紫外線

紫外線対策 お肌に効果のある食べ物&グッズをご紹介!

更新日:

紫外線

「お肌がヒリヒリしやすい」

「カサカサと乾燥しやすい」

「ニキビができやすい」

「刺激に弱く湿疹が出たり、かゆくなったり・・・」

と敏感肌の方にとっては、紫外線が強くなる時期はお肌トラブルも起こりやすくなるため注意が必要になってきます ( ;∀;)

肌を露出している部分は、特に紫外線の影響を受けやすく、キチンと対策をしておかないと肌トラブルを悪化させてしまうことにも…

今回は、敏感肌の紫外線対策として、有効な食べ物やグッズなど、あなたのお肌を守る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線の対策 敏感肌のあなたが知っておくべき事は?

繰り返し浴びる紫外線は、シミやくすみなどの色素沈着を起こすだけでなく、紫外線の刺激を受けることによって、お肌のハリを保つコラーゲンエラスチンを壊してしまいます Σ(゚Д゚)

また、コラーゲンなどが紫外線に壊されることによって、お肌の内側に隙間ができ、水分が蒸散し、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルだけでなく、シワたるみなどの原因にもなりますので注意が必要なんです!

また、紫外線は、免疫力を低下させるため、ニキビやアトピーがある方など、症状が悪化しやすくなってしまいます… (;´д`)トホホ

そもそも紫外線とは?

紫外線とは太陽から放射される電磁波で、体に悪影響を及ぼすものなんです。そして、紫外線(UV)には、波長の違う3種類の紫外線があります。

紫外線A波(UV-A)紫外線B波(UV-B)紫外線C波(UV-C)です。A波→B波→C波の順に波長が短くなっていき、体への有害度が高くなります。

太陽から放射される紫外線の波長が短くなるにつれて、お肌に対する有害性が高くなります。

現時点では、地上に届いている紫外線は、もっとも波長の長い紫外線A波90%を占めていると言われています。

3種類の中での有毒性は一番低いのですが、浸透力は他の紫外線にくらべて一番高いため、気候(雨やくもりなど)にかかわらず、地上に届いています。

また、紫外線A波の特徴は、肌の奥(真皮)まで浸透するため、お肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを破壊し、シミやくすみ、ニキビ、しわ、たるみなどお肌のトラブルの原因になります。

残りの10%は、紫外線B波です。

紫外線Bは、夏場の日差しが強い日には、地上まで届くと言われています。

紫外線Bは、紫外線Aのおよそ100~1000倍の有毒性があり、お肌のトラブルだけでなく、免疫力を低下させ、皮膚がんや白内障などの病気を引き起こす原因となります。

一番有毒性が高い紫外線Cは、オゾン層に吸収されますので、現時点では地上には届かないと言われています。
※ただし、近年はオゾン層の破壊により、高山地帯で観測されているため、近い将来に紫外線Cも地表に届くのではないかと言われています。

紫外線対策 敏感肌のあなたが選ぶべき日焼け止めは!?

紫外線対策として簡単で有効なのは、日焼け止めクリームなどを塗ることなのですが、敏感肌の方には日焼け止めを塗ることでお肌に負担をかけて、肌トラブルを悪化させてしまうことがあることですΣ(゚д゚lll)ガーン

スポンサーリンク

紫外線をカットする日焼け止めには、「紫外線吸収剤(ケミカル)」「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」の2種類あるので、下記にそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

「紫外線吸収剤(ケミカル)」とは?

紫外線を肌の上で化学反応させて肌に直接届かせないタイプの日焼け止めです。

メリット
  • 透明で白浮きしない
  • サラサラとした塗り心地
  • 水や汗で崩れにくい
デメリット
  • クリーム(分子)が紫外線と化学反応したら効果がなくなる
  • 肌に一度吸収されるので、肌トラブルを起こしやすい
「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」とは?

紫外線を跳ね返す(反射させる)タイプの日焼け止めです。

メリット
  • 成分変化が起こらないので、効果が長い
  • 肌に吸収されないので、肌への刺激が少ない
デメリット
  • 白浮きしやすい
  • ベタベタした塗り心地がする
  • 水や汗で崩れやすい
  • 「紫外線吸収剤(ケミカル)」より紫外線カット力が弱い
「紫外線吸収剤(ケミカル)」「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」のメリットとデメリットをご紹介しましたが、敏感肌の方は、「紫外線吸収剤(ケミカル)」を選んでしまうと、刺激が強いため肌荒れがひどくなることが多いので、「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」選ぶようにしたほうがいいでしょう。

注意ポイント

ただし、「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」を使用しても肌荒れを起こす場合もありますので、使用前には、パッチテストを必ず行ってください。

また、下記に紫外線対策グッズもご紹介しますので、併用するとより効果が上がります。

紫外線の対策 敏感肌に効果のある食べ物は?

肌荒れやニキビ、アトピーなどお肌のトラブルが多い敏感肌の方は、毎日の食事を気をつけることによって、紫外線への対策や症状を軽減することが出来ます。

紫外線対策の食べ物を摂ることによって症状の軽減をさせる仕組みは

  • 新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、ダメージを受けた皮膚を正常な皮膚に変えていく。
  • シミやくすみの原因となるメラミンを生成する活性酸素を抑える。
  • 紫外線によって破壊されたコラーゲンなどをつくる。

紫外線対策の食事は、お肌を新しく生まれ変わらせ、ハリのある肌を作り出すので、肌トラブルの軽減にも繋がります (*´▽`*)。

また、免疫力をあげることによって、ニキビやアトピーなど症状を改善させることもできるんです(^^♪※ただし、個人差があります。

お肌は、新陳代謝(ターンオーバー)をくり返すことによって古い角質層から、新しい角質層へとお肌を生まれ変わらせますので、紫外線や刺激などで受けたお肌のダメージの回復にも繋がります。

ターンオーバーを促進する食べ物は?

  • たんぱく質
  • 肉類、魚介類、卵、乳製品、大豆製品など

    たんぱく質は、人間の体を形成する成分の20%を占めている栄養素です。
    たんぱく質不足になると、お肌にハリやツヤが無くなります。

  • ビタミンA
  • 肉類のレバー、ニンジン、しそ、カボチャ等の緑黄色野菜など

    ビタミンAは、免疫力や抵抗力をあげるので、ニキビの悪化や細菌による炎症を防ぐため、お肌には必須の栄養素です。

  • ビタミンB群
  • 卵、レバー、大豆製品、魚介類、乳製品、豆類、緑黄色野菜など

    ビタミンB群は、糖質を分解して体内でうまくエネルギーとして使える状態にしてくれます。脳や神経を正常に働かせる作用があるのでお肌の大敵であるストレスを溜めないため、また、細胞の再生や免疫力をあげ、脂肪の蓄積を防ぐ効果のある栄養素です。

  • ビタミンC
  • キャベツ、赤ピーマン、カリフラワー、じゃがいも等、レモンなど

    ビタミンCは、お肌のハリ作るコラーゲンを作るのに必要不可欠な栄養素です。
    シミやくすみの元になるメラニンの生成を防ぐ働きあります。

  • ビタミンE
  • ナッツ類、植物油、魚介類、、かぼちゃなど

    ビタミンEは、お肌の酸化作用を戻す効果がある栄養素です。
    血行をよくする働きもあり、ビタミンCと相性が良いため一緒に摂りましょう。

  • 亜鉛
  • カキ、ほたて、かに等の魚介類、レバー、牛肉、納豆、卵、玄米ご飯など

    亜鉛は、皮膚や髪の毛など代謝が多い部分に多く存在する栄養素です。
    たんぱく質の合成にも必要で、新陳代謝を促進するのでお肌のターンオーバーを促進してくれます。

  • βカロテン
  • かぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜など

    βカロテンは、強い抗酸化作用を持っている栄養素です。体内でビタミンAに変換されます。
    身体全般の老化防止や、肌・髪・爪を健康に保つといった効果があるといわれています。

シミやくすみを改善する食べ物

  • ビタミンC
  • 上記を参照してください。

  • リコピン
  • トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなど

    リコピンは、ビタミンEの数倍の抗酸化作用がある栄養素です。
    また、メラニンを生成するチロシナーゼの活性を抑える働きがあります。

  • ポリフェノール
  • ココア、ブルーベリー、ワイン、緑茶、大豆、野菜など

    ポリフェノールは、抗酸化と抗菌作用がある栄養素です。
    シミ、しわ、たるみなどを防ぐ効果があります。
    ポリフェノールには、美容に良いエラグ酸やアスタキサンチンやカテキンなどが含まれます。

上記の栄養素を上手く摂ることが、内側からお肌を守ることになります。

また、効率よくこれらの栄養素を摂るには、バランスのよい食事を心掛けましょう。

ジャンクフードなどの加工品や、チョコレートなど砂糖、乾燥の原因になるカフェインなどの摂りすぎはお肌には良くありませんので、摂りすぎに注意しましょうね。

紫外線の対策に効果のあるグッズをご紹介!

体の中からの対策は、どうしても時間がかかってしまうものです (-_-;)

ですので、紫外線対策グッズを上手く利用することで、日中の紫外線を防ぐことをおすすめします。

紫外線対策グッズは?

紫外線カットスプレー

こちらの商品は、普段着用する衣服をUVカットにするスプレーです。

衣服の繊維1本1本に薄い紫外線吸収剤をコーティングすることで、有害な紫外線のUV-A波、UV-B波を98%以上シャットアウトします。

また、衣類の通気性を損ねることがなく、蒸れることはありません。ご自分の好きなものをUVカットとすることが可能です。

お肌に直接スプレーするのではないので、敏感肌の方も安心して使うことができます。

>>>【楽天市場】その他の紫外線カットスプレーをお探しの方はコチラもご覧ください。

紫外線カット日傘

下記の日傘は、遮光率100%・UVカット率は99.9%以上で、撥水・耐風性能のあるかわいい晴雨兼用日傘です。

3段折りたたみ式で持運びにもとっても便利で、傘を閉じる時に、爪を挟まない安全ストッパーがついていますのでネイルを傷めない設計になっています。

また、素材にカーボングラスファイバーを使用して軽さと強度を重視しているなど女子に嬉しい細やかな作りになっています。

ただし、下からの照り返しは防ぐことができません。
>>>【楽天市場】その他の日傘をお探しの方はコチラもご覧ください。

紫外線カット帽子

こちらの帽子は、生地自体に遮光素材を使っていますので、100%紫外線をカットし、汚れたり摩擦しても遮光率が落ちないので、生地が破れない限り半永久に遮光性能はキープされます。

また、太陽光100%カットの遮光素材をツバ裏にも施しているので、地面や壁からの「照り返し」光線もカットします。

生地は日傘と同じものを使用ですので通気性はありません(通気性あり=100%遮光不可能)が、暑さを少しでも軽減すべく、頭内側部分の綿100%黒生地に高レベル接触冷感素材を使用しています。

さらに、内側のポケットに保冷剤が入るので、暑さを感じられる場合は、ミニサイズの保冷剤を入れて使用することもできるなど細やかな工夫が凝らされています。

サングラスを併用すると、目の周りはより効果があります。
>>>【楽天市場】その他のUVカット帽子をお探しの方はコチラもご覧ください。

紫外線カットスカーフ

首筋は気づかないうちに日焼けしていることが多い部分です。

こちらの商品は、オーガニックコットンでお肌が敏感な人も安心で,、通気性も良く夏場でも使いやすい作りになっています。

カラーバリエーションも豊富なので服に合わせやすい色を選びやすいのも嬉しいですね。

大判タイプなので首筋に巻くのはもちろん、ストールとしても使えるので、チョットの外出時や冷房の効いている屋内などで羽織りやすく便利で、いろいろと重宝しますよ。

大判タイプじゃないものもありますよ。

大判タイプじゃないものもありますよ。

>>>【楽天市場】その他のUVカット スカーフをお探しの方はコチラもご覧ください。

紫外線カットカーディガン

アウターとして羽織るだけで紫外線をカットしてくれます。様々な服装にも合いますし、ゆる可愛いさをプラスしてくれるドルマンスリーブが体型もカバーしてくれます。

ドライタッチでさらりとした肌ざわりなのでチョットの外出時や冷房の効いている屋内などで羽織りやすく便利です。

>>>【楽天市場】その他のUVカット カーディガンをお探しの方はコチラもご覧ください。

紫外線対策は、できるだけ肌の露出を減らし、紫外線に当たらないようにするのが一番です。

また、UVカット加工も経年劣化しますので、2~3年に一度入れ替えるか、紫外線カットスプレーなどでメンテナンスを忘れずに行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、敏感肌の紫外線対策として、有効な食べ物やグッズなど、あなたのお肌を守る方法をご紹介しました。

また、秋や冬は、紫外線対策を行わないため、顔などに紫外線を浴び続ける人が多くいます。

紫外線対策は、紫外線が強い春や夏だけでなく、1年を通して行うことが非常に有効ですので、秋や冬も紫外線対策を忘れずに行うことが、お肌へのダメージを軽減してくれますので是非、実践してくださいね。

-紫外線
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.