生活&暮らし

車でスマホの音楽を聴くにはFMトランスミッターがおすすめ?音質はいいの?

投稿日:

車でスマホ音楽

今やスマホを持っている人がどんどん増えています。お気に入りの音楽をスマホやiPhoneに入れて気軽に音楽を楽しんでいる人も多いです。

そんな時代に車に乗る時、車の中で自分のスマホや音楽プレイヤーのお気に入りの音楽を聞きたいと思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、楽しいドライブにするために、車に備え付いているスピーカーからスマホに入っているお気に入りの音楽を簡単に聴く方法を紹介します。

スポンサーリンク

車でスマホの音楽を聴く方法は?

スマホiPhoneiPodMP3プレイヤーパソコンなど(以下は総称してスマホと言います)自分が持っている端末でお気に入りの音楽を車で聴きたいものですね。

もとから簡単にスマホの音楽を聴くことのできる設備が整っているのであれば問題ありませんが、そうでない場合はどうやってスマホの音楽を聴くことができるのかわからない方も多いものです。

そこで、車についてる設備別に自分のスマホの音楽を聴く方法を下記に紹介していきます。

ナビやオーディオが車に搭載されている場合

Bluetooth対応なら

車にBluetooth対応のカーナビやカーステレオが装備されている場合は、カーナビやカーステレオとスマホのBluetooth設定を行えば、簡単に音楽を聴くことが出来ます。

メリット
  • ワイヤレスであるにも関わらず、音の劣化が少なく高音質。
  • ワイヤレスなので邪魔にならずにスッキリ。
  • 都心部での混線もほとんどない。
デメリット
  • スマホやカーナビ・カーステレオの設定をしなければならない。
  • カーナビやカーステレオなどBluetooth対応の機器は高価である。
  • 対応機器がなければ使えない。

>>>Bluetoothで音楽を聴く方法はコチラを参考にしてください。

USB端子があるなら

別売りのケーブルなどを接続することによって音楽を楽しむことが出来ます。
ケーブル接続なので、音楽を聞きながら充電をすることも出来るものもありますので、バッテリーを気にせずに聴けるので便利です。

注意ポイント

ケーブルはお手持ちの機種にあったものを用意しましょう。
メリット
  • 有線で繋ぐため音の劣化もほとんどなく、高音質。
  • 音楽を聞きながら充電が出来る。
  • カーナビの機種によって動画も見ることが出来る。
デメリット
  • USB対応機器がなければ使えない。
  • 有線のため線がごちゃごちゃして邪魔になりやすい。

音声入力端子(AUX)が付いているなら

AUXまたはRCA(外部入力)がついている場合は、接続ケーブルで繋げば車内で音楽を楽しめます。接続ケーブルによっては充電も可能です。

メリット
  • カーナビやカーステレオが装備されている場合は、この方法が一番シンプルな方法です。
  • 充電も出来る。(ただし、接続ケーブルによる)
デメリット
  • カーナビやカーステレオがなければ使えない。
  • 有線のため線がごちゃごちゃして邪魔になりやすい。

>>>AUXで音楽を聴く方法はコチラを参考にしてください。

FMラジオしかない場合

レンタカー社用車トラックなどでは、純正のFMラジオしかない場合もあります。

その場合でも、車でスマホに入っているお気に入りの音楽を楽しむ方法があります。

FMトランスミッターで楽しむ

レンタカーやトラックなど、ほとんどの車には純性のFMラジオシガーソケットがついています。

FMトランスミッターとは、スマホからの音楽をFMの電波に乗せて車のスピーカーから自分の音楽を楽しむ方法です。

メリット
  • FMの電波を使うためほとんどの車種で音楽を聴くことが出来る。
  • スマホや音楽プレイヤー、パソコンなどの端末を選ばず使用出来る。
  • ※ただし、イヤホンジャックのついている機器に限る。

    スポンサーリンク
  • Bluetoothで飛ばすことが出来る(ただし、機種による)
  • 接続や設定が非常に簡単
  • 低コストで気軽に楽しめる。
  • コンパクトで持ち運びが簡単に出来るため、車を選ばない。
デメリット
  • 音質はFMラジオ放送程度である。
  • 都心部などでは混線する(近くで同じチャンネルを使用している)場合もある。
  • 山間部などFMの電波の弱い場所では途切れることもある。

車でスマホの音楽を聴くにはFMトランスミッターがおすすめ!

FMトランスミッターを使えば、どんな車でもスマホの音楽を簡単に車で聴くことが出来ます。

ポイント

有線タイプのものは、端末の充電もしながら音楽を聴くことが出来るのでバッテリーの心配をする必要もなく、安価で購入出来るためおすすめです。

ポイント

FMラジオシガーソケットがついている車であれば、どんな車でもOK

FMトランスミッターの仕組みとは?

スマホや音楽プレイヤーから音楽を、FM放送と同じ周波数・変調方式の電波に乗せて発進する機器で、FM電波の届く範囲でトランスミッターから出力される電波にチャンネルを合わせることによって、自分のお気に入り音楽をラジオで聴くことが出来ます。

簡単に言うと、FMトランスミッターは極小のFMラジオ放送局というとわかりやすいかもしれません。

FMトランスミッターの使い方

①シガーソケットにFMトランスミッターを差し込みます。
②イヤホンジャックにケーブルを差込みます。(有線の場合)
③FMトランスミッターの周波数(チャンネル)を決めます。
④車についているFMラジオのチャンネルを合せます。
⑤音楽をつける

と特殊な設定もいらないため、非常に簡単に接続することが出来ます。

注意ポイント

Bluetooth対応の機種では、スマホのBluetoothの設定を行って下さい。

車でスマホの音楽を聴くときの音質は?

FMトランスミッターの音質は、カーステレオで聴くときほどの高音質とは言えませんが、普段耳にするFMラジオの音質程度は確保されます。

特に、自家用車をお持ちの方はカーナビやカーステレオが装備されていることも多いと思いますが、私のようにレンタカーを利用したり、社用車を利用したりする方には、持ち運びもコンパクトなFMトランスミッターが特におすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【特許取得&最上位モデル】 FMトランスミッター Bluetooth 4.2 高...
価格:3480円(税込、送料無料) (2019/3/28時点)

スポンサーリンク

こちらのFMトランスミッターは、Bluetoothと有線と両方対応しているタイプのものでUSBもついているので充電しながら使うことができます。

また、音楽を聴きながらGoogleマップなどのナビ音声再生もできるのでスマホをカーナビ替わりに使っている私も重宝しています。

>>>車で音楽を聴くための関連記事はコチラをご覧ください。

まとめ

どんな車でもスマホの音楽を聞きたい場合は、FMトランスミッターがおすすめです。

音楽を聞きながら充電も可能で、軽くてコンパクトなので持ち運びも簡単です。

ほとんどの車に対応するため汎用性が高く、比較的安価で購入できます。

旅行先でレンタカーを利用したり、遠出するときは非常に重宝するアイテムです。

-生活&暮らし
-, ,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.