日焼け止め 去年の残りって使っても大丈夫?未開封でもNGなの?

日差しが気になりだすこの季節。

眩しい日差しに目を細めながらも気になるのが「紫外線」

美肌を目指すなら、「紫外線対策」は必須!この季節、日焼け止めなどのUV対策アイテムにも気を使いたいものですが・・・、

「去年買った日焼け止め、まだ残ってるから使っちゃおう!」なんて人いませんか?

もったいないから!と去年の残りを使うのはちょっと考えもの。

日焼け止めなどのUV対策アイテムも、使い方を間違うとお肌に負担が掛かることもあるのでしっかりチェックしておきましょう!

去年の日焼け止め

今回は、日焼け止めクリームについて、去年の残りって使っても大丈夫?未開封でもNGなの?についてご紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止め 去年の残りって使っても大丈夫?

日差しが気になる季節。

紫外線対策として、日焼け止めを活用する人も多いものです。

「去年の夏に使っていた日焼け止めが余ってるから、今年はその残りから使おうかな。」

実はこの行動、正しい日焼け止め対策からするとNG!なんです。

できれば、日焼け止めは毎年買い替える方が安全。

化粧品は、開封して空気に触れると酸化しやすく、酸化すると雑菌が繁殖しやすい状態のために不衛生な状態に。また、温度によっても変質している可能性があるため、余っていてもったいないからと、昨年の残りを使った場合、肌荒れを起こすこともあるので注意が必要です。

また、最近では美白や保湿などスキンケア効果を高めて美肌をサポートするなど、紫外線防御プラスαの機能がある日焼け止めが多くなってきています。

ビタミンCやシミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分であるハイドロキノン配合のものなどは、特に酸化しやすいため、一度開封したものは使わない方が賢明ともいえます。

日焼け止めを直接手で触ったり、パフにつけて使用するなどの場合も、そこから雑菌が容器に入りやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

このように、日焼け止めなどでお肌をケアしているつもりが、自分で雑菌をお肌につけてお肌にストレスを与えている場合もあるのです。

去年使用していた日焼け止めの使用はもちろん、一度開封してしまった日焼け止めなどは、長くても半年程度を目安に使用を控えたほうがいいでしょう。

日焼け止め 去年の残り未開封でもNGなの?

去年購入した日焼け止め。開封したものはできれば使用しない方が賢明ですが、未開封のものはどうなんでしょう?

日焼け止めなどのスキンケア製品にも使用期限があります。

食料品などと違って、化粧品などのスキンケア製品には「期限」といった記載がないものがほとんどです。

ですが、化粧品などのスキンケア製品にも使用期限があり、メーカーや種類にもよりますが、基礎化粧品なら未開封で約3年が目安とされています。

とはいえ、スキンケア製品自体に製造日の表記があるものが少ないため、未開封でもどれだけ年月が経過したのかわかりづらくなりがちです。

また、未開封といえども温度の高い場所など直射日光の当たる場所で保管されていたものなどは、やはり劣化している可能性も高くなります。

日焼け止めなどのスキンケア製品は、肌に直接つけたりするものでもあるため、安全性の面からも数年経過したものは使用しない、また、未開封のものでも保存状態が悪いものも使用は控え廃棄するのが望ましいともいえます。

お肌の健康を守るうえでも、日焼け止めなどのスキンケア製品の使用期限などには気をつけたいものですね。

また、保存方法も直接日光の当たりにくい涼しい場所に保管するなど気を配りましょう。

スキンケア製品も、直接口に入れるものではないにしろ、肌に直接触れるもの。

期限を過ぎた製品の使用によって、肌トラブルになってしまう可能性もあるため、細心の注意を払って使用するのがオススメです。

まとめ

日焼け止めなどは、そのシーズン中に使い切ることがベストです。

お肌のトラブルを避ける意味でも、もったいないからと不用意に使用するのは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

最近ではお子さんも日焼け止めの使用が増えていますので、細心の注意を払って期限など気にしてUV対策していきたいものですね。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ