十日えびす

十日戎とは?由来や意味を知ってご利益アップ!

「十日戎(とおかえびす)」

関東ではあまり馴染みがないかもしれませんが、関西で盛んな恵比須様を祀る祭礼で1月を代表する祭礼のひとつです。

その賑やかで活気あふれる雰囲気を味わいに県外からも参拝に来る人気の祭礼でもあります。

今回は、意外と知らない?十日戎とは?由来や意味についてご紹介します。意味や由来を知ったうえで参拝すると恵比須様もほくほく笑顔でご利益アップもあるかもしれませんよ^^

スポンサーリンク

十日戎とは?

十日戎とは?由来や意味を知ってご利益アップ!

「十日戎(とおかえびす)」は、七福神の一柱である恵比須様を祀る神社で行われ、関西では1月を代表する祭りです。

1月10日「本戎(ほんえびす)」前日の1月9日「宵戎(よいえびす)」1月11日「残り戎(のこりえびす)」「残り福(のこりふく)」と呼び、3日間にわたって執り行います。

特に有名なのは、大阪の今宮戎神社や兵庫県の西宮神社のものです。

なお、西宮神社では、10日の午前6時に表大門(赤門)を開き、参拝者が走り参り、一番から三番目に本殿に到着した者を「福男」として祝う「開門神事福男選び」が行われ、その様子はテレビなどでもよく見る光景かもしれません。

十日戎の由来や意味は?

十日戎は、商いの町として大阪が栄えた豊臣秀吉の時代から、関西地方で盛んに行われるようになりました。

関東地方では戎神社はあまり見かけることはなく、この祭礼はあまり馴染みがないようです。

日本では江戸時代に入って時世が安定すると、現世利益を求める人々の願いを受けて、神様などがグッと身近になりました。

特に期待を浴びたのが「お稲荷様(おいなりさま)」として知られる稲荷神です。京都府の伏見稲荷神社を総本社とする稲荷神は、もともとは農耕の神だったのが商工業にもご利益があるとされ、あちこちに神社や祠ができました。

農耕民族だった日本のご先祖様たちにとっては、稲荷神様は一番身近で、生活に直結するため一番ご利益を願う神様だったのかもしれませんね。

また、稲荷神と同様に人気だったのが「七福神(しちふくじん)」です。

七福神は室町時代から信仰されていましたが、人気に火がついたのは江戸時代とされています。

七福神のなかでも特に有名なのが、日本古来の神である「恵比須」様や学問・芸能・商売の神である「弁財天」様などでした。

スポンサーリンク

七福神とは?

七福神とは、下記の七つの神様の総称です。
七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かるといわれています。
七福神の信仰は、室町時代の頃からで、国も宗教も違う神様や仏様である七神は当時の庶民性に合致し今も親しまれています。

七福神

  • 恵比須(えびす)
    七福神のなかでただ1神の日本の神様です。もともとは漁の神様でしたが、商売繁盛の神様としても祀られるようになりました。
  • 弁財天(べんざいてん)
    インドの河の女神にして財宝神でもあるサラスヴァティが前身で、学業成就や芸事上達にもご利益があるとされます。
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)
    インドの財宝神であるクラーベが前身で、仏教では仏法を守る四天王の1神で「多聞天(たもんてん)」の別名でもあります。
  • 布袋尊(ほていそん)
    中国に実在したとされる仏教僧がモデルとされます。袋と軍配、そして大きなお腹が特徴で、夫婦円満や金運向上にご利益があるとされています。
  • 大黒天(だいこくてん)
    インドのシバァ神の化身・マーハーカーラと、日本の大国主命が習合した神で大きな袋と小槌を持つ、豊穣の神様です。
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)
    中国の宋時代の導師とされ、長い頭が特徴で、名前は「幸福、俸禄(ほうろく)、長寿」の三種の徳が由来とされています。
  • 寿老人(じゅろうじん)
    もともとは道教の神仙の1神で、鹿を従えたり、不死の霊薬が入っているひょうたんとともに描かれています。

豊臣秀吉の時代に一般庶民の「恵比須様信仰」は厚くありました。

スポンサーリンク

それが江戸時代には、商いの町として栄え大きな町となっていた関西では特に、商売繁盛の神様として厚い信仰を集めていき、時代とともに盛大になっていき、現在でも関西では1月を代表する祭礼として親しまれているのです。

まとめ

正月行事には日本人の古来の信仰が生きているものが多くあります。

十日戎は、古くから商売人の町である関西という土地ならではのものかもしれませんね。

恵比須様も日本で古くから愛され親しまれてきた神様です。

あの恵比須様の福顔を思い浮かべながら、新年早々、賑やかで活気ある十日戎に出かけて、「福」を呼び込むのもいいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人

ゆき

こんにちは、ゆきです。 約12年ほどわりとブラックな会社でWEBデザイナーを経て、今はサイト作成・運営のフリーランスとして活動中。 40代に突入した夫婦のライフスタイルを題材とした様々なネタを記事にしています。 詳しいライタープロフィールこちらから

-十日えびす
-

Copyright© 暮らしのNEWS , 2022 All Rights Reserved.