関東の花火

浦安市花火大会2019年の日程は?駐車場情報や穴場&場所取りスポットは?

投稿日:

浦安花火大会2016

宗家花火鍵屋によるプロデュースで光と音のコラボレーションが楽しめる「浦安市花火大会」

各テーマにあわせて豪華絢爛な花火の演出が行われます。

音楽が加わることで、いつもの花火も段違いに感動的な花火に様変わり。迫力ある光と音のコラボレーション花火は見逃せませんよ。

今回は、浦安市花火大会の日程や駐車場&おすすめの穴場や場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

浦安市花火大会の日程は?

第40回浦安市花火大会 今年2019年の日程は下記のとおりとなっています。

開催日 2019年7月27日(土)

※荒天の場合は翌日に順延、両日とも実施できない場合は中止

時間 19:30~20:30
開催場所 浦安市総合公園他(一部有料席あり)
打上数 約6,600発
交通 【電車】
◆JR「新浦安駅」下車、徒歩約25分

※JR「新浦安駅」および東京メトロ「浦安駅」からシャトルバスが運行されます。

※当日は会場周辺で交通規制あり

駐車場 なし

※17:00~21:30頃まで(予定)会場周辺道路で車両規制予定。マイカーでの来場不可。

※交通規制の対象車両には、自転車も含まれます。

お問合せ 050-5542-8600(ハローダイヤル)
公式HP http://www.urayasuhanabi.com/2019/

浦安市花火大会の最寄り駅は?

◆JR「新浦安駅」
花火会場の最寄り駅はJR「新浦安駅」で徒歩で約25分程度。

また花火大会当日は、JR「新浦安駅」と東京メトロ東西線「浦安駅」からシャトルバスも運行予定です。時間や発着場の詳細は下記をご参照ください。

「新浦安駅」のシャトルバス詳細
◆バス発着場:東レ本社前
◆行き:16:30~19:30予定
◆帰り:20:30~22:00予定

「浦安駅」のシャトルバス詳細
◆バス発着場:ダイエー浦安駅前店前
◆行き:16:30~19:30予定
◆帰り:20:30~22:00予定

混雑攻略のアクセス術は?

シャトルバスは例年、大変な混雑ですので、混雑を避けるのであれば、歩いて会場へ向かうのがおすすめな方法です。タクシーを利用して会場入りもおすすめですが、夕方17時以降は交通規制が開始され、規制区域内への車両の侵入が禁止されますので、早めの現地入りが必要です。

また、帰りもシャトルバスは長蛇の列。

スポンサーリンク

並ぶよりも歩く方が早い場合もあるので、状況を見極めて徒歩で駅を目指すことも考えましょう

また、会場から離れてタクシーを捕まえる手もおすすめです。タクシーに乗る場合は、数駅離れた駅を目指して混雑回避をしましょう。

浦安市花火大会の混雑攻略の駐車場は?

浦安市花火大会では、駐車場は設置されません。もし車で行かれる場合は、新浦安駅周辺の有料駐車場やコインパーキングを利用しましょう。

スポンサーリンク

花火大会当日は、最寄り駅および会場周辺でも交通規制が実施されるため、周辺道路も大変混雑します。また、帰りも交通規制や混雑などで周辺道路も大変混雑しますので、できれば公共の交通機関を利用して来場するのがおすすめです。

なかには周辺の商業施設に駐車して来場する方もいらっしゃいますが、店側に迷惑になるような行為はやめましょう。

浦安市花火大会当日の車でのアクセスは、出来るだけ避けるのがおすすめです。

どうしても車で!という場合は、駐車場は会場周辺ではなく、数駅離れた駅周辺で駐車場を確保してのパーク&ライド形式での来場の方がよいかもしれません。パーク&ライドを利用して数駅離れた駅周辺の駐車場にとめて、新浦安駅や浦安駅から無料送迎バスを利用するのもおすすめですよ。

浦安市花火大会 おすすめ穴場や場所取りスポットは?

ベイサイド間近で迫力ある花火を鑑賞するなら有料席もおすすめです。

浦安の有料席は価格もリーズナブルで狙い目!

特等席で見れる花火は絶景。場所取りの手間や時間も省けることを考えると、有料席の確保もアリですよ。

  • 個人協賛席(ふるさと応援席)
  • 【料金】500円(税込)
    ※私物シート等の持込不可。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(ベイサイドSS1席)
  • 【料金】4,000円(税込)
    ※エリア内に設置しているパイプイスに着席。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(ベイサイドSS2席)
  • 【料金】4,000円(税込)
    ※エリア内に設置しているパイプイスに着席。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(ベイサイドS席)
  • 【料金】3,000円(税込)
    ※エリア内に設置しているパイプイスに着席。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(ベイサイドA席)
  • 【料金】2,000円(税込)
    ※エリア内に設置しているパイプイスに着席。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(ベイサイドB席)
  • 【料金】1,000円(税込)
    ※私物シート等の持込不可。
    ※エリア内は自由席になります。

  • 個人協賛席(グループエリア)
  • 【料金】6,000円(税込)
    ※入場の際、チケット1枚につき、最大5名様分のリストバンドを提供。
    当日はブルーシート等を持参。
    ※チケット一枚につき6.25㎡で1エリア。年齢に関わらず最大5名まで利用可能です。※エリア内は自由席になります。

浦安市花火大会の穴場なおすすめ場所取りスポットは?

日の出橋付近
観覧会場の近くですので、花火の迫力も十分に味わうことができます。
高洲海浜公園

高洲海浜公園はメイン会場の浦安市総合公園と川を挟んで隣同士に並んだ公園です。

近年は人気の高いスポットになっていますので、場所取りするなら早めに行動するのがよいでしょう。

境川沿い

境川沿いには高いマンションが立ち並んでいるので一部見ることができない場所もありますが、よい場所を確保すればキレイに見ることができます。

花火の上がる方向などに注意して場所を確保しましょう。

高洲中央公園

会場から少し離れているますが、花火と高洲中央公園の間には高い建物が無いので穴場的スポットになっています。
高洲中央公園の園内でなく、高洲公民館側の道沿いなど花火が見えやすいスポットを探して場所を確保しましょう!

注意!!
浦安市墓地公園は、会場のすぐ隣にあり、穴場スポットとして紹介している方が多いのですが、花火大会当日は立ち入り禁止になりますので注意しましょう!!

まとめ

海をバックに絶景な花火を堪能できる浦安の花火。

2015年からはじまったリーズナブルな有料席は狙い目ですよ。

-関東の花火
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.