成田花火大会2017年の日程&時間は?おすすめなアクセス法や観覧スポットも要チェック!

成田花火大会

成田花火大会
千葉県成田市で開催される「NARITA花火大会in印旛沼」

NARITA花火大会といえば、音楽と花火が見事にシンクロする花火をはじめ、時代の最先端をゆく、観客が参加できる花火の打ち上げなど、ほかの花火大会とは違った楽しみ方ができるのが大きな特徴となっています。

そして、見逃し厳禁!な注目プログラム「NARITA黄金伝説」では、ラスト1分間で1500発もの花火が打ち上がる怒涛の花火は鳥肌もの。

目の前いっぱいに広がる花火の景色は、感動の花火を体感できますよ!

今回は、成田花火大会2017年の日程&時間についてや、おすすめなアクセス法や観覧スポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

成田花火大会2017年の日程&時間は?

今年で12回目を迎えるNARITA花火大会in印旛沼。2017年の日程は下記のとおりとなっています。

NARITA花火大会in印旛沼2017年の日程詳細

開催日時 2017年10月14日(土)19:00~20:20
※小雨決行、荒天時は中止
開催場所 成田市台方1415 成田ニュータウンスポーツ広場周辺
打ち上げ数 約10,000発
交通 【電車】JR成田線成田駅から千葉交通バスはなのき台行きで12分
成田スカイアクセス成田湯川駅から千葉交通バス(直行)はなのき台行きで9分
駐車場 なし
お問い合わせ先 0476-29-5553(NARITA花火大会実行委員会事務局)
0180-99-3838(※当日開催案内)
公式HP http://narita-hanabi.com/2017/

NARITA花火大会in印旛沼とは?

毎年10月中旬に開催される「NARITA花火大会in印旛沼」

NARITA花火大会を一躍有名にしたのが2010年度に受賞したグッドデザイン賞かもしれません。

花火といえば、鑑賞するだけだったものに「参加性」を持たせるという、その当時画期的な花火大会で、観る側と創る側の関係を劇的に結び、ピースフルなコミュニケーションスタイルを誕生させる。ということでパブリックコミュニケーションの分類で受賞となりました。

花火大会といえば、鑑賞型であるがゆえに、観る側と創る側とで双方向性が乏しくなりがちですが、「参加型」にすることで、人々が集う場に刺激を与え、交流を創出させるという素晴らしい変革にチャレンジしたところがすごい!!

参加型の花火ってどういうの?というと、スマートフォンをつかって来場者が投票で勝敗をつける「花火バトル」などが実施され、観客でありながらも、その場にいる誰もが参加できるという企画などがあります。

観るだけから、参加してみる。って言葉にするとどうってことないようですが、いざ、実際にその場でその雰囲気の中でやってみると、熱くなるのはもちろん、その花火の一瞬が何よりも印象深かったり、感じ方が観るだけよりも少し違ってくるんですよね~。不思議なものですが・・・。

音楽と花火のシンクロ花火も圧巻の見事さですし、ラストの怒涛の打ち上げ花火もお見逃しなく!

成田花火大会のおすすめなアクセス方法は?

成田花火大会の最寄り駅は?

●JR成田線成田駅
●成田スカイアクセス成田湯川駅

JR成田駅、および成田湯川駅から会場までは徒歩で約40~50分程度掛かります。

花火大会当日は、成田駅西口、成田湯川駅から有料臨時バスが運行されます。

有料臨時バスで会場の最寄り駅まで到着後も、徒歩で約15分程度で会場到着となりますので、成田の花火大会は歩く覚悟が必要ですよ!

特に、花火大会終了後の帰りは、最寄り駅までのバスも、会場周辺の渋滞の影響でほとんど動かない状態に・・・。

最寄り駅まで徒歩で約40~50分とはいえ、歩いたほうが早く駅にたどり着けるので、帰りは駅まで歩くことを覚悟で行くほうがおすすめです。

成田花火大会の駐車場は?

成田花火大会では、花火大会当日、臨時の駐車場などは用意されていません。

車で行かれる場合は、駅周辺の有料駐車場に停めたり、成田空港の駐車場に停めて電車で来場するなどの利用がおすすめです。

なお、成田駅や成田湯川駅などを避けて、公津の杜駅周辺の駐車場の利用もおすすめです。公津の杜駅前にある「ユアエルム成田」は収容台数1500台で、利用時間は立体駐車場【10:00~21:00】平面駐車場【10:00~23:00】となっています。

駐車場の利用は無料ですが、あくまで施設を利用するための駐車場でもありますので、マナーを守って利用するようにしましょう。

スポンサードリンク
花火大会当日は会場周辺で午後から22時頃まで交通規制が実施されます。交通規制については下記もご参考に!

成田花火大会交通規制

スポンサードリンク

成田花火大会の混雑具合は?

成田花火大会では、最寄り駅など夕方16時過ぎ頃には花火大会会場へ向かう人の姿が目立ちはじめ、17時過ぎ頃には混雑もピークになってきます。

混雑をさけるのであれば、最寄り駅に15時頃には到着し、会場へ向かうのがおすすめです。

成田花火大会のおすすめ観覧スポットも要チェック!

成田花火大会といえば、花火の臨場感を間近で味わえる有料協賛席での観覧がおすすめです。

花火を間近で見れるのはもちろん、音楽と花火のシンクロ花火なども臨場感豊かに、感動モノの花火を味わえますよ!

成田花火大会の有料席一覧

  • ★エキサイティングシート(指定スタンド席)10,000円/1名
    SS会場とS会場の間の斜面に設置されたベンチシートからの眺めは抜群です!
  • ★SS会場(指定4人がけテーブル席)25,000円
    テーブル席でゆっくりとご観覧できます。4名までの利用。
  • ★S会場(指定区画席)18,000円
    高台となっている球場の一番前の区画なので頭上はもちろん、花火の一番下まで楽しめる極上の場所。
  • ★A会場(指定区画席)12,000円
    広々とした球場の中は開放感とともに、頭上に広がる花火を思う存分楽しむことができます。ご家族連れも多く一番人気の区画。
  • ★A会場(椅子自由席) 3,500円
    球場後方にパイプ椅子を設置。椅子に座ってゆっくり楽しみたい方はこちらをどうぞ。また、全体的に見渡せるので、写真や動画をとる方も多くご利用される区画。
  • ★B会場(自由区画席) 7,000円
    サッカー場前方の区画です。
    ※区画振り分けのみで番号は振りはないため、当日先着順に場所を確保する必要あり。
  • ★C会場(自由区画席) 5,000円
    サッカー場後方の区画です。
    ※区画振り分けのみで番号は振りはないため、当日先着順に場所を確保する必要あり。椅子の持ち込みが可能。

成田花火大会有料席

成田花火大会の有料席の購入方法は?

成田花火大会の有料席は下記のチケット販売サイトにて購入可能です。

●チケットぴあでのお申込み
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1730742

●CNプレイガイドでのお申込み
http://www.cnplayguide.com/evt/evtdtl.aspx?ecd=CNI22685

●チケ探(旧Walkerplus ticket)でのお申込み
http://ticketan.net/detail/?js=T04000057&j=000000004

成田の花火大会は有料席での鑑賞がおすすめですが、ほかにも下記のおすすめ鑑賞スポットもあるのでご参考に!

無料観覧席【成田駅側】

周囲が田んぼに囲まれた無料観覧席です。成田側は花火を真横から見るといった感じになるためワイドな花火もぎゅっと凝縮された感じに見えます。湯川駅側よりは空いていておすすめです。

無料観覧席【成田湯川駅側】

無料とはいえ、至近距離で花火の迫力を体感できるおすすめスポット。花火当日は混雑必至で、当日早めの場所取りが必要です。

赤坂公園

広々とした公園で、家族連れなどにも人気のスポットです。バス停も近く、ボンベルタ成田店もすぐそこなので買い出しやトイレなどの心配もなくおすすめです。

市井橋付近

打ち上げ会場から離れますが、花火が見れるスポット。印西市立六合小学校の先にある水路にかかる赤い橋になります。まわりは見事に畑など緑一面で、夜になると真っ暗なので懐中電灯などは持参しましょう。

ウニクス成田店屋上駐車場

花火大会当日は屋上にある駐車場から花火が見れます。毎年、混雑必至ですので早めの現地入りがおすすめです。

ボンベルタ屋上駐車場

こちらも屋上駐車場から花火が鑑賞できます。店舗での買い物客優先になっているのでご注意を!

まとめ

成田の花火大会は、参加型の花火などもあって、みんなが一体になって楽しめる花火が素敵です。

ラストの怒涛の花火は鳥肌ものですのでお見逃しなく!

また、秋の夜は寒いので防寒対策などは忘れずに!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ