中国の花火

宮島水中花火大会2019年の日程は?穴場やおすすめ場所取りスポットは?

更新日:

宮島花火大会2016

宮島の夏と言えば「宮島水中花火大会」。

海に投げ込まれた水中花火は大音響と共に炸裂し、朱の大鳥居や嚴島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせ、日本花火百選では最高のロケーションとして写真愛好家からトップにランクされているほどの絶景な花火を楽しめます。

宮島の花火の特徴は、水中花火の尺玉の多さで、打ち上げ花火と水中花火が炸裂し、大鳥居がシルエットのごとく浮かび上がる様は圧巻の一言。

幻想的でどこか厳粛な雰囲気さえ感じさせる貫禄の見ごたえです。

今回は、宮島水中花火大会の日程&穴場やおすすめ場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

宮島水中花火大会2019年の日程は?

第46回 宮島水中花火大会の日程

開催日 2019年8月24日(土)

※雨天決行、荒天の場合は8/31に延期

時間 19:30~20:30
開催場所 広島県廿日市市宮島町 嚴島神社大鳥居沖合海上
打ち上げ数 約5,000発
交通 【電車】
◆JR宮島口駅→フェリー10分
◆広島電鉄広電宮島口駅→フェリー10分
◆広島港宇品旅客ターミナル→高速船(瀬戸内シーライン)23分

※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 なし
お問合せ 0829-44-2011 宮島水中花火大会実行委員会(宮島観光協会内)
公式HP http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html

宮島の花火の見どころでもある水中花火は、水中尺玉(30㎝玉)が100発も見られるところで、これだけの水中花火が見れるのはここ宮島だけとも言われ、海上に扇形に咲き乱れる花火や空中花火とともに大鳥居のシルエットが浮かぶ姿は、確かにここでしか味わえない贅沢な眺めです。

世界文化遺産の宮島ならではの歴史的建造物と花火の競演を是非その目に焼き付けてくださいね^^

スポンサーリンク

宮島水中花火大会の穴場やおすすめ場所取りスポットは?

宮島水中花火大会の絶好のビューポイントと言えば有料観覧席なんですが、例年、7月1日に売り出され即日完売と言う、入手するにはなかなか困難なプレミアムチケットなんです^^;

でもプレミアム感満載で有料席で見る花火は絶景そのもの。チャンスがあれば是非有料席での観覧も目指してみてくださいね!

有料席は無理でも他にもおすすめな場所取りスポットや穴場スポットもあるので下記にご紹介します。

宮島水族館の裏手

花火当日の宮島は厳島神社を中心に大変な混雑となります。宮島水族館はメイン会場よりも少し離れるので比較的ゆったりと花火を堪能できておすすめです。

座ってゆっくり花火を見れますよ。

多宝塔

宮島は高台が多いので高台から絶景のビュースポットがたくさん見れるのも魅力のひとつ。ちょっと探索しながら絶景な自分だけのビューポイントを見つけることもできますよ^^

宮島競艇場

花火大会当日は無料開放され、シートに座って花火を鑑賞できるという贅沢なおすすめスポットです。

宮島に渡らずに見れるのも混雑回避にはいいかもしれませんね。

まとめ

宮島の花火は、是非一度は見て欲しい!絶景の花火大会のひとつです。

スポンサーリンク

幻想的でどこか厳粛な雰囲気さえ感じさせる様子は、まさに絵に描いたような景色で感動を味わえます。

-中国の花火
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.