夏の対策

台風のときに備えるものとは?食べ物や事前に準備しておきたいものとは?

投稿日:

台風備えるもの

毎年必ずやってくる「台風」

近年では、本州に直撃してくる台風などもあり、今までの経験上ないような進路で進んでくることも増えています。

台風に慣れていない地域でも、油断は禁物となってきているのかもしれませんね。

今回は、台風の季節にこそ知っておきたい、台風のときに備えるものとは?食べ物や事前に準備しておきたいものとは?についてご紹介します。

スポンサーリンク

台風のときに備えるもの 食べ物や事前に準備しておきたいものとは?

最近では、「災害級の大雨」なども多くなり、「過去最大級の勢力」の台風というのも増えてきています。

備えあれば憂いなしというように、いざというときのためにも台風が来る前から備えの準備を行うことも大切になってきます。

台風接近に備えて事前に準備しておくこと

【家の外】

  • 窓や雨戸はカギをかけ、必要に応じて補強しておく。
  • 屋根や塀、壁、車庫やガレージなどの点検や必要であれば補強しておく。
  • 側溝や排水口を掃除し、水はけをよくしておく。
  • 台風の風で飛ばされそうなモノは飛ばないよう固定したり、家の中などの屋内に移動させる(例:植木鉢、物干し竿、洗濯バサミ、ハンガー、シェード、すだれなど)。

台風のときに多いのが、台風が近づいてから屋外の補強をしたりすること

台風が来る前にやっておかないと台風が近づいてからでは遅いですよ。

【家の中】

  • 雨戸などを閉める。
  • 雨戸がない場合には飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、ガムテープなどで補強しておく。
  • 断水に備え、水道水を入れたポリタンクを用意したり、浴槽に水をためておく。

台風で怖いのが、強風などにより停電になることかもしれません。停電になってしまうとライフラインのほとんどが使えない状態に・・・。

特に困るのがトイレなんですよね。浴槽に水をためておくことでトイレを流したりにも使えるので浴室にバケツなども用意して、停電時などにもしっかり備えておきましょう。

台風時に備える食べ物は?

私は九州出身ということもあり、幼いころから台風慣れしているところはあるかもしれません。

九州の人は、台風の怖さを知っているからこそ、台風が近づいてきた際には、各々、台風に備えて非常食などの準備に余念がありません。

特に、台風時には停電になることも多いため、停電時でも食べられる食料なども準備しておきます。

大きな台風が来る前にはスーパーに行っても売り切れ状態となることもあるため、早めの準備が大切ですよ。

台風時に備えたい!台風時に売り切れるものとは?

ミネラルウォーターや水
とにかく水はどれだけあっても助かります。特に停電が長引いた時には、水の確保は一番重要なものとなるため、スーパーなどで売り切れとなることがあります。

ミネラルウォーターは、カップめんなどやお湯を入れるだけで食べられる非常食などにも使えるため、必要以上に買う人が多いです。

スポンサーリンク

台風は夏場やまだ暑い時期に来ることもあるため、水分補給がしっかりできる分は確保しておきましょう。

水を凍らせて暑さ対策などにも使えるので、しっかり確保しておきたいですね。

スポンサーリンク

暑い時期には、熱中症などのことも考えて麦茶などのお茶類や塩飴などもあると安心です。

カップラーメン・インスタントラーメン
台風時や災害時に非常食として需要が高いのが、カップラーメンやインスタントラーメン類です。

お湯だけで手軽に食べられるため、非常時には水と同じく売り切れが多い食べ物です。

缶詰
停電になってしまった場合は、冷蔵庫や冷凍庫も使えなくなるため、常温で保存可能な食べ物は需要が高まります。

缶詰も非常時には需要が高まります。

最近では缶詰の種類も増えており、おでんやパン、炊き込みごはんなどもあったりするので非常時には重宝します。

あとフルーツ類も疲れて食欲がないときなど重宝しますよ。

パンやレンジでごはん&レトルトカレー
パンはお湯なども使わず、すぐに食べられるため、非常時には買い置きする人が多いです。

レンジで温めて食べられるごはんも買い置きしておく人が多い食べ物です。

レトルトカレーなど温めるだけで食べられるものもごはんにかけて満足度も高いのでおすすめです。

お菓子類
手軽に食べられるものとしてお菓子類も需要があります。

停電になってしまった場合は、冷蔵庫や冷凍庫も使えなくなるため、常温で保存可能な食べ物は需要が高まります。

また、停電になってしまった場合のお湯などが必要な際に備えて、カセットコンロカセットボンベなどもしっかり準備しておきましょう。

カセットボンベは予備も含めて余裕をもって準備したおくと安心です。

台風時に備えておきたいもの【その他】

停電時の暑さ対策に備える

台風の際には、停電でエアコンや冷蔵庫や冷凍庫が使えなくなる恐れがあります。

台風は夏場やまだ暑い時期に来ることもあるため、暑さ対策の備えも大切になってきます。(※台風時は風も強いため窓を開けて涼むということも不可能になります)

台風が来る前には、冷凍庫で保冷剤を冷やしておきましょう。

できれば多めに用意しておくと安心です。

台風で窓を開けられない状況でも保冷剤で体を冷やすなど、首や脇の下などを冷やして暑さ対策に役立ちます。

なお、保冷剤がない場合は、ペットボトルに水を入れて凍らせておくと便利です。

保冷剤代わりに使ったり、水が溶ければ飲料水や生活用水にも使えます。

また、体感的に風があるとないとでは違うものです。うちわや扇子なども用意しておくと暑さ対策になりますよ。

ライトや電池類・充電器類

停電時に一番困るのが明かりかもしれません。

特に台風が夜に通過する場合などに停電になると、真っ暗になってしまいます。

暗くなるとなんとも気持ちも不安になるものです。

室内であっても懐中電灯などがないと歩く際には危ない状態となりますので準備しておきましょう。

リビングなどに固定して置いておけるランタンタイプのものと、各々が移動時に使える懐中電灯や頭につけられて両手が使えるタイプのものなど種類豊富に揃えておくと安心ですよ。

あと、現在ではスマホで情報収集することも多いため、台風前にはしっかり充電しておき、充電器なども事前に充電などして備えておきましょう。

非常用ラジオを準備しておこう

台風時は、停電にならなければテレビなどで台風情報を入手できますが、停電となったり、スマホなども充電切れしてしまうと情報収集が一気に難しくなります。

やはり非常時にはラジオなどあると情報収集などに便利ですので非常用ラジオなどはしっかり準備しておきましょう。

まとめ

台風時に一番備えておきたいことは、停電に備えることかもしれません。

懐中電灯や水の確保などはもちろんですが、暑い時期には、暑さ対策などにも備えて、しっかりと準備しておきたいものですね。

-夏の対策
-,

Copyright© Today's Trend News , 2019 All Rights Reserved.