春の行事

ホワイトデーのお返しにはそれぞれ意味がある?本当の意味や起源とは?

更新日:

ホワイトデー お返し

2月14日のバレンタインデーから1か月後の3月14日は「ホワイトデー」。

「バレンタインのお返しは何にしよう?」なんてお悩みの男性も多いかもしれませんね^^

お返しを考える際に、相手の世代やタイプに合わせたプレゼント選びが大切ですが、お返しのお菓子にはそれぞれ意味があるなんて聞いたことありませんか?

「マシュマロ=あなたが嫌い」「キャンディ=あなたが好き」などといったものなんですが、この意味ってどこからきたものなんでしょう?

今回は、ホワイトデーのお返しにはそれぞれ意味がある?本当の意味や起源とは?についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホワイトデーはいつ?由来や意味は?

そもそも、現在では当たり前のような行事になっている「ホワイトデー」ですが、その由来や意味について知っていますか?

ホワイトデーの起源や由来は、実はさまざまな説があります。

その説というのは、日本のお菓子業界の様々な企業が、マシュマロやビスケット、キャンディなどを「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになったのがはじまりとされ、そのなかでも有名なものが、大掛かりなキャンペーンを行ったキャンディ業界のものです。

これは、1970年代初めに、キャンディ売上向上を目指し、バレンタインデーのお返しにキャンディを贈ることが提案され、デパートなどで大々的に行われたキャンペーンが好評で、しだいに定番行事として日本中に浸透していったのです。

そう、実は「ホワイトデー」は、日本独自のイベントで、日本で生まれたものだったのです。

他の諸外国では「ホワイトでー」の習慣はないの?

日本で生まれたホワイトデーの習慣は、近年では中国や台湾、韓国など一部の東アジアの国に定着し始めています。

なお、ヨーロッパやアメリカなど世界のほとんどの国ではこういった習慣はみられません。

ホワイトデーはなぜ3月14日なの?

2月14日のバレンタインデーの1か月後がホワイトデーですが、

なぜ1か月後の3月14日なのでしょう?

3月14日に決まったのは、聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏が救ったあるカップルが、2月14日の司教が殉教した日から1か月後に結婚したという言い伝えがあることからです。

どうしてホワイトデーっていうの?

「バレンタインデー」の2月14日は、3世紀ごろ、兵力増強のための結婚禁止令に抵抗し、ひそかに恋人たちを結婚させていたローマの司教・聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏が殉教した日です。

バレンタインデーは、聖バレンタイン(ヴァレンティヌス)氏の名前からきています。

では、ホワイトデーはどうして「ホワイトデー」というのでしょう?

ホワイトデーの名前は、製菓に不可欠な材料である砂糖の色や、純真、清潔といった印象のある「白」からきているといわれます。

スポンサーリンク

また、全国飴菓子工業協同組合のHPには下記のように記載されています。

バレンタインデーのアンサーデーを、全飴協がホワイトデーとして定める以前は、欧米の習慣にならい「ポピーデー」「フラワーデー」「クッキーデー」など、いろいろなネーミングがありました。これを全飴協では「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」との考え方のもとに、「ホワイトデー」と名づけたのでした。

スポンサーリンク

参照:http://www.candy.or.jp/whiteday/okuru.html

日本でバレンタインデーが定着していくなかで、若い世代の間で「お返し」の風潮が生まれたこともあり、若い世代を意識したネーミングになったのかもしれませんね。

ホワイトデーのお返しにはそれぞれ意味がある?

ホワイトデーにはお返しを贈る

バレンタインデーに女性からチョコレートなどを贈られた男性が、お返しを贈る習慣として定着しています。

上記のようなホワイトデーの由来などからもわかるように、ホワイトデーが始まった当初はマシュマロクッキーキャンディーなどを贈るのが主流でした。

日本のお菓子業界を発端としてはじまったイベントなので、お菓子を贈ることが主流になっていったんでしょうね。

そして、マシュマロやキャンディー、クッキーなどのお菓子のお返しが広がっていく中で、「お返しのお菓子にはそれぞれに意味がある」と、女子たちを中心に話題になりました。

例えば、「マシュマロ=あなたが嫌い」「キャンディ=あなたが好きです」「クッキー=あなたは友達」「マカロン=あなたは特別な人」といったものです。

実は、この「お返しのお菓子にはそれぞれに意味がある」というのは、真偽のほどは定かではありません

ですが、噂が広がり、今ではネットなどでも紹介されていることもあり、「お返しのお菓子にはそれぞれに意味がある」という認識を持っている女子も少なくないようです

「告白」ってどんな時代も勇気がいるものです。

ホワイトデーに男性が相手に言葉で伝えれば関係ないのかもしれませんが、言葉足らずでお返しだけをもらったりすることも・・・。

そんな多くの女性たちが、「その心理を知りたい!」と、さまざまな意味を連想したのが広がったのかもしれませんね。

贈るほうの男性側は、気にしないことも多いかもしれませんが、待っている女性のなかには、その意味を気にしているかもしれませんのでご注意を!

ホワイトデーの相場は?

昔は、ホワイトデーのお返しの予算は女性からもらった品の3倍程度などといった時期もありましたが、現在では、男性がお返しするときの予算は、もらった額と同等程度が一番多く、次いで1.5倍~2倍程度の額が一般的となっています。

お返しは、女性との関係性にもよりますし、あまりにも高額なお返しの品はもらったほうも恐縮してしまうものかもしれませんね。

特に、最近の傾向として、男性は、事前に女性の好みをリサーチするといった人が増えているようです。

まとめ

ホワイトデーのお返しには意味があるといった情報も多いですが、真偽のほどは定かではないので、そこまで気にすることはないのかもしれません。

変な誤解を与えたくない!!という人は、本命の子には、直接言葉で伝えることが間違いないかもしれません。

「マシュマロ=あなたが嫌い」などの後ろ向きなメッセージのものは、そのお菓子にもかわいそうな気がしますしね。

変なお返しの意味を気にするよりも、直接相手と伝えあう良い機会のイベントとして続いていくといいですね。

-春の行事
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.