隅田川花火カップル

江戸の夜空を飾る関東で最も歴史ある花火大会である「隅田川花火大会」。

江戸時代から続くこの花火大会は、日本最古の花火大会でもあるのです。
そんなみんなに愛され、受け継がれてきた隅田川花火大会の日程やカップルにおすすめの穴場スポットをご紹介します。

>>>【最新記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【最新記事】隅田川花火大会2017年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!

スポンサードリンク

隅田川花火大会2017の日程は?

2017年の隅田川花火大会の日程は下記の通りです。

開催日:2017年7月29日(土)

開催時間:19:05~20:30

打ち上げ場所:第一会場(桜橋下流~言問橋上流)、第二会場(駒形橋下流~厩橋上流)

打ち上げ数:約2万発

荒天の場合は、翌日に順延し、両日とも実施できない時には中止となります。

雨天などで実施の可否が確定できない天候の場合は、当日の午前10時に、荒天などの場合には当日の午前8時に、それぞれ実施の可否が決定されますので、公式ホームページをご確認ください。

>>>隅田川花火大会のチケットを買うならこちら!

隅田川花火大会2つの会場の最寄り駅は?

第一会場:都営浅草駅(会場まで徒歩15分)
第二会場:都営浅草駅(会場まで徒歩5分)、都営蔵前駅(会場まで徒歩5分)

>>>隅田川花火大会会場概要

>>>【最新記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【最新記事】隅田川花火大会2017年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!


スポンサードリンク

隅田川花火大会!カップルにおすすめの穴場スポット

隅田川花火大会の第一会場、第二会場周辺は、中高年のグループなどが多かったり、会場周辺になると、座ってゆっくり見ることが困難なため、歩きながらの花火鑑賞になってしまいます
カップルの場合には、女性は浴衣を着て花火大会を楽しむ方も多いので、あえて会場周辺は避けて、彼女を気遣う姿勢や、座る場所を確保してのスポットを選んだほうが、彼氏さんの好感度もアップしますよ

厳選!カップルにおすすめのスポットをご紹介

東白鬚公園

東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」を下車して、徒歩約7分程です。
大きい公園ですので、ゆっくりと見れるベストスポットです。例年通りだと、ゴザを無料で貸出してもらえたりします。

浜町公園

都営新宿線「浜町駅」からあがってすぐの楽チンスポットです。
公園内から、隅田川沿いの遊歩道につながっていますので、遊歩道で見るのがおすすめです!

両国国技館

「両国駅」からすぐの楽チンスポットです。両国からは少し離れるので混雑から多少開放されます。
ビルを避けてベストポジションを探せば、ゆっくりと見れますよ。

浅草寺境内

当日は屋台も出るので、屋台を楽しみながら花火も満喫できる嬉しいスポットです。
人も結構いますが、そこまで気にはならないぐらいでおすすめです。

大横川親水公園

ここは、カップルに一番のおすすめスポットです。
総武線「錦糸町駅」と東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」の間に位置する細長い公園なんですが、レジャーシートなどを敷いてゆっくり座って見れるおすすめスポットなんです!
花火は、スカイツリー側のほうが見えやすいので、ベストポジションを見つけてください。

>>>【最新記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【最新記事】隅田川花火大会2017年の日程は?第一会場と第二会場の違いは?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段や予約方法もご紹介!
>>>【関連記事】隅田川花火大会 混雑攻略のアクセス術&おすすめ場所取りスポットは時間は?
>>>【関連記事】隅田川花火大会を満喫するには有料席の申し込みからはじめよう!

まとめ

いかがでしたか?
会場から少し距離があるので、花火の迫力はないかもしれませんが、カップルで見るなら、静かに2人で見れる場所がいいかもしれませんね。
是非、参考にしてみてください!
スポンサードリンク