通帳の届出印がわからない時はどうしたらいい?紛失した場合や変更する場合は?

銀行などで口座を開設する際に必要な印鑑

昔は、通帳の表紙裏面に「副印鑑(※届け出印を押印した台紙)」が貼付されていましたが、現在では通帳を紛失したり、盗難にあった場合に、副印鑑により届け印が偽造される可能性を踏まえ、副印鑑の貼付は廃止されています。

先日、引き落とし口座の確認書類を作成していた際に、「この通帳の届出印ってどれだっけ?」と、大慌てしてしまいました。

「届出印って教えてくれるのかな?」

「確認する時には何が必要なんだろう?」などなど、戸惑うポイントも色々ありますよね。

届出印の確認方法

そこで今回は、通帳の届出印がわからない時はどうしたらいい?紛失した場合や変更する場合は?について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

通帳の届出印がわからない時はどうしたらいい?

普段ATMなどを利用する機会が多いと、銀行印がなくてもさほど困ることはありませんが、下記のような手続きなどで銀行の窓口に行く場合には、必ずといっていいほど必要になってくる銀行印。

  • 金融機関で口座を開設する
  • 口座振替(口座引き落とし)で支払いを申し込む
  • 大きな金額を引き出す場合 など

銀行やゆうちょなど、金融機関において口座を開設する時に届け出るのが「銀行印」です。

取引銀行の窓口で預金を引き出す際にも、届け出た銀行印が必要となりますし、日常の様々な支払いを「口座引き落とし」などの「口座振替」にて契約する時にも、引落し口座の銀行印の押印を求められます。

昔は、通帳の表紙裏面に「副印鑑(※届け出印を押印した台紙)」が貼付されていたため、銀行印を自分で確認することもできましたが、現在では通帳を紛失したり、盗難にあった場合に、副印鑑により届け印が偽造される可能性を踏まえ、副印鑑の貼付は廃止されています。

これにより、「引き落としする場合はこちらの書類に記入と銀行印の押印をお願いします。」と、書類を受け取ったものの、「あれ!?銀行印ってどれだっけ!?」と慌てる人も増えています。

でも、大丈夫!ちゃんと銀行に行けば、届出印を教えてくれるんですよ!

銀行印を確認する方法は?

用意するもの

  • 印鑑
    ※まずは、「これかな?」と迷っている印鑑をすべて用意。どの印鑑か見当が付かない場合には、すべての印鑑を用意してみましょう^^;
  • 通帳
銀行印を確認する手順

①「これかな?」と迷っている印鑑を紙に押印します。

紙は何でもOK!
確認がスムーズなように、できるだけ印影がきれいに出るようにして押印しましょう。

②銀行の窓口に行き、「届出印ってどれでしたっけ?」と、「これかな?」と迷っている印鑑を押印した紙を見せます。

③すると、銀行の人が該当する届出印に〇をつけて、そっと紙を返してくれるので、これで確認OK!

印鑑を紙に押印せずに、印鑑ごとそのまま持参して確認してもいいですが、窓口で紙に押印する必要があるので、その手間を省くためにも、あらかじめ押印した紙を持って行って確認するほうがスムーズです。

本人確認は基本的には必要ありませんが、場合によっては本人確認を求められることもあるので本人確認書類も持参して行ったほうが二度手間にならずにスムーズです。

銀行印の確認は窓口でしかできないの?

銀行印は、いわば個人の資産を預けておく銀行の出納に係る印鑑ですので大切なものです。

郵送や電話などでは確認できない事項ですので、きちんと銀行の窓口に出向いて確認する必要があります。

スポンサードリンク

銀行印の確認は通帳をつくった支店でしかできないの?

現在では、銀行印も印影をデータベース化して呼び出して照合する印鑑照合システムを採用しています。

これにより、通帳をつくった支店でなくても、他の支店および各支店にて銀行印の確認はできるようになっています。

場合によっては、本人確認を求められることもあるので本人確認書類も用意しておきましょう。

銀行印の確認は代理でもできる?

原則、銀行の届出印の確認は、本人が窓口に来店してのみ対応できるようになっているため、代理での確認は基本NG!となっています。

ですが、諸事情によりどうしても家族等が代理で確認する場合もあるものです。

例えば、夫の代理として妻が確認する場合などは、下記のようなものが必要となります。

  • 戸籍謄本(婚姻関係が確認できる書類)
  • 委任状(委任する内容:印鑑の照合)※口座本人の直筆によるもの
  • 印鑑
  • 通帳
  • 本人確認書類(本人分、代理人分)
  • 本人への電話確認等

上記のように、多くの必要書類が必要になりますし、確認も二重・三重と大変な手間になるため、本人が入院していてどうしても窓口に来られないなどの事情がある場合に、代理人での確認をされるようにするのがいいかもしれません。

金融機関によって、必要な書類が違ったり、委任状のフォーマットも指定のものがあったりしますので、まずはお電話や最寄りの支店などで代理で確認する場合に必要な書類等を確認するようにするとスムーズです。

通帳の届出印を紛失した場合は?

銀行印がどうしても見つからない!そんな時は、「印鑑紛失の手続き」が必要になります。

まずは、銀行の届出印を紛失したことに気づいた時点で、第三者による悪用を防止するためにも、銀行に電話し、印鑑での取引ができないように手続きを行いましょう。

電話にて、「銀行の届出印を紛失したんですが・・」と言うと、該当窓口に繋いでくれます。

また、すぐに窓口に行ける場合には、窓口にて「印鑑紛失の手続き」も可能です。その際には下記のようなものが必要となります。

印鑑紛失の手続きの時に持っていくもの

  • 通帳
  • 新しく届ける印鑑
  • 本人確認書類

通帳の届出印を紛失した場合に、新しく届出印を登録し直す際には、受付当日から各種手続きが利用できる場合もありますが、10日~2週間程度手続が掛かる場合もあります。

通帳の届出印を紛失した場合は、第三者による悪用を防ぐうえでも、とにかく急いで対応することがおすすめですよ。

通帳の届出印を変更する場合は?

通帳の届出印を変更する場合は、「印鑑変更手続き」が必要となります。

印鑑変更手続きに必要なものは?

  • 通帳
  • 各口座の届出印
  • 新しく届ける印鑑
  • 本人確認書類

届出印を変更する場合には、現在の届出印も必要となりますのでご注意を!

また、印鑑変更手続きは、通帳をつくった支店でなくても、他の支店および各支店にて手続きは可能ですが、本人が窓口に行っての手続きが原則となり、代理での変更はできません。

銀行の届出印は、シャチハタ印は不可ですのでご注意を!

まとめ

銀行印は、個人の資産を出し入れできるものとしても大切なものです。

そのため、届出印の確認や紛失・変更などは、原則、本人が窓口に行って行うことが大切になります。

代理などで行う場合には、該当の金融機関に事情を話し、対応可能か確認してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

代理の場合は、必要書類も増えますし、確認作業も増えますので、できれば本人が窓口に行って手続きを行うのがスムーズかもしれませんね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ