母の日

母の日のプレゼントはお義母さんにもあげるべきなの?悩んだときの解決法はコレ!

結婚したばかりだと、お義母さんの趣味や好みなどもわからないので母の日といっても何をあげていいかわからない・・・。と、悩む人も多いようです。
また一度始めると、母の日のプレゼントをやめることが難しくなるのでお義母さんへのプレゼントをあげるべきか悩まれる人もいます。
今回は、母の日のプレゼントをお義母さんに贈るべきか、やめておくべきか悩んだ場合の解決方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントはお義母さんにもあげるべき?

母の日のプレゼントはお義母さんにもあげるべきなの?悩んだときの解決法はコレ!

「お義母さんに母の日のプレゼントをあげたくない訳ではないけれど、あげるのもなんだか違和感を感じる…」なんてモヤモヤした気持ちを持つ人はあなただけではありません。

お義母さんとは、特に仲が悪いわけではないのですが、「母の日」にプレゼントを贈るとなると、「父の日」も…

また、誕生日などを含めると年4回はプレゼントしなければならない、と思うと躊躇してしまう気持ちも出てきてしまう人もいます(*_*;

そして、母の日のプレゼントは、「感謝の気持ちで贈る」というよりも「義務感で贈る」ことになってしまうのもなんだか嫌なもの・・・。

もともと、「母の日」は、自分を育ててくれたお母さんへの感謝と尊敬の気持ちを込めて始まったものですので、プレゼントを贈らなければならないという義務はありません。

ですので、本来、感謝の気持ちがなく義務感しかないのであれば、母の日のプレゼントを贈る必要はありません。

と正論的なことをいいましたが、私は義務感でも「母の日のプレゼントはあげるべき」と考えています。

なぜなら、私の経験上、年に1度でもお義母さんに母の日のプレゼントを贈っておくと、”無難”に嫁姑のお付き合いができるからです。

お義母さんも、母の日のプレゼントをもらうとやはり嬉しいみたいで、お友達同士で「お嫁さんが母の日に○○をプレゼントくれたの」なんて話をしているみたいです。

もし、母の日のプレゼントをあげていなければ、「○○さんのところは母の日にプレゼントをもらっているのに、私にはなかったわ・・・。」なんて寂しい思いをさせてしまえば、今後の関係にも響きかねないと考えているからです。

また、今後子供が生まれたときにはお祝いを頂くことやおもちゃを買ってもらうこと、また子供の面倒を見てもらうことなど、お世話になることがたくさんでてきます。

ですので、私はお義母さんのことが、好きでも嫌いでも、関係が良くても悪くても「母の日のプレゼントはあげるべき」と考えています。

私の知り合いにも、「母の日はもちろん、誕生日にも何もあげない」という人はいますが、嫁姑関係は破たんして関係は最悪になっています。

そうなると、お孫さんも可愛くないみたいで話を聞いていると悲しい気持ちにもなってしまいます(;_:)

嫁姑問題は、些細なことがきっかけでエスカレートしてしまうことがありますので、気持ちよりも「形」として贈れば、心のどこかで「貰った」という気持ちは忘れませんので、些細な行き違いも回避しやすくなります。

母の日プレゼントに悩んだらコレをあげて!

母の日のプレゼントで贈るものですが、最初は気合が入ってしまいますので、高価なものを贈ろうとしてしまいがちですが、「母の日」は毎年やってきます。

また、「母の日」が過ぎると「父の日」もやってきますので、最初に奮発してしまうと、後から家計の首を絞めてしまうことにもなってしまいます(ノ∀`)アチャー

では、母の日の相場はいくらぐらいなのかというと、一般的な「母の日」の相場は、3,000円~5,000円と言われています。

スポンサーリンク

またまた、個人的な意見なんですけれど、母の日のプレゼントは、実母と義母の2人ですので、相場通りだと6,000円~10,000円程度の費用がかかってきます。

また、1か月後にやってくる「父の日」のことを考えると、この1ヵ月で12,000円~20,000円の費用が・・・。

うちには、子供がいますので、やはりこのプレゼントの費用は家計にとっては痛いものです( ;∀;)

ですので、毎年の母の日のプレゼントの予算は、1,000円~3,000円程度を目安にして贈るようにしています。

「4,000円~12,000円の間なら、何とかやりくりしてやろう!」って気持ちになりますので^^

母の日のプレゼント 予算1,000円~3,000円でおすすめなのは?

実のお母さんであれば、今まで暮らしてきたので、好みなどをわかる人も多いのですが、お義母さんへの母の日のプレゼントとなると、何を贈ればいいかとても悩んでしまうものですね^^;

お義母さんへ贈る母の日で喜ばれるオススメのプレゼントをご紹介します。

お花

「母の日」プレゼントの定番と言えばお花ですね。
また、お花は貰ってイヤな気持がすることがないので無難でオススメです。

悩んだり、迷った時には、お花をプレゼントしてみてはいかがですか?

「花(ドライフラワー)+ハンカチ」がブーケのようになった下記のような商品もおしゃれですよ。

ハンカチ

これから暑くなってくる時期ですので、汗を拭うハンカチはいかがですか?

肌触りがよく、可愛い和柄のガーゼのものやタオルハンカチなどはこれからの季節に喜ばれますよ。

ハンカチなどは何枚持っていても困らないのがいいですね^^

ストール

ストールは、お手頃なお値段で、様々な洋服に合わせやすいのでオススメです。

また、春夏用のストールは、紫外線が強くなってくるこれからの時期にピッタリのアイテムです。

「母の日」は毎年やってきます。無理な金額を出す必要はありませんので、子供が生まれたあとにお世話になるお礼のつもり(先行投資?)で贈るようにすれば、少しはわだかまりもなくなるのではないでしょうか?

まとめ

「母の日」のプレゼントは、義務でもなんでもありませんので、感謝の気持ちがないのであれば渡す必要なないと思いますが、お付き合いなどが少ないとはいえ、冠婚葬祭などことあるごとに顔を合わすことも多いもの。

また、子供が生まれたときは、お祝いやプレゼント、面倒を見てもらうなどお世話になることも少なからず出てきますので、言い方は少し悪いかもしれませんが、「今後のために割り切って」プレゼントすることをオススメします。

  • この記事を書いた人
ゆき

ゆき

こんにちは、ゆきです。 約12年ほどわりとブラックな会社でWEBデザイナーを経て、今はサイト作成・運営のフリーランスとして活動中。 40代に突入した夫婦のライフスタイルを題材とした様々なネタを記事にしています。 詳しいライタープロフィールこちらから

-母の日
-,

Copyright© 暮らしのメモ , 2020 All Rights Reserved.