鳥羽みなとまつりの花火2017年の日程や時間&駐車場は?混雑具合やおすすめスポットもご紹介!

三重県の鳥羽湾で開催される「鳥羽みなとまつり」

名物の水中花火は、波の穏やかな鳥羽湾ならではの鮮やかで見事な花火で、海上一面を大輪の花火で包み込み、その美しさは絶景です。

また、毎年、趣向を凝らしたプログラムや、みなとまつりならではの和太鼓演奏や海上パレードなどのイベントも見逃せません!

鳥羽みなとまつり花火

今回は、鳥羽みなとまつりの花火2017年の日程や時間&駐車場情報についてや混雑具合やおすすめスポットなどについてもご紹介します。

スポンサードリンク

鳥羽みなとまつりの花火2017年の日程や時間は?

今年で第62回を迎える鳥羽みなとまつり。今年2017年の日程は下記のとおりとなっています。

鳥羽みなとまつり花火大会2017年の日程詳細

開催日時 2017年7月28日(金)20:00~21:00
※イベントは18:00~
※荒天時は翌日に延期
開催場所 鳥羽市鳥羽1 鳥羽マリンターミナル周辺
打ち上げ数 約5,000発
交通 【電車】JR参宮線・近鉄鳥羽線鳥羽駅から徒歩約8分
駐車場 あり 会場周辺750台(有料)
お問い合わせ先 0599-25-2751(鳥羽みなとまつり実行委員会/鳥羽商工会議所内)
公式HP http://r.goope.jp/tobaminatofes

鳥羽みなとまつりとは?

鳥羽みなとまつりは、金刀比羅宮鳥羽分社が建立されたときにはじめられたお祭りで、こんぴらさんのシンボルである金印のほかけ船をイメージした電飾船を中心に船団を組み、夕闇迫る鳥羽湾をパレードする海上渡御などの神事をはじめ、ステージイベントやたくさんの屋台などがお祭りを賑やかに盛り上げます。

そして、夜になると約5,000発の花火が鳥羽湾を彩り、祭りのクライマックスを華やかに演出します。

一般的な海上花火とは違い、波の穏やかな鳥羽湾ならではの海上の水面にキレイに浮かび上がる花火が特徴で、湾に響く打ち上げ音も迫力があります。

迫力ある高速スターマインをバージョンアップさせた「音速パールスターマイン」は必見!

打ち上げ時間は1時間程度ですが、プログラムが多彩で内容の濃い花火が目白押し、その幻想的な美しさが印象的で、見ている観客を引き込むようなプログラム構成は、夏の夜の夢のような花火を味わえます。

また、鳥羽1番街から佐田浜港にかけては多くの屋台が立ち並び、賑やかなお祭りの雰囲気もたっぷりと味わえますよ!

鳥羽みなとまつりの花火 駐車場は?

鳥羽みなとまつりでは、まつり当日に会場周辺に有料の臨時駐車場が用意されます。

臨時駐車場は、例年ですと、ミキモト真珠島や、鳥羽水族館などを中心に駐車場が用意されます。各駐車場の場所は下記の図をご参照ください(※クリックすると拡大します。)

スポンサードリンク

鳥羽みなとまつり駐車場

なお、駐車場によっては、花火終了後の出庫時間に制限のある駐車場があるのでご注意を!

毎年ですが、花火終了後は会場周辺や主要道路は大渋滞となります。また出庫にも相当時間がかかるので、駐車場を利用する場合は、混雑を覚悟で利用するようにしましょう。

花火大会が、順延の場合は鳥羽水族館の駐車場は使えませんが、代わりに伊勢湾フェリーの駐車場が使えます。

鳥羽みなとまつりの駐車場は、早い時間に満車になります。例年ですと15時過ぎにはもうすでにどこも満車になるようです。

鳥羽みなとまつりは、JR鳥羽駅から歩いてすぐの場所になるため、混雑を避けるのであれば、数駅離れた駅近くの駐車場を利用して電車で来場するのもおすすめです。

鳥羽みなとまつりの花火の混雑具合やおすすめスポットもご紹介!

鳥羽みなとまつりが開催される日は、静かな鳥羽港周辺が一気に活気づき、多くの人が訪れます。

鳥羽みなとまつりの花火は海上で打ち上げられるため、みなさん、海岸線沿いにズラッと場所取りしていたり・・・。

やはり花火は間近で見たい!!と思うのかもしれませんね^^;

鳥羽みなとまつりの花火は20時から開始とあって、当日は、ちょっと遅めの18時過ぎ頃から混雑が目立ちはじめます。

みなさん、ますは腹ごしらえとばかりに屋台グルメを堪能しながら、花火をみる場所を探しながらそぞろ歩く感じですね。

混雑を避けるのであれば、夕方の早い時間には会場に着いておくのがおすすめです。

みなさん場所取りするところは、ステージなどが用意されているイベント会場広場堤防沿いがやはり人気の花火鑑賞スポットです。

やはり堤防沿いは迫力ある花火はもちろん、海上にきれいに映る花火も間近で見れるので人気ですね。

ほかにも下記におすすめの鑑賞スポットをご紹介します。

ミキモト真珠島

当日は入場無料で一般開放されます。御木本翁銅像付近などは絶景の花火を見れますよ!

城山公園

鳥羽みなとまつりの撮影スポットとしても有名ですね。

花火と海のきれいな全景が見れて、鳥羽の花火の良さを感じられるスポットでもあります。

かんぽの宿鳥羽

高台になっているので花火が見れます。日帰り入浴もできるのでお風呂を堪能してから花火を味わうのもいいかもしれませんね。

市民の森公園周辺の堤防

会場から少し離れますが、このへんまで来ると混雑を避けてゆっくり花火を見られます。花火の全景は難しいですが、打ち上げ花火などはきれいに見れますよ。

まとめ

鳥羽みなとまつりは、1時間程度ではありますが、内容の濃さを感じる花火が堪能できます。

スポンサードリンク

他ではあまり見られない5段咲き花火などのプログラムも用意されていたりして、鳥羽ならではの花火を堪能できます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ