葛飾納涼花火大会の有料席発売日は?チケット入手方法のまとめ!

葛飾花火大会②

今年は第50回ということで、例年よりも10分延長して、打ち上げ数も増加して行われる「葛飾納涼花火大会」。

打ち上げ会場に面した有料指定席は、一番の絶景特別スポット!葛飾の美しい花火をゆったりと鑑賞できますよ。

今回は、葛飾納涼花火大会の有料席発売日&チケット入手方法の詳しい情報をご紹介します。

>>>【関連記事】2016年の葛飾納涼花火大会の日程、混雑回避やおすすめスポットなどはコチラ!
>>>【関連記事】2015年の葛飾納涼花火大会の情報はコチラもご覧ください!

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会の有料席発売日は?チケット入手方法のまとめ!

葛飾納涼花火大会の有料指定席の販売日&販売期間の詳細は下記のとおりとなっています。

葛飾納涼花火大会の有料指定席の詳細

◆2016年年5月21日(土)10:00~ 7月26日(火)正午まで

※売切れ次第終了となります。

有料指定席の種類と金額

◆2人マス席【1マス/7000円 ビニールシート敷】
※1マスで2人まで入場可
※設置数:1107マス

◆4人マス席【1マス/10000円 ビニールシート敷】
※1マスで4人まで入場可
※設置数:361マス

◆グループ席【1マス/12000円 ビニールシート敷】
※1マスで6人まで入場可
※設置数:58マス

座席場所は、打上場所の近くからAブロック、Bブロック、Cブロックとなり、購入時に選択が可能です。
会場図や有料指定席の位置は下記をご参照ください。

>>>葛飾納涼花火大会の会場図はコチラ

>>>有料指定席【Aブロック位置図】はコチラ

>>>有料指定席【Bブロック位置図】はコチラ

>>>有料指定席【Cブロック位置図】はコチラ

葛飾納涼花火大会の有料指定席の入手方法は?

葛飾納涼花火大会の有料指定席は、チケット業者による委託販売(インターネット、コンビニエンストア等での販売)にて行われます。

区役所および実行委員会事務局等での販売は行われていませんのでご注意を!

スポンサードリンク
◆電話で購入する場合
チケットぴあ
【電話】0570-02-9999
※自動音声24時間対応。5/21(土)は10:00~
◆インターネットで購入する場合
チケットぴあ
【ホームページ】http://t.pia.jp/
※パソコン、携帯電話、スマートフォン共通
◆店舗で購入する場合
チケットぴあ
【店舗】区内は1店舗:亀有ゆうろーど・サービスカウンター(亀有3-21-6)、各店舗営業時間内
◆コンビニで購入する場合
セブンイレブン店内端末
【申込番号:632-579】
※申込みには上記の6桁のPコードが必要です。
※24時間。5/21(土)は10:00~

サークルKサンクス店内端末
【申込番号:632-579】
※申込みには上記の6桁のPコードが必要です。
※午前7時から午後11時30分まで。5/21(土)は10:00~

お問い合わせ先
【チケットぴあ】0570-02-9111
※オペレータと直接話される場合は、自動音声に従い9#を押してください。
※オペレータの対応時間は午前10時から午後6時までです。

>>>>【関連記事】2016年の葛飾納涼花火大会の日程、混雑回避やおすすめスポットなどはコチラ!
>>>【関連記事】2015年の葛飾納涼花火大会の情報はコチラもご覧ください!

有料指定席を購入時の注意事項

※販売金額の他に各種手数料が掛かります。詳しくは、チケットぴあ利用料一覧(http://t.pia.jp/guide/charge.html)をご覧ください。
※先着順の発券となり、座席番号の指定購入はできません。

葛飾納涼花火大会の有料指定席販売は、上記のように【Aブロック~Cブロック】の3つのブロックに区割りされており、チケット申し込み時に、この各ブロックの指定までは可能ですが、各ブロック内の座席指定まではできません

葛飾納涼花火大会のチケット入手のコツは?

葛飾納涼花火大会の有料席チケットは、5月から販売されるとあって、毎年楽しみにされている方は発売日とともに入手される方が多いようですが、「うっかり忘れてた!」という人や「もう販売してるんだ!?」と、6月後半になって近づいてから入手する方も多いため、発売日から日数が経っていても諦めず、まずは入手を試みることをおすすめします。

チケットキャンプ

>>>>【関連記事】2016年の葛飾納涼花火大会の日程、混雑回避やおすすめスポットなどはコチラ!
>>>【関連記事】2015年の葛飾納涼花火大会の情報はコチラもご覧ください!

まとめ

葛飾の花火は、日本最古の花火「和火」が見られる花火として、多くの人が訪れる由緒ある花火大会です。

有料席だと、場所取りも必要ないのでゆったりと花火を堪能できるのが魅力です。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ