蒲郡まつり花火大会2017年の日程は?駐車場&おすすめ場所取りスポットは?

蒲郡花火大会2016

ド迫力の正三尺玉が見られることでも有名な「蒲郡まつり花火大会」。

その大きさは直径約650mという圧倒的な大きさは東京スカイツリーもすっぽり入る大きさ!しかもその巨大な花火が一夜で3発も打ち上げられるという贅沢な花火大会です。

この尺玉の他にも特大スターマインも同時に打ち上げられるなど、太平洋岸最大級を称するに相応しい圧巻の迫力ある花火が堪能できます。

今回は、蒲郡まつり花火大会の日程や駐車場&おすすめ場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

蒲郡まつり花火大会の日程は?

第35回蒲郡まつり納涼花火大会の日程詳細

●日時:2017年7月30日(日)19:30~21:00
※小雨決行、荒天時は翌日に延期

●場所:竹島ふ頭(蒲郡市民会館南側緑地)

●打上数:5000発

●交通:
【電車】

JR蒲郡駅から徒歩5分、名鉄蒲郡駅から徒歩5分
【車】
東名高速音羽蒲郡ICから音羽蒲郡有料道路経由10km15分
※花火大会当日は交通規制あり

●駐車場:あり(5000台/無料)

●お問合せ:0533-66-1120(蒲郡まつり実行委員会事務局)

●公式HP:http://gamagorimatsuri.com/

2日間にわたって行われる「蒲郡まつり」のフィナーレを飾る花火大会は、蒲郡港の対岸ふ頭で打上げられるため、海岸線一帯で観覧できるのも嬉しいポイントです。

同日に豊田おいでんまつりなども開催されるため、比較的人出も少ないんですよね^^;ゆっくりと迫力ある花火を見れるなんてそうそうないのでおすすめの穴場な花火大会でもあります。

オープニングは一尺玉10発の一斉打ちで華々しくスタートし、クライマックスは見逃せない正三尺玉と特大スターマイン!

海と花火のコラボも素敵ですし、その灯りに浮かぶ竹島も風情がありますよ

蒲郡まつり花火大会の駐車場は?

蒲郡まつり開催期間中は、約5,000台の無料臨時駐車場が用意されます。

無料臨時駐車場の場所や詳細は下記をご参照ください。(※クリックで拡大します。)

スポンサードリンク

蒲郡花火駐車場

蒲郡まつり花火大会の交通規制情報

尚、会場周辺では交通規制も実施されていますので、事前に要チェックです。交通規制時間帯は17:30~21:30が予定されています。

蒲郡まつり花火大会の交通規制図は下記をご参照ください。(※クリックで拡大します。)

蒲郡交通規制図

尚、会場周辺では夕方以降、道路の渋滞や駐車場の混雑も目立ってきます。
会場周辺の県道370号線を中心に交通規制が実施され、国道23号線は夕方より渋滞が激しくなります。

駐車場を確保するのであれば、会場から少し離れた場所を狙ったり、早めの確保をおすすめします。

蒲郡まつり花火大会のおすすめ場所取りスポットは?

蒲郡まつり花火大会は竹島港の沖合いが打ち上げ場所のため、海沿いに出れば比較的どこでも花火を見ることができます。

おすすめは何と言っても、「竹島港」などは真正面でど迫力の花火を堪能できておすすめなんですが、早めの場所取りが必要になってきます。

遅めの場所取り時間でも比較的余裕を持って場所を確保できるおすすめスポットは・・・。

海辺の文学記念館周辺の海岸沿い

このへんまで来れば、比較的混雑も少なく場所の確保ができてゆっくり見れるのでおすすめですよ。

まとめ

蒲郡まつり花火大会は、迫力ある花火を満喫するためにも是非、会場周辺で花火を見て欲しいところ。

海沿いであれば、見晴らしもよく見える場所もたくさんあるので、行きや帰りの混雑だけ注意してお出かけしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ