目の下にしわ!?原因は?対策や改善する食べ物もご紹介!

しわ原因
最近、鏡を見るとなんだか昔と表情が変わってきたわ。

目の下にしわもできて、老けて見える。

女性ならいつまでも若々しく美しくいたいと願うものですよね。

しわひとつでも表情は随分と変わるものです。

同い年なのに、しわが目立たない人はどんなことをしてるんだろうと気になり出したりしませんか?

今日は、アラフォーに是非読んで頂きたい、しわの原因や対策についてお伝えします。

スポンサードリンク

目の下にしわ!?原因は?

 

まず、しわは、顔の表情がよく動くところにできやすく、目のまわりは特に皮膚も薄いので、早い人は20代前半から細かいしわができ始めます。

そして、目の下のしわの原因は大きく、

 

●「乾燥によるしわ」
●「真皮の退化によるしわ」

 

の2つがあります。

上記2つのうちのどちらが、自分に当てはまるのかを確認するには、

「目の下のしわを水で濡らす」だけで分かります。

水で濡らして、目の下のしわが消えれば、「乾燥によるしわ」となります。

 

「乾燥によるしわ」の原因は?

名前の通り、「乾燥」が原因のしわです。皮膚は、乾燥すると潤いがなくなり、カサカサの状態になります。

最初は自分でも気付かないほどの、細かいちりめん状のしわですが、数が増えしわとしわがくっつきだんだん太くなって目立ち始めると、しわ対策や改善も大変になります。

 

「真皮の退化によるしわ」の原因は?

真皮の弾力がなくなってしまうことが原因です。真皮が衰える原因としては、「紫外線」「老化」があります。

「紫外線」は真皮を硬くして弾力をなくしてしまいます。「老化」は年とともに肌の弾力を出すコラーゲンやエラスチンを作るペースが落ちたりして肌の弾力を保つ機能が衰えます。

なので、加齢によって起こる現象なので、誰もが、避けては通れないものなのです

 

しわの原因と対策は?

 

では、それらの「乾燥によるしわ」と「真皮の退化によるしわ」の対策についてお伝えします。

「乾燥によるしわ」の対策は?

とにかく「保湿」をすること。特に、寒い季節や空気が乾燥する季節は、部屋などでは加湿器を用意し、湿度を下げないように心掛けます。

また、手軽にできる対策としては、フェイスミストを持ち歩いて、定期的に顔に吹きかけたりして、とにかく意識して潤いを与えることが有効です。

スポンサードリンク

また、スキンケアとしては、化粧水や乳液だけの保湿では不十分なので、保湿効果の優れている、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれている美容液などを使うと効果が高いです。

またこの時に、しわを伸ばすようなマッサージをしたくなるかもしれませんが、逆効果になることもあるので、目の下の皮膚は薄くデリケートなので力を入れず、優しくケアしてあげてください。

「真皮の退化によるしわ」の対策は?

とにかく、コラーゲンやエラスチンを保つため、「紫外線対策」をする。

外出時には、日焼け止めを忘れない、日傘や帽子などで防止するなど、確実にダメージが蓄積される紫外線を少しでも避けられるようにします。

また偏った食生活をせず、睡眠をしっかり取るなどの、規則正しい生活をおくることも効果的です。

しわ改善の食べ物

 

しわを改善する栄養素として、

  • コラーゲン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • セラミド
  • オメガ3脂肪酸
が挙げられます。

そして、それぞれの栄養素を含む食べ物として、

コラーゲンを含む食べ物

豚足、鶏皮、手羽先、牛スジ、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげ、ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐

※コラーゲンを豊富に含む食品には高カロリーのものが多く、一度にたくさん食べると栄養バランスが崩れるので、適度な量を心掛けること。

ビタミンCを含む食べ物

レモン、アセロラ、ゆず、赤ピーマン、パセリ、ブロッコリー

※ビタミンCは水溶性でしばらくすると体外に排出されてしまうので、継続してこまめに補給するようにすること。

ビタミンEを含む食べ物

アボガド、納豆、ごま、ウナギ、かぼちゃ、アーモンド

※ビタミンEは油と一緒に摂取すると吸収がよくなります、またビタミンCと一緒に取ると相乗効果があります。

セラミドを含む食べ物

コンニャク、しらたき、黒豆、小豆、ひじき、わかめ、ごぼう、そば

※セラミドは肌の水分を保ち、保湿する効果があります。

オメガ3脂肪酸を含む食べ物

くるみ、青魚、鮭、マグロ、いわし、緑黄色野菜、豆類

※オメガ3脂肪酸は体内で生成されないため、食べ物で摂取するしかありませんコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果があります。

まとめ

 

しわの原因を知って、正しく対策することで、いつまでも若々しくいたいものです。

スポンサードリンク

私も、日焼け対策などまったくしないんですが、紫外線の怖さを改めて知って、これからの季節、紫外線対策をしっかりして、少しでも肌を守る努力をしようと思います。

おすすめ記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ