体育の日

体育の日がスポーツの日に変わる?体育の日の由来や歴史をご紹介!

投稿日:

体育の日がスポーツの日

10月の祝日といえば・・・「体育の日」

以前は、体育の日といえば「10月10日」だったんですが、現在では10月の第2月曜日となりました。

そして、今度は馴染み深い「体育の日」が「スポーツの日」と名称が変わるそうです。

時代とともに、祝日も変化していくんですね。

そんな国民の祝日なんですが、意外とその由来や意味について知らない人も多いもの。

「どうして10月に体育の日?」

「どうして体育の日がスポーツの日に変わるの?」

今回は、体育の日がスポーツの日に変わる?体育の日が祝日になった由来や歴史を交えながら国民の祝日「体育の日」についてご紹介します。

スポンサーリンク

体育の日の由来や歴史とは?

体育の日は、国民の祝日に関する法律によると、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。

そんな体育の日はなぜ10月にあるんでしょう?
もともと、体育の日は10月10日でしたが、2000年からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、10月の第2月曜日となっています。

「ハッピーマンデー制度」とは?

日本国内で週休2日制が浸透したため、国民の祝日などを従来の固定日から特定週の月曜日に移動させ土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で法改正され制定されました。

体育の日が10月10日だったのはなぜ?

2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが行われますが、東京でオリンピックが行われるのは今回で2回目

今から55年前の1964年(昭和39年)に日本でそしてアジアでも初開催となった東京オリンピックが開催され「10月10日」は、東京オリンピックの開会式が行われた日でした。

そして、この日を記念して1966年から「体育の日」として祝日に制定されたのです。

夏季のオリンピックといえば、夏の季節の7~8月に開催されるイメージがありますが、前回の東京オリンピックは10月開催だったんですね。

前回の東京オリンピックが10月に開催された理由はいくつが説があるようです。

その当時も7~8月開催が候補に挙がったようですが、暑さや日本特有の湿度、そして夏に起きやすい食中毒など衛生面の懸念から却下となりました。

東京の夏は、10月上旬までは秋雨前線が停滞することなどもあり、せっかくの大イベントですから天候面も考慮して最終的に10月開催の日程が決められました。

スポンサーリンク

なお、10月10日は過去の統計から晴れが多い日として選ばれたというものもあります。

スポンサーリンク

その当時、晴れる確率が高い日として1番目が10月15日で、2番目が10月10日という結果から、10月15日はその当時木曜日で、より多くの人に見てもらえる土曜日だった10月10日を東京オリンピックの開会式の日に決定したともいわれています。

また、10月10日はぞろ目で語呂が良い、憶えやすいことから選ばれたという説もあるようです。

ちなみに、当時、東京オリンピック開会日の前日である10月9日は雨で、開会式も雨が危ぶまれたそうですが、開会式当日には一転して朝から絶好の天気に恵まれ、秋晴れの中の開会式となったそうです。

体育の日がスポーツの日に変わる?

1年365日のなかで、なぜ「体育の日」が10月になったのかは、世界的大イベントであるオリンピックが関係していたんですね。

そして、あれから時を経て、2020年に再び東京オリンピックが開催されるということで感慨深いものがありますね。

そんな「体育の日」が、2020年東京オリンピックの開催される2020年1月1日付で「体育の日」から「スポーツの日」へと改められることが決定しており、その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされています。

「体育」から「スポーツ」へ

どうして、「体育の日」から「スポーツの日」に名称を変えるのでしょう?

「体育」というと、学校体育のなかの「体育」というイメージが強く、そういった枠を超えて広がる「スポーツ」の実態に沿うような名称として、「スポーツの日」へと変更となります。

確かに、「体育」というと教育的な意味合いが強いですが、「スポーツ」というと自発的で自由で楽しいものといった幅広さを感じます。

時代の流れに即した名称変更といった感じかもしれませんね。

ちなみに、「日本体育協会」も2018年4月1日付で組織名称を「日本スポーツ協会」に変更したりしています。

国民体育大会(国体)も将来的に「スポーツ」の文言を盛り込む構想もあるようで、各方面で「体育」から「スポーツ」への変更が進んでいくようですね。

2020年以降「体育の日」は「スポーツの日」になるんですが、東京オリンピック開催年の2020年に限り、東京オリンピック開会式が予定されている7月24日(金曜日)に「体育の日(スポーツの日)」、「海の日」は7月23日(木曜日)となり、7月23(木祝)・24(金祝)・25(土)・26日(日)となり、4連休が予定されています。

まとめ

「体育の日」はオリンピックが関係していたんですね。

そして、「体育の日」から「スポーツの日」へ。

時代とともに祝日も変化していきますが、由来や歴史を知ると面白いものですね。

-体育の日
-,

Copyright© 暮らしのNEWS , 2019 All Rights Reserved.