えびな市民祭り花火田

海老名市の夏の最大のイベント「えびな市民まつり」のフィナーレを飾る花火大会。

えびな市民まつりのグランドフィナーレを飾るスターマインは迫力満点ですよ!

また、今年からは海老名市民の皆様からの募金を募り、前回までの打上数を超える2500発もの花火が打ち上げられます。

今回は、えびな市民祭り花火大会の日程や時間について、駐車場や混雑状況、穴場なスポットについてもご紹介します。

スポンサーリンク

えびな市民祭り花火大会の日程や時間は?

今年2018年の日程は下記のとおりとなっています。

えびな市民祭り花火大会2018年の日程詳細

開催日時 2018年7月22日(日)19:40~20:00
※荒天時は中止
開催場所 海老名運動公園周辺
打ち上げ数 約2,500発
交通 【電車】JR相模線・小田急線・相鉄線海老名駅および市役所より無料シャトルバスで約20分
駐車場 なし
お問い合わせ先 046-235-4794 えびな市民まつり実行委員会事務局
公式HP http://www.city.ebina.kanagawa.jp/
海老名運動公園
花火大会打上場所

えびな市民祭り花火大会とは?

えびな市民祭り花火大会は、海老名市の夏の恒例イベントでもある「えびな市民まつり」のフィナーレとして開催される花火大会で、約20分間で2500発と規模を聞くとやや少なめと感じますが、短い時間にドンドン打ち上がりますので迫力は満点です!

えびな市民まつりの主なスケジュールは?

  • ブース出店(えびなバザール)
    飲食、物販、バザー、姉妹都市の宮城県白石市、北海道登別市の物産展などのブースが出店。
  • ステージ(えびなバザール、サマービーチランド)
    キッズダンス、よさこい、舞踊、フラダンスなどのステージ。
  • みこし、はやし
    6基のみこしの練り歩きと、市内16地区のはやし演奏。
  • 花火大会
    19:40~20:00の20分間で2500発の花火が海老名市の夜空を彩ります!

また、えびな市民まつりでは、陸上競技場、プール前広場、多目的広場、冒険広場・総合体育館、疎林広場など5つの会場を設けて、それぞれ異なるコンセプトで来場者を楽しませてくれます。
えびな市民まつり 会場案内図

えびなバザール[陸上競技場]
市民まつりのメイン会場です。飲食や物販のブースが軒を連ねたり、ステージでイベントも行われます。
サマービーチランド[プール前広場]
フラダンスやキッズダンス、舞踊などステージが行われます。
防災消防ランド・雪でアソビナ[多目的広場]
消防車両の乗車体験やNEXCO中日本の道路維持車両、自衛隊車両の展示、防災ブースの出店など、普段なかなか触れることのできない展示品がたくさんあり、子どもたちに人気のエリアです。
キッズランド・ニュースポーツランド[冒険広場・総合体育館]
子どもが楽しめるアトラクションやブースが設置されています。おなじみの玉入れやドッチビーなど、ニュースポーツを体験できます。
ポニーふれあい広場[疎林広場]
ポニーの引き馬や馬車などの乗馬体験ができます。ファミリーやカップルに人気のエリアです。
※上記は過去のものを参考にしていますので、変更になる場合があります。

えびな市民祭り花火大会 駐車場&混雑状況は?

えびな市民まつりの会場である海老名運動公園の駐車場は、交通規制が行われていますので、利用することができません。

スポンサーリンク

ただし、周辺に臨時駐車場が設置されますので、車で来場される方は係員の指示に従って下記の駐車場に停めてくださいね。

海老名市役所臨時駐車場
●住所:海老名市勝頼175-1
会場までは無料シャトルバスを利用
中新田小学校臨時駐車場
●住所:海老名市中新田1-15-1
会場まで徒歩16分
社家小学校臨時駐車場
●住所:海老名市社家678
会場まで徒歩16分

えびな市民まつりは、朝から行われていますので基本的に駐車場は午前中の内に満車になることがほとんどですので、車で行かれる場合は早めの確保が鉄則になります。

ですので、花火大会の時間をめざしてこられる場合は、海老名駅からシャトルバスが運行していますので、公共交通機関を利用するか数駅離れた駅の駐車場に車を停めて来場するパーク&ライドで行かれることをおすすめします。

えびな市民まつりの交通規制情報!

えびな市民まつり開催当日は10:00~21:00の間下記の通り交通規制が行われますので、事前にご確認ください。

えびな市民まつり 交通規制図

※上記は過去のものを参考にしていますので、変更になる場合があります。

えびな市民まつりのシャトルバス情報!

えびな市民まつりでは、「海老名駅東口ロータリー」および「海老名市役所」より20分間隔で無料のシャトルバスが運行します。

えびな市民まつりの混雑具合は?

えびな市民まつりは、毎年14~15万人以上の方が訪れる神奈川県海老名市の夏の風物詩です。

朝から5つのエリアで様々なイベントが行われており、屋台なども90店舗以上軒を連ねますので、お昼時や夕方~花火大会開始前までは行列ができていますので、混雑を避けるのであれば、午前中か、14:00~17:00ぐらいなどは比較的すいていますのでおすすめです。

えびな市民祭り花火大会 穴場なスポットもご紹介!

えびな市民まつりの花火大会は、毎年14~15万人を超える方が観覧にくる人気の花火大会です。

ですが、海老名運動公園は広い公園ですので、どこからでも花火を観覧することができます。

スポンサーリンク

あえて穴場スポットを紹介すると、海老名運動公園の対岸にある「旭スポーツ広場周辺」です。

多くの方は、えびな市民まつりを楽しんだ後に花火大会の観覧をされる方が多いので、海老名運動公園に集中する傾向があります。

しかし、対岸に行くにはグルッと回らなければなりませんので会場に比べて混雑が少ないです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、えびな市民祭り花火大会の日程や時間について、駐車場や混雑状況、穴場なスポットについてもご紹介しました。

夏の訪れと告げる「えびな市民まつり」に是非足を運んでみてくださいね^^