報はコチラをご覧ください!

お問合せ:0266-52-4141 (諏訪湖祭実行委員会(諏訪市観光課内))

公式HP:http://www.suwako-hanabi.com/kojyou/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、全国でも指折りの打ち上げ数を誇る花火大会をご紹介しました。

上記にご紹介した花火大会は、規模・迫力ともにスケールの大きい花火大会ですので、一度は体感してもらいたいものばかりです!

今年はどこの花火大会に行かれますか?