インフルエンザ予防接種
毎年、冬の時期に流行するインフルエンザ

今年2017-2018シーズンは、早くも9月の段階でインフルエンザウイルスへの感染者が確認されており、昨年と同じ時期に比べ5.7倍多かったとされています。

今シーズンは、インフルの流行が例年より早く始まりそうなので、早めの予防・対策が大切になります。

なお、インフルエンザの症状としては、高熱が特徴で場合によっては重症化することもあるので注意が必要です。

インフルエンザを予防する策として「予防接種」は多くの方が受けられています。予防接種を受けたからといって、「絶対にインフルエンザに罹らない!」というわけではありませんが、なりにくかったり、重症化せずに比較的軽い症状で済むのが予防接種の利点でもあります。

そこで今回は、2017-2018シーズンのインフルエンザの予防接種の時期や価格なども含めてご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の時期 2017-2018は?

インフルエンザは予防接種を受けることで「かかりにくくなる」こと「かかっても軽くすむ」というメリットがあります。

特に抵抗力の低いお子さんや高齢者の方などは、予防接種をしっかり受けて備えておいたほうが安心です。

例年ですと、インフルエンザウイルスが最も猛威を振るうのは、12~2月の寒さが厳しい時期に流行もピークを迎えます。

ですが2017-2018シーズンは、9月にインフルエンザウイルスへの感染者が早くも確認されており、早めの備えが必要かもしれません。

2017-2018シーズンのインフルエンザワクチン株は?

2014年までは3価(A型2株 + B型1株)であったワクチンが、4価(A型2株 + B型2株)になり、予防できるウイルスの数が多くなりました。

インフルエンザワクチンは、毎年つくりかえられており、例年、世界の国々で流行したウイルスの株からその後の日本での流行を予測して製造されます。

A型・B型どちらかのインフルエンザが流行した場合も、または両方が流行したとしても、インフルエンザワクチンの接種によって予防効果を発揮することができるのです。

2017/2018冬シーズンのインフルエンザワクチン株は下記のとおりとなっています。

A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

上記のように、A(H1N1)亜型(平成21年に流行した新型インフルエンザと同じ亜型)、A(H3N2)亜型(いわゆる香港型と同じ亜型)、2系統のB型の4つの種類があり、いずれも流行の可能性があります。なお、流行しやすい年齢層はウイルスの型によって多少異なりますが、今年も、すべての年齢の方がインフルエンザに注意する必要があります。

予防接種の時期 2017-2018シーズンはいつがおすすめ?

インフルエンザウイルスは、「低温乾燥」を好み、真冬などの寒い時期はウイルスが増殖する条件が揃うため流行もピークを迎えます。

ですが、数年前の「新型インフルエンザ」の流行以降は、10月、11月に流行期を迎えることも珍しくなくなってきました。

今年も9月の段階で、インフルエンザウイルスの感染者が確認されていることから早期の予防が大切かも知れません。

なお、今年は、インフルエンザが例年よりも早く流行する兆しがあるなか、一部の地域でワクチン接種の予約ができない事態もおきています。

厚生労働省が今年度のワクチン製造量について、昨年度の使用量を下回ることを公表後、医療機関から卸売販売業への発注が急増したとみられ、入手できなかったり、例年並みの数量を確保できなかったりする医療機関が相次いでいるもようです。

厚生労働省が発表している今シーズンのワクチン・治療薬等の確保の状況
(2)ワクチン・治療薬等の確保の状況
ワクチン・治療薬等の今シーズンの供給予定量は、以下のとおりです。
※昨年度の推計患者数は1,601万人でした。

[1]インフルエンザワクチン
今シーズンの供給予定量(平成28年6月現在)は約5,504万回分(約2,752万本)で、昨年度と比較して約10.42%減となります。なお、昨年度の推計使用量は約2,565万本でした。
※1回分は、健康成人の1人分の接種量に相当します。

スポンサードリンク

[2] 抗インフルエンザウイルス薬
今シーズンの供給予定量(平成28年9月末日現在)は以下のとおりです。昨年度の供給予定量に比べ約77万人分減となっています。

●アタミフル(一般名:オセルタミビルリン酸塩 中外製薬)
約737万人分
※タミフルカプセル75及びタミフルドライシロップ3%の合計
●イリレンザ(一般名:ザナミビル水和物 グラクソ・スミスクライン)
約282万人分
●ウラピアクタ(一般名:ペラミビル水和物 塩野義製薬)
約79万人分
●エイナビル(一般名:ラニナミビルオクタン酸エステル水和物 第一三共)
約690万人分

[3]インフルエンザ抗原検出キット(迅速タイプ)
今シーズンの供給予定量 約2,733万回分で、昨年度と比較して約62万回分減となっています。

厚生労働省HPより抜粋

例年、10月頃からインフルエンザの予防接種の受付が本格化するのですが、地域によっては例年よりも予約ができにくい状況も発生するかもしれません。

ちなみに、私が住む地域では、例年9月の末の段階で、インフルエンザの予防接種受付開始の案内がアナウンスされていましたが、今年は10月中旬頃から受付開始となる見込みとのことでした。

インフルエンザの予防接種を予定されている方は、かかりつけの病院や近隣の病院に問い合わせなどをして、受付開始時期など確認されるのがおすすめかもしれません。

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチンを打つことで、インフルエンザウイルスへの抗体ができ、発症(症状発現)を約50~60%減少させます。成人の場合には、感染したとしても重症化(入院など)を約70%減少させることがわかっています。

尚、インフルエンザワクチンは、打ってすぐに効果が期待できるものではなく、通常、流行する時期の1~2ヶ月前に打つのが理想的とされています。

そのため、例年流行する時期の1~2月にしっかりと抗体ができるように、その1~2ヶ月前の11~12月の時期には予防接種を受けておくことが理想的と言えます。

尚、生後6ヶ月~12歳までの年齢のお子さんの場合には、インフルエンザワクチンの接種が2回必要なことも考慮して、ワクチンの接種時期を決めるようにするのもポイントです。

そのため、小学生以下のお子さんなどは、10月下旬か遅くとも11月初旬までには1回目を済ませておくことをおすすめします。

また、予防接種を受けてからすぐに効果が出始めるわけではなく、インフルエンザウイルスの抗体ができるまでに1~3週程度の時間を要します。

ですので、流行前までに免疫をつくりたいならば10月中~下旬に接種を、ピークに合わせるならば11月上旬~遅くとも12月前までに接種を終えるのがよいでしょう。

また、医療機関の8割が接種の適正時期を11月としています。遅くとも12月までには接種を受けることをおすすめします。


スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の時期 効果期間は?

インフルエンザの予防接種を受けた後、どれぐらいの効果期間があるのか気になるところです。

「早めに受けすぎると効き目が弱まってしまうんじゃないか!?」と考える方もいらっしゃるようです。

通常、インフルエンザの予防接種の効果は約半年持続するとされています。

インフルエンザウイルスの抗体ができるまでに1~3週程度の時間を要し、その後抗体は徐々に減っていきながら、約半年間持続します。

約半年間効果が持続すると言っても、抗体は徐々に減っていきます。早ければ予防対策としては有効ですが、後半の抗体が減って来た時に心配が残ります。

受験生など受験の時期に一番の効果を期待したいのであれば、受験日などを伝え、主治医の先生と相談して逆算して受けるのもおすすめです。

優先順位をどのようにするかは地域での感染の流行状況にもよるので、スケジュールの立て方も含めて、主治医とよく相談してから効果を最大限に活かすようにしましょう。

無症候性感染の拡大にも注意!

インフルエンザは、毎年流行するため、ある程度分かったような感覚でいる方が多いのですが、インフルエンザウイルスの変わる速度は非常に早く、新たな異なるウイルスが出てくるのも特徴的です。

これにより、例年通りと思って対策を講じていても、流行の型が違ったり、新型のウイルスが猛威をふるったりして、予断を許さないのがインフルエンザウイルスの怖さでもあります。

通常、インフルエンザに典型的な症状として、「38度以上の高熱」「上気道の症状(鼻水、喉の痛み、せき)」などがあげられますが、近年のインフルの研究で「無症候性感染」の拡大が確認されています。

インフルエンザ症状

これは、インフルエンザウイルスに感染しているにも関わらず、自分もですが、周りも感染に気づかないまま過ごしているケースのことで、近年のインフルエンザの研究によって、発熱や上気道の症状を発症する以上にこの、「無症候性感染」を起こしている人数が大多数であることがわかってきています。

これによって、本人も周りも気付かずにインフルエンザウイルスを拡大させてしまっていたりすることもあることから、ウイルスの拡大に多大な影響を含んでいることがわかってきています。

インフルエンザの流行時期前に予防接種を受けて、感染の予防や感染後の重症化を軽減することも大切ですが、流行時期には、人が多い場所などでは、不織布のマスクの着用や手洗いを心掛け、感染防止に取り組むことも大切になります。

また、インフルエンザウイルスは、アルコール殺菌で死滅するため、インフルエンザ時期には、アルコール除菌剤などを用意して対策するのもおすすめです。

インフルエンザ予防接種の時期 価格は?

インフルエンザ予防接種 2017-2018年の相場は?

  • 6ヶ月~13歳未満:5000円~7000円(2回接種の為)
  • 成人:3000~5000円程度
  • 高齢者:無料~3000円程度

今シーズンは、昨年よりも若干の値上げが予想されます。

高齢者の場合は、各自治体からの助成などがあるため安く予防接種を受けられるので、各自治体に問い合わせてから受ける方がよいでしょう。

基本的にインフルエンザの予防接種は自由診療にあたり、接種の価格・料金は医療機関が独自に設定するものなので、具体的な値段は各医療機関へ問い合わせるしかありません。

比較的大きな病院では、価格も高めに設定されているようですが、医療機関によっては安く受けられるところもあります。

ちなみに私の地域で医療機関に問い合わせたところ、安いところで2500~3000円、高いところで4000~5000円でした。(※13歳以上)

医療機関によって価格に差があったり、病院によっては、予防接種のみは受け付けない(初診扱いとして来院されての接種はOK)など、対応もさまざまだったりもするので、安く抑えたい場合には事前に電話などで価格等問い合わせてから受けるのがおすすめです。その際には、予防接種の受付が可能か?予防接種だけでもOKか?その際にかかる費用等は?についてある程度聞いてから行くことをおすすめします。

また、インフルエンザの予防接種は完全予約制で行っているところがほとんどですので、事前の予約は必須でしょう。

インフルエンザ予防接種 価格の違いは何?

インフルエンザの予防接種の料金は、医療機関が独自に設定するものと言っても、価格に差があるのは何とも不安なものです。

出来れば安いほうがいいけれど、効果や期間に違いがあるなら嫌だし・・・。

この料金の違いは、病院それぞれ仕入れるメーカーの違いや、人件費などを考慮したうえで設定されているようで、使われているワクチンはどの病院でも効果は同じものです。

ですので、安くても効果は同じですので安心してください。

また、混み合っているような病院では、公定価格程度の料金設定をして予防接種による一層の混雑を防いでいる場合もあったり、集客のために広告費として赤字覚悟でインフルエンザの予防接種を低価格に抑えて患者を呼び込む病院もあるようです。

まとめ

インフルエンザの予防接種は、受ければかからないものではなく、手洗いやうがい、マスクの着用などの予防対策と合わせることで有効です。
予防接種がピークを迎えると大変混雑したり、高い価格の病院しか残っていなかったりしますので、早めに行動してインフルエンザに備えましょう。