滋賀県長浜市で開催される「長浜・北びわ湖大花火大会」

長浜・北びわ湖大花火大会といえば、湖上の台船から打ち上がるワイドなスターマインは見事で、琵琶湖上に大きな金色の大柳が現れる景色は圧巻。

琵琶湖の湖面にも映る大輪の花火の灯りに、その時ばかりは金色の琵琶湖を拝めることができますよ!

琵琶湖湖上で打ち上がるので、いろんな観覧スポットはあるのですがどこで見ようかとも悩むところかもしれませんね・・・。

長浜北びわ湖花火

今回は、長浜 北びわ湖大花火大会2018年の日程や時間&駐車場情報についてやおすすめ観覧スポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

長浜 北びわ湖大花火大会2018年の日程や時間は?

今年2018年の日程は下記のとおりとなっています。

長浜 北びわ湖大花火大会2018年の日程詳細

開催日時 2018年7月27日(金)19:30~20:30
※小雨決行、荒天時は中止
開催場所 長浜港湾一帯・豊公園一帯 長浜市港町
打ち上げ数 約10,000発
交通 【電車】JR琵琶湖線長浜駅から徒歩10分
【車】北陸自動車道長浜ICから県道37号を長浜港方面へ車で5km
駐車場 なし
お問い合わせ先 0749-65-6521(長浜花火実行委員会)
公式HP http://kitabiwako.jp/event/event_2185/?month=2018/07

長浜 北びわ湖大花火大会とは?

毎年8月上旬に滋賀県の長浜市港町の長浜港で開催される「長浜・北びわ湖大花火大会」

2010年には募金が減ったことや警備費が増加したことなどにより2011年をもって終了することが発表されていたが、2012年に規模を縮小して復活し、彦根・北びわ湖大花火大会やびわ湖大花火大会など琵琶湖で開催される花火大会として人気のある花火大会のひとつとなっています。

「長浜・北びわ湖大花火大会」の見どころは、湖上の台船から打ち上がるワイドなスターマインで、琵琶湖上に大きな金色の大柳が現れる景色は圧巻の一言。

金色の大柳は、琵琶湖の湖面にも映り、その見事さは息をのむ壮大さがあります。

そのほかにも、多彩なプログラムとともに彩り豊かな花火が湖面を照らす様子は、幻想的で美しき花火とびわ湖の競演を見せてくれます。

長浜 北びわ湖大花火大会 駐車場は?

長浜 北びわ湖大花火大会では、花火大会当日に臨時の駐車場などは用意されませんので公共の交通機関の利用がおすすめです。

なお、車で会場へ向かう場合は、駅周辺の有料駐車場などを利用することになりますが、花火大会当日、「長浜駅」周辺の有料駐車場などは、すぐに満車となってしまいますので、早めの確保がおすすめとなります。

駐車場は、「長浜駅」を中心に探す人が多いですが、「米原駅」や「彦根駅」など数駅離れた場所に駐車場を確保してのパーク&ライドでの来場もおすすめです。

長浜 北びわ湖大花火大会の最寄り駅は?

●JR琵琶湖線長浜駅から徒歩10分

長浜 北びわ湖大花火大会は、何といってもアクセスの良さがいいですよね!

最寄駅から徒歩で打ち上げ会場まで向かえる近さなので、公共の交通機関の利用がおすすめです。

長浜 北びわ湖大花火大会の混雑具合は?

長浜駅を利用してアクセスする場合は、18時頃には最寄り駅である長浜駅から打ち上げ会場へと向かう人のピークがやってきます。

混雑を避けるのであれば、夕方17時までには長浜駅に到着しておくのがおすすめです。

また、花火終了後は、長浜駅に一気に人が押し寄せるので、早めに会場を抜け出すか、もしくは、人の流れが落ち着くまで待ってから駅へ向かうのもおすすめです。

長浜 北びわ湖大花火大会のおすすめ観覧スポットは?

長浜 北びわ湖大花火大会のおすすめ観覧スポットといえば、打ち上げ場所の真正面に位置する有料観覧エリアを忘れてはいけません!

スポンサーリンク

長浜港一帯で開催される花火は、真上に打ち上がる花火はもちろんですが、琵琶湖上を左右にも飛び交う花火も必見。有料席でもある特別協賛席から見る花火は、感嘆の声があがるほどの美しい花火を堪能できるのでおすすめです。

何といっても、終盤の金色の大柳は特別協賛席ならではの迫力と真正面ならではの絵画のような素晴らしい景色を味わえますよ!

長浜 北びわ湖大花火大会の有料席は?

長浜北びわ湖有料席図

スポンサーリンク

各有料席の詳細図はこちらをご参考に!

花火を正面に見ることができる有料観覧席が、打ち上げ真正面に位置する長浜港湾に設置されます。

迫力ある花火はもちろん、終盤の金色の大柳も芸術的な美しさで味わうことができておすすめですよ!
長浜 北びわ湖大花火大会の有料席情報
【有料席の種類】
●イス席(全席指定):1人2,500円(当日:3,000円)
(席が必要な場合は3歳未満でも有料)

●一般席(エリア毎の指定席):1人1,500円(当日:2,000円)
(3歳未満無料)

【販売期間】
6月1日(金)から7月26日(木)正午まで
※ 席がなくなり次第終了。残席があれば当日会場にて販売。

【販売場所】
ローソンチケット(Lコード:57200)
セブンチケット(セブンコード:066-077)
ファミリーマート 
チケットぴあ(Pコード:639-372)
★長浜市役所2階観光振興課(8:30~17:15)
★長浜市役所北部振興局地域振興課(8:30~17:15)
★長浜駅観光案内所(9:15~16:45)
オフィシャルチケットサイト【座席選択可能】

【問い合わせ先】
0749-65-6521 北びわ湖大花火大会実行委員会(長浜市役所観光振興課内)

有料観覧席は、なくなり次第終了ですが、席が残っている場合は当日販売もあるので、場所取りが面倒だったり、有料エリアでのんびりゆったり迫力ある花火を見たくなったら当日販売を狙うのもいいかもしれませんね!

長浜 北びわ湖大花火大会は長浜港一帯で開催されるんですが、観覧者数に対して場所が狭いのが難点・・・。

長浜港の良い席は、有料観覧エリアになりますので、有料席を狙うのが最もおすすめです。

隣接する「豊公園」には屋台も軒を連ねて賑やかで花火を見るポイントもあるんですが、花火が見えるスポットは夕方早くには場所取りされてしまいます。

また豊公園は角度的に花火が見えずらかったりもするので、できれば場所取りなどは打ち上げ場所から南エリアで探すのがおすすめです。

南下することで仕掛け花火などが見えずらかったりもしますが、打ち上げ場所から北側へ行くよりも花火は見えやすいので、下記におすすめ観覧スポットをご紹介します。

さいかち浜水泳場

1駅離れた「田村駅」からすぐの湖岸にある水泳場です。混雑が苦手な場合は、打ち上げ場所に近い「長浜駅」を目指すのではなく、1駅手前の「田村駅」に陣取るのもおすすめです。

このあたりまで来ると、人の混雑も落ち着いていますし、湖岸から花火をみることができます。

長浜バイオ大学ドーム周辺

こちらも1駅離れた「田村駅」周辺のスポットですが、このあたりは道も広く、花火を鑑賞できるエリアも見つかりやすいのでおすすめです。

まとめ

長浜 北びわ湖大花火大会は、約1時間の花火ではありますが、その1時間のうちに約1万発もの花火が打ち上がる迫力ある花火大会でもあります。

ぜひとも、終盤の金色の大柳はお見逃しなく!

絶景度高めの花火大会ですので、有料席など打ち上げ場所から近い場所で見るのが迫力も断然違っておすすめです!