鎌倉花火大会2017年の日程や時間は?混雑攻略のアクセス術は?

鎌倉花火大会2016

鎌倉は由比ヶ浜を舞台に開催される「鎌倉花火大会」

最高のロケーションで打ち上げられる鎌倉の花火は、毎年多彩な花火が華開き、由比ヶ浜の海岸を風情豊かに夏の夜の夢のように彩ります。

少し早めに出掛けて、絶景と言われる稲村ケ崎に沈む夕日を見てから花火を楽しむのもおすすめです。

今回は、鎌倉花火大会の日程や時間は?混雑攻略のアクセス術は?についてご紹介します。

スポンサードリンク

鎌倉花火大会の日程や時間は?

第69回を迎える鎌倉花火大会。今年2017年の日程は下記のとおりとなっています。

第69回鎌倉花火大会の日程詳細

●開催日時:2017年7月19日(水) 19:20~20:10
※雨天・強風・高波の場合は中止

●開催場所:由比ヶ浜海岸・材木座海岸

●打ち上げ数:2500発

●交通:
【電車】

江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅・「和田塚」駅下車、徒歩約5分
JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、徒歩約15分
※当日は会場周辺で交通規制あり

●駐車場:なし

●公式HP:http://hanabi.kamakura-info.jp/

鎌倉の由比ヶ浜で打ち上がる花火は、海上に照らし出される花火も幻想的で、由比ヶ浜の最高のロケーションも相まって「夏の花火!」を実感できる花火大会でもあります。

今年は中止の予定だった鎌倉花火大会ですが、各所からの熱い後押しを受け、市長の号令のもと、「市民のみんなでつくる花火大会」として復活が決定しました。

今年で第69回目を迎える伝統ある花火大会ですので、ひとまず開催されるということで一安心ですね。


スポンサードリンク

鎌倉花火大会 混雑攻略のアクセス術は?

花火大会当日は、会場周辺で交通規制が実施されますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

鎌倉花火大会の交通規制図は下記をご参照ください。(※クリックすると拡大します。)
鎌倉花火交通規制

電車で行く場合の混雑攻略のアクセス術

鎌倉花火大会の最寄り駅は?

江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅・「和田塚」駅下車、徒歩約5分
JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、徒歩約15分

由比ヶ浜は、多くの海水浴客も訪れる人気のスポットです。

花火大会当日も、午前中から観光客や海水浴客で賑わっており、海水浴を楽しんでそのまま花火を楽しんで帰る方もいらっしゃいます。

花火大会が近づくにつれて人も増えていき夕方17時頃には駅周辺は一番の混雑を迎えます。

混雑を避けるのであれば、夕方早め(15時~16時頃まで)に駅に到着し会場を目指すのがおすすめです。(※遅くなると駅から会場までの道も人の流れで大変混雑して疲れます^^;)

また、帰りは会場から最も近い「由比ヶ浜駅」や「和田塚駅」は大変混雑しますので、最寄り駅は避けて「鎌倉駅」まで歩いて向かうほうがスムーズです。

スポンサードリンク

車で行く場合の混雑攻略のアクセス術

鎌倉花火大会の舞台は「由比ヶ浜」なので、夏の国道134号線などは普段から相当な混雑です。

花火大会当日は、普段にも増して会場周辺の道路は混雑します。

車で行く場合は、駐車場の確保も考えて、午前中から来て海水浴や観光を楽しんで夜の花火大会を待つぐらいの余裕が一番いいかもしれません。

花火大会開始時間が近づく夕方過ぎには周辺道路も交通規制がはじまり交通渋滞も発生し、車での移動が困難な状態になります。

どうしても夕方頃の到着になる場合は、会場から離れた駅周辺のコインパーキングに車をとめて電車でアクセスするのがおすすめです。

まとめ

由比ヶ浜で見る花火は夏らしくていいですよね。

混雑回避のためには、早めの現地入り!を目指して行動しましょう。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ